神保町の古書店 @ワンダーのブログ
神田神保町の古書店、アットワンダーです。SF・ミステリ・映画関連品ほか、買取歓迎! 古書探求をお楽しみの後は、2階に併設のブックカフェ二十世紀で珈琲をどうぞ。
201705123456789101112131415161718192021222324252627282930201707

カテゴリー:文学 (10件ずつ表示)

・2016/09/30 絶版文庫強化月間~裸の文庫祭り2016~ 第4弾は「アンドレ・ジッド」
・2016/09/23 絶版文庫強化月間~裸の文庫祭り2016~ 第3弾は「ドイツ」(トーマス・マンとツヴァイク)
・2016/09/16 絶版文庫強化月間~裸の文庫祭り2016~ 第二弾 今週はスティーヴンソン ほか
・2016/07/28 【2F】太平洋戦争関連文庫本特集~山田風太郎『同日同刻』とその時代~
・2016/07/15 【2Fにて】文庫をメインに小林信彦作品大特集
・2016/06/17 【2F文学コーナーより】ラテン・アメリカ文学作品単行本 新入荷 他
・2016/05/28 【2F文学コーナー】海外文学・思想・美術・音楽カ関連本など新入荷続々
・2016/05/07 【2F文学コーナー】「和モノ」岩波文庫まとめて新入荷
・2015/12/01 【2階文学コーナー】澁澤瀧彦署名本など
・2015/11/25 【2階文学コーナー】ミラン・クンデラとマルグリット・デュラスがまとめて入荷

2016/09/30(金) 17:00:00 | カテゴリ:文学

「絶版文庫強化月間~裸の文庫祭り2016~」
新入荷第4弾は20世紀初頭のフランスを代表する作家
アンドレ・ジッドの作品群です


真っ直ぐで訴求力のある一人称小説(「狭き門」「田園交響楽」など)や
技巧を凝らした多重構造作品(「贋金つくり」など)、後期の紀行文に至るまで
意識的に様々な方法で創作に取り組んだジッドの作品群は
かつては日本でも盛んに翻訳され、多くの著作が文庫で出版されていましたが
現在では代表作以外の大部分が品切れとなっています。

今回は新潮文庫『地の糧』『チャド湖より歸る』『ドストエフスキー』『贋金つくりの日記』『プレテクスト』
角川文庫『蕩児の帰宅・愛の試み
』ほか多数入荷
特に新潮文庫に関してはかつて刊行されていたラインナップのほとんどを入荷しました。


0929bloga.jpeg

特集は現在1Fレジ横棚にて展開中。第1~第3弾の入荷品ともども、いま文庫で読もうと思ったら古本屋で買うしかない作品たちを揃えてお待ちしております

【文学関連書籍買取いたします!】
▽海外純文学作品
▽国内純文学作品
▽文学評論・作家評伝関連

歓迎いたします!
【文庫本の買取も行っております!】
▽岩波文庫各色
▽講談社学術文庫・講談社文芸文庫
▽ちくま文庫・ちくま学芸文庫

歓迎いたします!

上記以外の各種書籍ももちろん買取可能

店頭へのお持込みはもちろん、出張買入配送査定もご相談承ります!
お気軽にご相談ください。

買取相談フリーダイヤル 0120-154-727
メールでのご相談も承ります。 wonder@atwonder.co.jp
2016/09/23(金) 16:00:00 | カテゴリ:文学

いつまで続くか未定の「絶版文庫強化月間~裸の文庫祭り2016~」
新入荷第3弾は主に20世紀前半に活躍したドイツの作家2人
トーマス・マンとシュテファン・ツヴァイクの文庫作品です

流石にトーマス・マンともなると現代でも多くの作品が文庫でカバーされていますが
今回入荷の『欺かれた女』(新潮文庫)などは珍しいところでしょうか。

一方のシュテファン・ツヴァイクは大部分の作品が品切れとなっている作家で
今回は『運命の星輝く時 (上・下)』(角川文庫)、『ジョゼフ・フーシェ』(潮文庫)ほか
角川文庫でかつて発行されていたラインナップのうち多くの部分を入荷しています。
伝記歴史小説の名手が、再評価の時を待っています。

