神保町の古書店 @ワンダーのブログ
神田神保町の古書店、アットワンダーです。SF・ミステリ・映画関連品ほか、買取歓迎! 古書探求をお楽しみの後は、2階に併設のブックカフェ二十世紀で珈琲をどうぞ。
20170612345678910111213141516171819202122232425262728293031201708
天気が読めないせいで洗濯物がたまる一方の今日このごろ、皆様いかがお過ごしでしょうか?
本日は、あまり知られていないフランスのSF作品からおひとつご紹介を

pelot.jpg
ピエール・プロ『この狂乱するサーカス』サンリオSF文庫



休むことなく映画を作り続ける<核地帯>とそれを取り囲む<環状地帯>。そこに住むすべての人々は映画の制作に携わって生きている。ある者は<シナリオ作家>や<役者>として、あるいは命がけの<エキストラ>として。
主人公シティズンは人気シリーズの英雄“ゾロ・ナップ”を演じるスターだ。彼は南国のリゾートを模した居住区に住み、誰もが羨むような暮らしを送っていた。
しかし、彼の中ではこの社会の不自然さへの疑念が渦巻いていた。この<核地帯>で作られている無数の映画は<大衆>のために作られているのだという。しかし、その<大衆>がどこにいるのか誰も知らないのだ。この代わり映えのしないシナリオもキャラクターも、<大衆>のためだというなら、映画を作っている自分たちにとって<大衆=神>ではないのか。過去の焼き直しばかりで、現実の社会を舞台にする新たな作品を作らないのはなぜなのか。
主人公の鬱積した苛立ちはヒロインとの出会いをきっかけに、ついに爆発する。
シティズンは<核地帯>での一切を捨て、ヒロインと共に作り物の社会の外を目指す……





著者のピエール・プロはフランスの小説家で、本国ではSFのみならず、西部劇、ファンタジー、ミステリを横断する非常に多作な作家として知られています。
残念ながら邦訳された作品は少なく、『原始の風が吹く大地へ―人類200万年前の目覚め』(草思社)、映画のノヴェライズ『ジェヴォーダンの獣』(ヴィレッジブックス)、それとご紹介の本作が知られているぐらいではないでしょうか?
『原始の風が吹く大地へ』は人類学者イヴ・コパンの監修のもと、人類の起源からその進化の過程を物語にした本国フランスでベストセラーとなった作品です。
『ジェヴォーダンの獣』は映画の方をご存知の方もいらっしゃると思いますが、ノヴェライズの方では表記がピエール・ペローとなってることもあり、著者として意識されていない作品かもしれません。
なお、ペローよりはプロの方が本来の発音に近いようです。

『この狂乱するサーカス』は発表当時、フランス本国で好評を持って迎えられ、翌1978年のフランスSF大賞を受賞しました。
日本ではフランスSF大賞はあまり馴染みがありませんが、1974年に創設され、後にフランスのもう一つのSF作品の賞であったアポロ賞を吸収する形で92年にイマジネール大賞(Grand prix de l'Imaginaire)と改名して今に続いている権威あるSF賞です。

本作は社会への皮肉に満ちた寓話的な作品となっています。
誰も知らない大衆にむけて映画を作り続ける社会。主人公はその偽りを看破し、障害を乗り越えて外の真実の世界を目指します。
しかし、<環状地帯>の向こう、たどり着いた場所で見た<大衆>もまた、主人公の想像を超えた何かの一部でした。
そこで映画が作られ続ける理由を知った主人公は<大衆>に訴えかけます。

「そんなものは棄てろ! わかるか? おまえが考えていることのなかに、真実などなにもないのだ!」p354
「わたしはきみたちを解放しに来た! …(中略)… みんな嘘なんだ! きっぱりと割りふられた、正確な役しかなくて、だれも選ばないのだ! だれも選ばない、いちども! いちども!」p355


偽りであっても豊かな生活を捨て、多くの犠牲を払った果てのシティズンの悲痛な叫びはいっそ滑稽な哀しさが漂います。
社会システムの中で誰かに割りふられた役ではなく、自分の意志であり方を選択した主人公シティズンは、それゆえに社会の中での居場所を失ってしまいます。
最後のシーンで戻ることもできず、行くあてもないシティズンはどことも知れない空の下で、夜明けを待ち星々を見上げながら呟きます。
『万事順調だ、シティズン』

何とも皮肉な味わいのあるフランスSFの名作です。
ひと味違ったSFを読んでみたくなったときなどにいかがでしょうか?


当店では今回ご紹介しました『この狂乱するサーカス』など、サンリオSF文庫作品も多数取り揃えております。
一気にまとめて揃えたいという剛毅な方もご安心ください。
sannrio.jpg
サンリオSF文庫全197冊に新装版4冊を加えた201冊セットは1階レジ前にて販売中です。



SF、買います! 詳しくはこちらから!

蔵書の整理をお考えの皆様、
神保町の@ワンダーへぜひ一度お問合せください。


早川書房・東京創元社他、
各社から刊行された国内/海外SF作品全般
評論その他関連書籍ジュヴナイル
文庫/新書/叢書/単行本/雑誌、幅広く取り扱っております。

ハヤカワ文庫SF創元SF文庫サンリオSF文庫
スペースオペラ/ハードSF/ニューウェーブ、
ミリタリーSF/ユーモアSF/サイバーパンク/スチームパンクetc、
幻の名作から定番作品まで買い取り歓迎いたします!


その他、ミステリ・推理小説映画関連品アメコミ・海外コミック
幻想文学・ファンタジー怪奇小説・ホラーなどなど、
店頭へのお持込みはもちろん、出張買入・配送査定もご相談承ります!

買取相談フリーダイヤル 0120-154-727
メールでのご相談も承ります。 wonder@atwonder.co.jp
関連記事
スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.