神保町の古書店 @ワンダーのブログ
神田神保町の古書店、アットワンダーです。SF・ミステリ・映画関連品ほか、買取歓迎! 古書探求をお楽しみの後は、2階に併設のブックカフェ二十世紀で珈琲をどうぞ。
20170612345678910111213141516171819202122232425262728293031201708
こんにちは、推理・SF担当のスタッフFです。海外コミックコーナーからお知らせいたします。
本日は日本語版をどどんとご紹介。マーベリック出版より昭和53~55年に発行された、
〈月刊スーパーマン〉です、どうぞごらんください!

monthlysuperman20151123.jpg

月刊スーパーマン 創刊号から20号まで20冊一括
(昭和53~54年、マーベリック出版)
 ※全号揃いではありません!
   (全24号+増刊号+全3巻の傑作選が刊行)


以前ご紹介したことの繰り返しで恐縮ですが)
1970年代末から80年代初頭にかけて、リチャード・ドナー監督映画『スーパーマン』の公開、
東映マーベルコミックスの提携作『スパイダーマン』『バトルフィーバーJ』のTV放映と、
アメリカンコミックスにスポットが当たる大きなトピックが重なり、原作も多く翻訳されました。

この〈月刊スーパーマン〉は、DCコミックス作品を多く掲載した月刊誌。
スーパーマン、スーパーガール、スーパーボーイ、ロイス・レーン、
ジミー・オルセン、クリプト、ビザロ
らスーパーマンファミリーはもちろん、
バットマン、ワンダーウーマン、グリーンアロー&ブラックキャナリー、
シャザム
といった人気作品も採り上げています。

gekkansuperman001.jpggekkansuperman002.jpg

光文社マーベルコミックスと同じく、監修は小野耕世(KOSEI)
印象的な翻訳が話題になりがちな〈月刊スーパーマン〉ですが、
作品掲載にとどまらず、解説記事インタビューコミコン紹介対訳の試み、
いまや激レアなコミックの数々が並ぶ洋書通販コーナーなどなど、その内容はとても充実。
先日に引き続き、「いまこそこういう情報誌が必要なんだよ!」と叫びました)

圧巻なのはリレー連載『私とスーパーマン』
アメリカンヒーローコミックの象徴スーパーマンの本格上陸を受けて、
錚々たる顔ぶれがエッセイを寄稿しています。
創刊号から20号まで順に、手塚治虫、石森章太郎、松本零士、藤子不二雄、
バロン吉元、永井豪、モンキー・パンチ、上村一夫、池上遼一、
ニール・アダムス(!)、竹宮恵子、楳図かずお、大平透、桑田次郎、
望月三起也、北野英明、横山光輝、吾妻ひでお、大友克洋、九里一平


惜しくも揃いではありませんが20冊一括セット、1階靖国通り側レジ後方に陳列いたしました。
神保町の@ワンダーで、海外コミック探求をお楽しみください!



アメコミ/海外コミック、買います!
詳しくはこちらをごらんください。

原書(リーフ、TPB、HC)日本語版、どちらも買取歓迎!
店頭へのお持ち込みの他、配送査定のご相談も承ります。
まずはメールで、お気軽にお問合せください。
wonder@atwonder.co.jp
関連記事
スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.