0923bloga.jpeg

今回は入荷商品がほぼ「裸の文庫」ですので、特集名に偽り無しかと。

0923blogb.jpeg

第2弾までの分も含めて、特集商品は1Fにて展開しております(岩波文庫に関しましては2Fにて)。
過去2Fに並べていた絶版文庫在庫も面白本コーナー(外棚)に並べておりますので、そちらもよろしくお願いいたします。

【文学関連書籍買取いたします!】
▽海外純文学作品
▽国内純文学作品
▽文学評論・作家評伝関連

歓迎いたします!
【文庫本の買取も行っております!】
▽岩波文庫各色
▽講談社学術文庫・講談社文芸文庫
▽ちくま文庫・ちくま学芸文庫

歓迎いたします!

上記以外の各種書籍ももちろん買取可能

店頭へのお持込みはもちろん、出張買入配送査定もご相談承ります!
お気軽にご相談ください。

買取相談フリーダイヤル 0120-154-727
メールでのご相談も承ります。 wonder@atwonder.co.jp
2016/09/16(金) 17:10:00 | カテゴリ:文学

裸の文庫といっても激写文庫とかの事ではありません
まだ文庫がカバーをかけずに店頭で売られていた時代の文庫の事です・・・

原初人類が皆裸であったように
(ほとんどの)文庫も生まれた当初はカバーのない裸でした…


アットワンダー文学コーナーでは絶版文庫強化月間~裸の文庫祭り2016~と題しまして
期間中(いつまでかは未定!)生まれたままの裸の文学系文庫たちを随時追加していきます。
とはいえ必ずしも絶版文庫=裸ではないので
貴重な文庫作品であれば、着衣文庫でも構わず積極的に追加していきます。

名だたる世界文学作家の作品群でも
「かつては多くの作品が文庫で出回っていたが、今でも刷られてるのは1~2作の代表作だけ・・・」
というケースは非常に多く、そういった作品群を今回の特集でフォロー出来ればと思っております。

先週Twitterで入荷告知をいたしました

ハクスリー、レマルクらの絶版文庫を(後付けで)第一弾とし
今週は第二弾として
スティーヴンソントマス・ハーディら、19世紀後期~20世紀初頭のイギリス作家の絶版文庫を追加いたします。

今回スティーヴンソン作品では(いきなり目玉商品が裸の文庫ではなく申し訳ないのですが)河出文庫『海を渡る戀』角川文庫『誘拐されて』
トーマス・ハーディ作品では潮文庫『カスターブリッジの市長』角川文庫『遥か群衆を離れて』などが入っています。

特集は、現在のところ1Fの新入荷文庫コーナーにて展開中
また2Fの岩波文庫コーナーにもノーカバー時代の古めの岩波文庫を随時追加しておりますので
是非ご覧くださいませ。

ファイル_000 (3)
2016/07/28(木) 17:20:09 | カテゴリ:文学

2F階段入り口すぐの棚にて、山田風太郎『同日同刻』を中心として
太平洋戦争関連の文庫本を展開しております。


scan29_0001.jpg

山田風太郎著の戦中の記録に関しては『戦中派不戦日記』を始めとした一連の日記が有名ですが
『同日同刻』は太平洋戦争最初の日と最後の日・12月8日と8月15日にスポットを当て
「その日、あの人は、どこで何をしていたか」を並行的に記述していく、
日記とは違ったスタイルの山田風太郎の戦中記録となっています。
広島の原爆死没者慰霊碑碑文の撰文・揮毫者の意外な人物像など
山田風太郎らしい、コクのある事実の掘り下げを各所で読むことが出来る著作です。

今回はこの『同日同刻』内で資料としてしばしば引用されている
徳川夢声『徳川夢声戦争日記』の全巻セット(中公文庫)をはじめ
太平洋戦争を並の戦争関連本では零れ落ちがちなディティールまで含めて
振り返る事の出来る文庫本をご用意させていただきました。

scan29_0002.jpg

ご来店、お待ちしております。


【文学関連書籍買取いたします!】
▽海外純文学作品
▽国内純文学作品
▽文学評論・作家評伝関連

歓迎いたします!
【文庫本の買取も行っております!】
▽岩波文庫各色
▽講談社学術文庫・講談社文芸文庫
▽ちくま文庫・ちくま学芸文庫

歓迎いたします!

