神保町の古書店 @ワンダーのブログ
神田神保町の古書店、アットワンダーです。SF・ミステリ・映画関連品ほか、買取歓迎! 古書探求をお楽しみの後は、2階に併設のブックカフェ二十世紀で珈琲をどうぞ。
201705123456789101112131415161718192021222324252627282930201707
こんにちは、推理・SF担当のスタッフFです。ミステリコーナーからのお知らせです。
本日は、アメリカ出身の黒人ミステリ作家、チェスター・ハイムズの代表作、
ハーレム・ディテクティブ、《墓掘りジョーンズと棺桶エド》シリーズをご紹介いたします。
黒人社会の事件を“あるがままに”描いたハードボイルド連作、
全9作品のうち、未完・未訳の最終作『Plan B』を除く翻訳版8冊セットです。

d20150815a.jpg
      b20150815.jpg

角川文庫(すべて訳:篠原慎)
 『ロールスロイスに銀の銃』(第6作 昭和46年再版)
 『暑い日暑い夜』(第8作 昭和46年初版)
 『夜の熱気の中で』(第7作 昭和47年初版)
ハヤカワミステリ
 『狂った殺し』(第3作 訳:工藤政司 昭和46年発行、映像化カバー付)
 『イマベルへの愛』(第1作 訳:尾坂力 昭和46年発行、映像化カバー付)
 『リアルでクールな殺し屋』(第2作 訳:村社伸 昭和46年発行)
 『金色のでかい夢』(第4作 訳:大井良純 昭和46年発行)
 『黒の殺人鬼』(第5作 訳:片岡義男 昭和48年発行)


チェスター・ハイムズは、強盗の罪でオハイオ州立刑務所に服役中(!)、
〈ブラックマスク〉誌のダシール・ハメットの作品に触発されて執筆活動をスタートし、
保釈後、職を転々としつつ、1945年に長編デビューを果たしました。
ベストセラーとなったデビュー作『If He Hollers Let Him Go』のあと、
ハイムズはいくつかの普通小説をアメリカで出版しますが、
共産党に切り込み、同胞からの非難も浴びた2作目『Lonely Crusade』の後は
売れ行きもさっぱり。1953年にはアメリカを出て、ヨーロッパへ移住します。
貧窮するハイムズに手をさしのべてくれたのが、フランスで出会ったマルセル・デュアメルです。
犯罪小説叢書《セリ・ノワール》の監修者である彼のすすめで、
1957年、《墓掘りジョーンズと棺桶エド》シリーズの第1作『イマベルへの愛』を発表するや、
ロマン・ノワールを愛するフランス国内で大きな評判をとり、
ジャン・コクトーに激賞され、フランス推理小説大賞を受賞。
ハイムズは、フランスで異色の人気作家に上り詰めました。
1965年、センセーショナルなノンシリーズ作品『ピンク・トウ』をきっかけに、
やっとアメリカでも評価されるようになったハイムズですが、生涯母国に戻ることはなかったといいます。

《墓掘りジョーンズと棺桶エド》シリーズの舞台は、ニューヨーク市のハーレム地区。
賭博師、売春婦、こそ泥、売人、ヤクザ者が跋扈するこの街で日々生まれる犯罪を、
二人の黒人刑事、“墓掘り”ジョーンズ“棺桶”エド・ジョンソンが荒っぽく追いかけます。
白人の不正を糾弾し黒人の支持を集めるオマリー神父(正体はシンジケートから身を隠す小悪党)が
〈アフリカへ帰ろう!〉運動でハーレム住民からかき集めた大金を強盗に奪われ、
“墓掘り”と“棺桶”が捜査に乗り出す6作目『ロールスロイスに銀の銃』
もっともよく知られる作品で、1970年にはオジー・デイヴィスがメガホンをとり映画化。
最初期のブラックスプロイテーション映画のひとつに数えられています。
(上記の翻訳版は、この公開に近いタイミングで出版されており、
 『狂った殺し』『イマベルへの愛』のカバーは、この映画版のスチルが使われています)
あまりにも有名なのが、映画をヒットに導いたともいわれるロバート・マッギニスのポスターアート。
角川文庫版のカバーに使われたものを、いま一度拡大でごらんください。

d20150815.jpg

ミステリ探求は、神保町の@ワンダーで!



ミステリ・推理小説、買います! 詳しくはこちら

蔵書の整理をお考えの皆様、
神保町の@ワンダーにぜひ一度ご相談ください。


東京創元社・早川書房他、各社から刊行された翻訳ミステリ
新青年/宝石/幻影城/江戸川乱歩賞作家らによる昭和の推理/探偵小説
評論その他関連書籍ジュヴナイル
文庫/新書/叢書/単行本/雑誌、幅広く取り扱っております。

ハヤカワ文庫HM/ハヤカワ・ミステリ文庫、創元推理文庫、
昭和30年代までの国内推理/探偵小説単行本

本格ミステリ / ハードボイルド / サスペンス、
警察小説 / スパイ小説 / 冒険小説などなど、
幻の名作から定番作品まで、買い取り歓迎いたします!

その他、SF映画関連品アメコミ・海外コミック
幻想文学・ファンタジー怪奇小説・ホラーetc、
店頭へのお持込みはもちろん、出張買入・配送査定も承ります!

買取相談フリーダイヤル 0120-154-727
メールでのご相談も承ります。 wonder@atwonder.co.jp
関連記事
スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.