神保町の古書店 @ワンダーのブログ
神田神保町の古書店、アットワンダーです。SF・ミステリ・映画関連品ほか、買取歓迎! 古書探求をお楽しみの後は、2階に併設のブックカフェ二十世紀で珈琲をどうぞ。
20170712345678910111213141516171819202122232425262728293031201709
こんにちは、推理・SF担当のスタッフFです。久々にミステリコーナーからのお知らせです!
本日は横溝正史『本陣殺人事件』をご紹介いたします。
ごぞんじ金田一耕助初登場作にして本邦推理小説史上にいまなお輝くマスターピース、
「車井戸はなぜ軋る」「黒猫亭事件」を併録したおなじみの角川文庫版ですが、
今回入荷したものはちょっと一味違います。どうぞごらんください。

            kuronekotei20151128.jpg

横溝正史『黒猫亭事件 本陣殺人事件』
(昭和53年31版、角川文庫)

角川書店‐横溝正史といえば、市川崑の映画が思い起こされますが、
こちらは、古谷一行が金田一に扮したTBSのテレビドラマ
『横溝正史シリーズII』の放送開始に合わせて、
「黒猫亭事件」を『本陣殺人事件』と並列に表題作としたバージョン。
(ドラマ版「黒猫亭事件」は昭和53年9月2日・9日に全2回が放送されています。)
出回っていた期間も短く、角川文庫横溝作品の中でもとりわけ希少なもののひとつです。
装画は他の横溝作品の多くと同様、杉本一文。帯を外した書影はこちらをごらんください!

「黒猫亭事件」は、金田一ものとしては3作目にあたる中編(昭和22年発表)
いわゆる「顔のない屍体」のテーマに挑戦した作品で、冒頭では、“私”こと横溝正史が、
私も探偵作家のはしくれであるからには、いつかこのテーマを取りあつかって、
犯人と被害者いれかわりという、公式的な結末以上の結末をもって、
探偵小説の鬼どもを、あっといわせてやりたくてたまらないんですよ。
と金田一耕助に熱弁をふるう姿がみられます。

1階ガラスケースに陳列しております。どうぞおはやめに!
ミステリ探求は、神保町の@ワンダーで!



ミステリ・推理小説、買います! 詳しくはこちら

蔵書の整理をお考えの皆様、
神保町の@ワンダーにぜひ一度ご相談ください。


東京創元社・早川書房他、各社から刊行された翻訳ミステリ
新青年/宝石/幻影城/江戸川乱歩賞作家らによる昭和の推理/探偵小説
評論その他関連書籍ジュヴナイル
文庫/新書/叢書/単行本/雑誌、幅広く取り扱っております。

ハヤカワ文庫HM/ハヤカワ・ミステリ文庫、創元推理文庫、
昭和30年代までの国内推理/探偵小説単行本

本格ミステリ / ハードボイルド / サスペンス、
警察小説 / スパイ小説 / 冒険小説などなど、
幻の名作から定番作品まで、買い取り歓迎いたします!

その他、SF映画関連品アメコミ・海外コミック
幻想文学・ファンタジー怪奇小説・ホラーetc、
店頭へのお持込みはもちろん、出張買入・配送査定も承ります!

買取相談フリーダイヤル 0120-154-727
メールでのご相談も承ります。 wonder@atwonder.co.jp
関連記事
スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.