上記以外の各種書籍ももちろん買取可能

店頭へのお持込みはもちろん、出張買入配送査定もご相談承ります!
お気軽にご相談ください。

買取相談フリーダイヤル 0120-154-727
メールでのご相談も承ります。 wonder@atwonder.co.jp
2016/07/15(金) 13:23:01 | カテゴリ:文学
文庫を中心に、小林信彦作品を2Fにてまとめて展開中です

小説は文学・SF・ミステリ
エッセイでは映画・昭和の喜劇人・落語・東京の街から最近の芸能まで
その活動が広範囲に渡っている作家さんゆえ
当店ではそれぞれの著作をどこに並べるか非常に悩ましいのですが、
今回は全ジャンルの文庫をまとめて2Fからお送りいたします。

角川文庫の初期3作『虚栄の市』『冬の神話』『監禁』
12nobu1r.jpg

オヨヨシリーズ
12nobu2r.jpg

日本の喜劇人シリーズをはじめ各種エッセイなど
12nobu3r.jpg

小説からエッセイ、初期作から近作までごそっと展開しております

さきの初期3作など品切の文庫作品にも勿論注目ですが、2F的にはちくま文庫の東京エッセイ3作『私説 東京繁盛記』『私説 東京放浪記』『昭和の東京 平成の東京』の3作も推したい所。
12nobu4r.jpg

『昭和の東京 平成の東京』のあとがきにて筆者自身によって「東京3部作」と位置付けられているこの3作品には、流通し尽くした「古き良き東京」のイメージには収まり切らない「昭和の東京」のエッセンスが詰まっています。『私説 東京繁盛記』には荒木経惟の写真も豊富に収録されており(今からは想像もつかない新宿南口の様子など、必見です)、自分の中の紋切型「東京」像を塗り替えてみたいという方には格好の入門書といえるでしょう。

今回特集のラインナップは2Fへの階段を上がって真正面の棚にて展開しております。
同じ棚では東京にまつわる書籍を展開もしておりますので、さきの「東京3部作」と合わせ
こちらもどうぞよろしくお願いいたします。ご来店、お待ちしております。

【文学関連書籍買取いたします!】
▽海外純文学作品
▽国内純文学作品
▽文学評論・作家評伝関連

歓迎いたします!
【文庫本の買取も行っております!】
▽岩波文庫各色
▽講談社学術文庫・講談社文芸文庫
▽ちくま文庫・ちくま学芸文庫

歓迎いたします!

上記以外の各種書籍ももちろん買取可能

店頭へのお持込みはもちろん、出張買入配送査定もご相談承ります!
お気軽にご相談ください。

買取相談フリーダイヤル 0120-154-727
メールでのご相談も承ります。 wonder@atwonder.co.jp

2016/06/17(金) 17:21:39 | カテゴリ:文学

ラテン・アメリカ文学の単行本を新入荷いたしました。

17 ratinamerika r

ラテン・アメリカ文学の代名詞的作家であるガルシア・マルケスの作品では代表作『百年の孤独』のほか『迷宮と将軍』『青い犬の目』
バルガス=リョサ作品では『誰がパロミノ・モレーロを殺したか』 『都会と犬ども』『密林の語り部』

その他コルタサル『通りすがりの男』カサーレス『モレルの発明』など
単行本でしか味わう事の出来ない未文庫化作品群がまとめて入荷してきております。

「単行本でしか味わう事が出来ない…」といえば
マルケス『百年の孤独』と並んで「絶対に文庫化しない名作シリーズ」である
ウンベルト・エーコ『薔薇の名前』も入荷しておりますので、こちらもよろしくお願いいたします。

17 baranonamae_R


また、ツイッターで告知しておりますように







文庫・単行本問わず、文学関連書籍、随時入荷しております。

アットワンダー2F文学コーナーへ是非ともお越しくださいませ。

【文学関連書籍買取いたします!】
▽海外純文学作品
▽国内純文学作品
▽文学評論・作家評伝関連

歓迎いたします!
【文庫本の買取も行っております!】
▽岩波文庫各色
▽講談社学術文庫・講談社文芸文庫
▽ちくま文庫・ちくま学芸文庫

歓迎いたします!

