神保町の古書店 @ワンダーのブログ
神田神保町の古書店、アットワンダーです。SF・ミステリ・映画関連品ほか、買取歓迎! 古書探求をお楽しみの後は、2階に併設のブックカフェ二十世紀で珈琲をどうぞ。
201705123456789101112131415161718192021222324252627282930201707
2015/09/09(水) 12:54:00 | カテゴリ:文学
こんにちは。2階文学コーナーより入荷情報をおしらせいたします。
IMG_20150909_105504.jpg

みなさんご存知”酔いどれ詩人チャールズ・ブコウスキー
『ポスト・オフィス』(幻冬舎アウトロー文庫)が入荷いたしました。
破天荒やパンキッシュといった形容詞さえ陳腐に響かせてみせる
生きざまと作品で、カルト的な人気を集めるC.ブコウスキーの自伝的処女長篇作品
今作品の主人公であるナチスキーもまた、他作品の主人公同様とんでもないダメ人間でありながら、
愛さずにはいられない(はず)の魅力をもっています。

職を失っていたナチスキーは、クリスマスの季節に、”坂の上に住む酔っぱらい”から
”革のずだ袋を背負わされ、のろのろとハイキングして回って”いるだけの
”誰かれかまわず雇ってくれる”仕事があると教えられます。
楽勝じゃないか!”…
…そうしてクリスマスの臨時配達人に雇われて二日目。
しかるべきところがちゃんとでっかい”女にまとわりつかれ、
互いに伴侶があるにも関わらず愛人関係を結んでしまいます。
その女にも三、四日で飽きがきてしまい、ナチスキーは寄り付かなくなってしまいますが、
郵便配達人の仕事と言えば手紙を突っ込んでは女と寝る事
この仕事はおれに向いている、もう、絶対に、絶対に、絶対に。
冒頭からしてこのような調子で物語は進んでゆきます。
後半になるにつれ、作品のテンションは加速上昇してゆき、
ほとんど最低人間しか登場せず、彼らの言葉や行動は下品であるにも
関わらず、に(あるいは希望にさえ)あふれる魅力ある作品。

ブコウスキー作品の中でも比較的人気の高い作品をこの機会に是非!

その他
ジャック・ケルアック著『ジェフィ・ライダー物語』
野呂邦暢著『一滴の夏』
コンスタンス・ヘヴン著『貴族の館』
などが入荷しております!

全て@ワンダー2階南側古書フロア文学コーナーにて取り扱っております。
神保町へお越しの際は是非お立ち寄りください!

【文学関連書籍買取いたします!】
▽海外純文学作品
▽国内純文学作品
▽文学評論・作家評伝関連

歓迎いたします!
【文庫本の買取も行っております!】
▽岩波文庫各色
▽講談社学術文庫・講談社文芸文庫
▽ちくま文庫・ちくま学芸文庫

歓迎いたします!

店頭へのお持込みはもちろん、出張買入配送査定もご相談承ります!
お気軽にご相談ください。

買取相談フリーダイヤル 0120-154-727
メールでのご相談も承ります。 wonder@atwonder.co.jp
関連記事
スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.