神保町の古書店 @ワンダーのブログ
神田神保町の古書店、アットワンダーです。SF・ミステリ・映画関連品ほか、買取歓迎! 古書探求をお楽しみの後は、2階に併設のブックカフェ二十世紀で珈琲をどうぞ。
20170412345678910111213141516171819202122232425262728293031201706
2015/09/23(水) 13:10:00 | カテゴリ:文学
こんにちは。2階文学コーナーより入荷情報をお知らせいたします。

野坂昭如の書籍がまとめて入荷いたしました。
IMG_20150923_110603.jpg
作家、歌手、タレントとして多才な才能を発揮し、その破天荒な
性格や物言いで根強いファンを持つ野坂昭如
野坂昭如をほとんどご存知ない方でも
日本を代表する映画監督・大島渚の結婚30周年パーティーで
祝辞を読み上げたのち大島渚と壇上で殴り合う
なんとも微笑ましい映像を一度は見たことがあるのではないでしょうか?

1963年の『エロ事師たち』で作家デビューを果たし、
1967年には『火垂るの墓』『アメリカひじき』で直木賞を受賞しました。
『火垂るの墓』は後にスタジオジブリ高畑勲監督の手により
アニメ映画化され、名作として語り継がれています。
野坂昭如自身が表現したかった事とは齟齬があったとも
いわれています。)

また、歯に衣着せぬものいいと、独特な文体で綴られるエッセイでも
作家としての力量を発揮しています。
日々の事を綴りながらも、筆に任せて中庸に収まるのではなく、
読みながら読者を興奮させるような、あたかも作者とおなじ
「気づき」のようなものを追随体験できるようなエッセイを
数多く残しています。

その他『マリリン・モンロー・ノー・リターン』での歌手活動や
酩酊状態でのテレビ出演など、魅力たっぷりの野坂昭如の
著作を是非この機会に!

エッセイなどもまとめて、
@ワンダー2階南側古書フロアー文学コーナーなどにて取り扱っております。
神保町へお越しの際は是非お立ち寄りください!

【文学関連書籍買取いたします!】
▽海外純文学作品
▽国内純文学作品
▽文学評論・作家評伝関連

歓迎いたします!
【文庫本の買取も行っております!】
▽岩波文庫各色
▽講談社学術文庫・講談社文芸文庫
▽ちくま文庫・ちくま学芸文庫

歓迎いたします!

店頭へのお持込みはもちろん、出張買入配送査定もご相談承ります!
お気軽にご相談ください。

買取相談フリーダイヤル 0120-154-727
メールでのご相談も承ります。 wonder@atwonder.co.jp
関連記事
スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.