店頭へのお持込みはもちろん、出張買入配送査定もご相談承ります!
お気軽にご相談ください。

買取相談フリーダイヤル 0120-154-727
メールでのご相談も承ります。 wonder@atwonder.co.jp
2016/05/28(土) 11:11:22 | カテゴリ:文学

2Fコーナーにて海外文学(国内も少しあり)・思想・美術・音楽関連本など、続々新入荷しております。ご紹介している商品は入荷商品の一部ですので、是非ご来店のうえラインナップをお確かめくださいませ。













【文学関連書籍買取いたします!】
▽海外純文学作品
▽国内純文学作品
▽文学評論・作家評伝関連

歓迎いたします!
【文庫本の買取も行っております!】
▽岩波文庫各色
▽講談社学術文庫・講談社文芸文庫
▽ちくま文庫・ちくま学芸文庫

歓迎いたします!

店頭へのお持込みはもちろん、出張買入配送査定もご相談承ります!
お気軽にご相談ください。

買取相談フリーダイヤル 0120-154-727
メールでのご相談も承ります。 wonder@atwonder.co.jp
2016/05/07(土) 12:47:48 | カテゴリ:文学








【文学関連書籍買取いたします!】
▽海外純文学作品
▽国内純文学作品
▽文学評論・作家評伝関連

歓迎いたします!
【文庫本の買取も行っております!】
▽岩波文庫各色
▽講談社学術文庫・講談社文芸文庫
▽ちくま文庫・ちくま学芸文庫

歓迎いたします!

店頭へのお持込みはもちろん、出張買入配送査定もご相談承ります!
お気軽にご相談ください。

買取相談フリーダイヤル 0120-154-727
メールでのご相談も承ります。 wonder@atwonder.co.jp
2015/12/01(火) 13:30:00 | カテゴリ:文学
こんにちは。2階文学コーナーより入荷のお知らせです。

IMG_20151201_105600.jpg
ルイーズ ルイーズ・ド・ヴィルモランの生涯/ジャン・ボトレル 北代美和子訳 東京創元社
ゴンクール伝記文学奨励賞受賞作。
サン=テグジュペリの婚約者であり、ジャン・コクトーに求婚された作家・詩人ルイーズ・ド・ヴィルモランの本格的な伝記。
自分が唯一の愛人ではないと知って自尊心を傷つけられたアンドレ・マルローは、ルイーズとの関係を絶った後、『ルイーズ、それはひとつの病だ・・・』と告白し、彼女に惚れていた男性作家ばかりが称賛し、文壇では冷ややかに迎えられた彼女の文芸作品に対し、それまで面識のなかったジャン・コクトーは、彼女がそれまでに受け取った手紙の中でももっとも短い手紙を送っています。「あなたが天才だとは存じませんでした。大好きです。コクトー」
その他オーソン・ウェルズやガストン・ガリマールなど、名だたる男たちを虜にしてきたルイーズは、男たちのミューズであったのか、それとも・・・。
文学史に名を残す男たちが、一人の女性に対してどのようなアプローチを仕掛けたのか、その色恋沙汰(スキャンダル)を追うだけでも興味深く読めます。

IMG_20151201_105417.jpg
・内的独白について―その出現 起源 ジェイムズ・ジョイスの作品における位置/エドゥアール・デュジャルダン 鈴木幸夫 柳瀬尚紀訳 思潮社
この本が書かれるまでに辿る由縁は''ジェイムズ・ジョイスの『ユリシーズ』に用いられている手法「内的独白」に感化された作家が、その手法を論じた・・・''といった一本道を辿るものではなく、初めにあったのはデュジャルダンの小説『月桂樹は切られた』でした。
この作品は一般には知られていないものでしたが、『ユリシーズ』が発表され、意識の流れの技法「内的独白」が注目されるようになり、ジョイスがこれを『月桂樹は切られた』から暗示を受けた故の技法であると発言したことから、世に知られることとなります。
その告白により勇気づけられたデュジャルダン本人が、ジョイスの『ユリシーズ』を引きながら「内的独白」について論じることとなりました。
『ユリシーズ』が発表されるまで、「演劇において、一人で舞台にいる登場人物の発するせりふ」にすぎなかった『独白』がその後の文学作品においてどのような発展を辿ったのか。『内的独白』の歴史から定義づけまで。

