神保町の古書店 @ワンダーのブログ
神田神保町の古書店、アットワンダーです。SF・ミステリ・映画関連品ほか、買取歓迎! 古書探求をお楽しみの後は、2階に併設のブックカフェ二十世紀で珈琲をどうぞ。
201705123456789101112131415161718192021222324252627282930201707
こんにちは、スタッフFです。海外コミックコーナーからお知らせいたします。
映画『バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生』公開間近、
コミックファンとしては、心の準備も大詰め、非常に大事な時期です。
にもかかわらず、ワーナーブラザーズが突如ぶち込んできたのが、
DC映画シリーズ次回作『スーサイド・スクワッド』の予告編。
異常なワクワク感をたたえた2分30秒の劇薬映像、皆様ごらんになりましたか?
 
     

DCヒーローズの活躍でお縄についた凶悪ヴィランたちが、
減刑と引き換えに自殺同然の危険なミッションに挑む!
人気コミックまさかの映画化、日本では9月10日に公開予定とのことです。

さて、本日は、以前にも取り上げた同作のヒロイン格、
ハーレイ・クインについて、あらためてご紹介! どうぞお付き合いください。

harleyharley-201602001.jpg

ハーレイ・クインの近影です。
マーゴット・ロビー演じる実写版(画像右)が公開前から熱い支持を集めている他、
コミックにおいても複数の主演誌を抱える多忙ぶり。
アメコミに明るくない方でも、近頃は彼女の噂をちらほら耳にしているのではないでしょうか。
元々、1992年放映の『Batman: The Animated Series』に登場したアニメオリジナルのヴィラン
人気に後押しされてコミックへ逆輸入された経歴の持ち主です。
その前職は、なんと精神科医。
ゴッサムシティのアーカム精神病院に研修医として訪れたのが、転落の始まりでした。
harleyorigin-201602001.jpg

アーカムといえば、バットマンが捕らえた狂人犯罪者の行き先として名高い施設。
Dr.ハーリーン・クインゼルが担当することになったのは、その中でも大物中の大物

harleyorigin-201602002.jpeg

犯罪界の道化王子の内面にせまるハーリーン。

harleyorigin-201602003.jpeg

臨床を通して、バットマンの存在こそが彼の病根であると結論付けますが、
それはそれとして、なにやらちょっと様子がおかしいですね。

harleyorigin-201602004.jpg

やがてジョーカーの虜になってしまったハーリーンは、

madlove-201602001.jpg

すべてを投げ打って脱獄を手引き!
道化の衣装*1をまとった恋するヴィラン、ハーレイ・クイン誕生の瞬間です。
愛しの“プリンちゃん”のため、諸悪の根源バットマンを殺そうとするハーレイ。
ところが当のジョーカーの態度はひどく冷たいもの。塩対応なばかりか、
無粋な行動をとる押しかけ女房を厳しく叱りつけるのでした。
(前回もご紹介しましたが)こちらはアニメ版を元にしたコミックシリーズの特別号、
〈The Batman Adventures: Mad Love〉(1994年)。
アニメ版の脚本/プロデューサーポール・ディニと、アニメーターブルース・ティムによって
明らかにされたハーレイ・クインのオリジンエピソード(誕生秘話)です。
翻訳もされている名作、海外コミックコーナーに陳列しております。どうぞおはやめに!

以下は新入荷。
1階新着商品棚に品出し済のハーレイ・クイン関連作品です。

   harleyquinn20002016a001.jpg

2000~2004年まで刊行された〈Harley Quinn〉全38号をまとめたペーパーバック4冊セット
アニメから飛び出してDCコミックス正史に参入したハーレイ最初の主演シリーズです。

また、ハーレイと、友人でもあるポイズン・アイビー
そしておなじみのキャットウーマンの三人を主人公にしたシリーズ、
『GOTHAM CITY SIRENS』(2009~2011年)も全26号セットが入荷!
ゴッサムの三悪女の活躍をご堪能ください。

gothamcitysirens2016a002.jpg

日本語版の刊行も始まったDCコミックスの新しいトップスター。
スクリーンデビュー前に、ぜひぜひチェックしてみてください。
海外コミック探求は、神保町の@ワンダーで!

*1 道化芝居めいてキュートなオリジナルコスチューム。2011年に現在のものに変更されました。


アメコミ/海外コミック、買います!
詳しくはこちらをごらんください。

原書(リーフ、TPB、HC)日本語版、どちらも買取歓迎!
店頭へのお持ち込みの他、配送査定のご相談も承ります。
まずはメールで、お気軽にお問合せください。
wonder@atwonder.co.jp
関連記事
スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.