神保町の古書店 @ワンダーのブログ
神田神保町の古書店、アットワンダーです。SF・ミステリ・映画関連品ほか、買取歓迎! 古書探求をお楽しみの後は、2階に併設のブックカフェ二十世紀で珈琲をどうぞ。
201705123456789101112131415161718192021222324252627282930201707
こんにちは、推理・SF担当のスタッフFです。
今年の神田古本まつりもいよいよクライマックスです。
10月31日(土)11月1日(日)最終2日間は、
各出版社品切れ本やセール品など持ち寄る神保町ブックフェスティバル
駿河台下~小川町のスポーツ店街主催の神田スポーツ祭り
“カレーの街”神田最強店舗決定戦 神田カレーグランプリが併催されます。
さくら通り・すずらん通りには、神保町界隈の名店の美味しい屋台も登場。
すでに古本まつりにお越しの皆様も、ぜひまた遊びにいらしてください。

さて、この神田神保町オールスター総出演のビッグイベントにちなみ、海外コミックコーナーより、
多数のキャラクターが入り乱れる大規模クロスオーバー長篇をご紹介します。
まずはDCコミックス『ZERO HOUR: CRISIS IN TIME!』
時空間を破壊し、新たな宇宙を創造せんと目論むパララックスハル・ジョーダンと、
DCヒーローの激突を描いた、1994年9月のクロスオーバーイベント、47冊一括セットです!

zerohour20151030.jpg

核となる本編は、すべてが消滅する“ゼロ・アワー”に向かって、
4号から0号へカウントダウン形式で進む、全5話構成のミニシリーズ。
さらに各連載誌でタイインエピソードが描かれ、本編を補完するタイプのクロスオーバーですが、
今回のセットには、それらのタイイン誌は含まれていません
では、あと42冊はなんなのかと申しますと。

そもそも、1985年の大長篇『クライシス・オン・インフィニット・アース』
多元宇宙を再編・整理し、大きな設定の刷新を行ったDCコミックスが、
それから10年近くたち、再び設定の微調整を意図して企画したのが、この『ZERO HOUR』。
宇宙の再生を経て、歴史が少しずつ変わり、それぞれのヒーローにも変化が訪れます。
『ZERO HOUR』終了後の1994年10月“Zero Month”と銘打った企画が行われ、
DCコミックスのメインストリームコミック40誌第0号を刊行。
『ZERO HOUR』を受けた、各ヒーローの新たな設定が語られました。

zeromonth20151030.jpg

今回の入荷では、その40冊を完全網羅!
(厳密には、翌1995年創刊の〈Extreme Justice〉誌が遅れて0号を出しており、
 それのみ惜しくも未収録ですが……)
タイトル一覧はこちらをどうぞ。

残る2冊は、Zero Monthの無料宣伝冊子『Zero Month Sampler』と、
14年後の2008年に刊行された〈Booster Gold〉誌の第0号。
同誌は、25世紀から来たヒーローブースターゴールドの活躍を描く人気シリーズ。
DC公式にZero Monthタイトルに数えられている本号では、
他誌と同様に、ブースターゴールドのオリジンが語られています。
ZERO HOUR & Zero Month 47冊一括セット、海外コミックコーナーをぜひごらんください。



もう一組、マーベルコミックスよりご紹介。
X-MEN史上最大長篇、1995年の一大クロスオーバー『Age of Apocalypse』が入荷しました!

ageofapocalypse20151030.jpg

1994年末、X-MEN各誌で展開された『LEGION QUEST』において過去改変が発生、
X-MENが結成される以前に、指導者プロフェッサーX/チャールズ・エグゼビアが死亡!
その後の歴史が大きく変わってしまった世界を舞台に繰り広げられる物語が、
この『Age of Apocalypse』です。エグゼビア不在の世界は、
最古種のミュータントアポカリプスによって支配され、人類は弾圧を受けています。
「人類とミュータントの平和的共存」というエグゼビアの夢を受け継いでX-MENを結成し、
抵抗を続けるリーダーの名は、マグニートー/エリック・マグナス・レーンシャー

〈UNCANNY X-MEN〉誌→〈ASTONISHING X-MEN〉誌
〈X-MEN〉誌→〈AMAZING X-MEN〉誌、〈WOLVERINE〉誌→〈WEAPON X〉誌、といった具合に、
当時刊行中だったX-MEN関連9誌すべてが誌名を変更、この悪夢のAoA世界に舞台を移しました。
物語の幕開けとなる特別号〈X-MEN: ALPHA〉、完結編〈X-MEN: OMEGA〉を両端に据え、
9つのストーリーラインが同時進行していく構成。その他読切号なども含め、全39号が発行。
今回の入荷では、設定解説的な意味合いの強い読切〈The Chosen〉のみが残念なことに欠品ですが、
残る38冊は全て網羅! 90年代X-MENの頂点とも呼べる長篇、ぜひお楽しみください。
加えて、前日譚『LEGION QUEST』(プロローグにあたる〈X-FACTOR〉109号のみ欠)や
改変が行われる直前のウルヴァリン、若手チームGENERATION Xの活躍を収めた号、
そして後年刊行されたAoA世界を舞台にした外伝〈Tales From The Age of Apocalypse〉
全2号中1号のみ付属した、46冊一括セットです。内訳はこちらをごらんください。



また、画像を準備しそびれてしまったのですが、『Age of Apocalypse』終了後X-MEN
1995年から1998年までの号を集めた111冊一括セットも作ってみました。
AoA終了後、X-MEN系列誌は通常のタイムラインに戻り、新たな物語が展開されていきます。
こちらのセットは、特別号〈X-MEN PRIME〉に始まり、
誌名が元に戻った旗艦誌〈UNCANNY X-MEN〉〈X-MEN〉を中心に、
クロスオーバー〈オンスロート〉〈ゼロ・トレランス〉などをフォロー。
他のマーベルヒーローをも巻き込んだ長篇〈オンスロート〉については、
〈AVENGERS〉〈FANTASTIC FOUR〉などの他誌もセットに含めております。
(残念ながら肝心のクライマックスたる〈ONSLAUGHT: Marvel Universe〉を入れられませんでしたが……)
詳細はこちらをどうぞ。


というわけで、リーフメガ盛りセットのご紹介でした。
@ワンダー海外コミックコーナーでは、
この他にもDC・マーベル中心に原書リーフ、ペーパーバック
日本語版アートブック・関連書籍、多数取り扱っています。
この土日、古本まつりご散策の折に、ぜひお立ち寄り下さい!



古本まつり期間中の古書買取ご相談について
(準備日10/22(金)から最終日11/1(日)まで)

期間中は店内大変混み合いますため、大変恐縮ではございますが、
買取のご依頼(出張・配送・店頭へのお持ち込み)につきましては、
古本まつり終了後までお待ちいただけますと幸いです。

ご理解、ご了承の程、宜しくお願い申し上げます。
関連記事
スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.