IMG_20151201_105520.jpg
沢蟹まけると意志の力/佐藤哲也 新潮社
蟹の子でもあり、同時に意志の子でもある沢蟹まけるとは?
彼を改造人間にした株式会社マングローブとは?
そして意志とは?意志の力とは?
1993年『イラハイ』で第五回日本ファンタジーノベル大賞受賞した佐藤哲也の受賞後初の長篇作品。

IMG_20151201_105857.jpg
IMG_20151201_105938.jpg
澁澤龍彦の署名本も入荷しています。
タイトルは『私のプリニウス』『玩物草紙』です。

@ワンダー2階古書フロア文学コーナーにて取り扱っておりますので、神保町へ起こしの際は是非お立ち寄りください。

【文学関連書籍買取いたします!】
▽海外純文学作品
▽国内純文学作品
▽文学評論・作家評伝関連

歓迎いたします!
【文庫本の買取も行っております!】
▽岩波文庫各色
▽講談社学術文庫・講談社文芸文庫
▽ちくま文庫・ちくま学芸文庫

歓迎いたします!

店頭へのお持込みはもちろん、出張買入配送査定もご相談承ります!
お気軽にご相談ください。

買取相談フリーダイヤル 0120-154-727
メールでのご相談も承ります。 wonder@atwonder.co.jp
2015/11/25(水) 14:40:00 | カテゴリ:文学
こんにちは。2階文学コーナーより入荷情報をおしらせします。

IMG_20151125_114602.jpg

ミラン・クンデラの書籍がいくつか入荷いたしました。
ミラン・クンデラはチェコスロバキア出身のフランス文学作家で、
1984年発表の『存在の耐えられない軽さ』は世界的ベストセラーとなりました。
哲学的な思索とともに物語が紡がれてゆくような作風を持ちます。
深さとひろがりを持つ思索もさることながら、
思索を展開させてゆく中で「小説」を書き上げてゆく技巧は一読の価値ありです。
入荷したのは以下の作品です。

・笑いと忘却の書
・微笑を誘う愛の物語・・・短篇集
・裏切られた遺言
・存在の耐えられない軽さ
・別れのワルツ
・ほんとうの私



IMG_20151125_114422.jpg

マルグリット・デュラスの作品がいくつか入荷いたしました。
マルグリット・デュラスもまた、フランス文学を代表する作家です。
1984年発表の自伝的作品『愛人 ラマン』でゴンクール賞を受賞。1992年には映画化されました。
文学作品においても多作な作家でしたが、映画作家としても多くの作品を残しました。
1959年発表、日仏合同製作の作品『二十四時間の情事』(アラン・レネ監督)では脚本を手がけ、
ジャン=リュック・ゴダール監督とともに構想した作品『アガタ』においては、自ら監督・脚本を手がけました。
ゴダールとデュラスは互いの作品に対し尊敬の念を多く持っていたようです。

今回入荷したのは以下の作品です。

・青い眼、黒い髪
・愛人 ラマン
・夏の夜の十時半
・雨のしのび逢い(モデラート カンタービレ)
・夏の雨
・死の病い アガタ

IMG_20151125_114652.jpg
小川国夫識語・献呈署名入りの『生のさ中に』(角川文庫)なども入荷しております。

@ワンダー2階古書フロアにて取り扱っておりますので、神保町へお越しの際は是非お立ち寄りください。

【文学関連書籍買取いたします!】
▽海外純文学作品
▽国内純文学作品
▽文学評論・作家評伝関連

歓迎いたします!
【文庫本の買取も行っております!】
▽岩波文庫各色
▽講談社学術文庫・講談社文芸文庫
▽ちくま文庫・ちくま学芸文庫

歓迎いたします!

店頭へのお持込みはもちろん、出張買入配送査定もご相談承ります!
お気軽にご相談ください。

買取相談フリーダイヤル 0120-154-727
メールでのご相談も承ります。 wonder@atwonder.co.jp
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.