神保町の古書店 @ワンダーのブログ
神田神保町の古書店、アットワンダーです。SF・ミステリ・映画関連品ほか、買取歓迎! 古書探求をお楽しみの後は、2階に併設のブックカフェ二十世紀で珈琲をどうぞ。
20170712345678910111213141516171819202122232425262728293031201709
こんにちは、推理・SF担当のスタッフFです。ミステリコーナーからのお知らせです。
本日は、鮎川哲也の代表作のひとつ、『りら荘事件』をご紹介いたします。
光風社から昭和33年に発行された初刊本です!

    IMG_20150810_111226.jpg

昭和25年、傑作『ペトロフ事件』をものするも、〈宝石〉誌の岩谷書店とのトラブルにより、
推理文壇の中心から締め出しを受けてしまった中川透
昭和31年、公募となった講談社《書下し長篇探偵小説全集》13番目の椅子に
『黒いトランク』が入選、“鮎川哲也”という新しい名前で再デビューを果たします。
直後、不遇の時代に多く誌面を提供してくれた世界社の〈探偵実話〉で、
長篇『りら荘事件』の連載をスタートしました。

埼玉県は秩父、荒川の上流、長野県との境の近くに建つ“りら荘”に、
七人の芸大生男女が夏を過ごしにやってきたところから始まる連続殺人劇。
スペードのA。スペードの2。死人が出るたび、すぐ近くにはトランプのカードが見つかる。
スペードの3。スペードの4……。すっかり翻弄され、ついに行き詰まった警察は、
これまでにもいくつかの事件で智恵を借りた素人探偵、星影竜三氏に解決を依頼する!

鮎川が生んだ名探偵星影龍三(本書内では竜三)最初の長篇作品。
星影氏の初登場作品でもある昭和28年発表の短篇「呪縛再現」が原型となっています。
「呪縛再現」では鮎川哲也もうひとりのシリーズキャラクター、
鬼貫警部に活躍を譲る格好になってしまう星影氏ですが、
『りら荘』では終盤に登場するや超人探偵ぶりを発揮、鮮やかに事件を解決へ導きます。

綾辻行人・有栖川有栖ら新本格派にも多大な影響を与え、
現在まで読み継がれる国内推理史上に残る名作。
帯付の初刊本、1階靖国通り側レジ後方に陳列しております。
ミステリ探求は、神保町の@ワンダーで!



ミステリ・推理小説、買います! 詳しくはこちら

蔵書の整理をお考えの皆様、
神保町の@ワンダーにぜひ一度ご相談ください。


東京創元社・早川書房他、各社から刊行された翻訳ミステリ
新青年/宝石/幻影城/江戸川乱歩賞作家らによる昭和の推理/探偵小説
評論その他関連書籍ジュヴナイル
文庫/新書/叢書/単行本/雑誌、幅広く取り扱っております。

ハヤカワ文庫HM/ハヤカワ・ミステリ文庫、創元推理文庫、
昭和30年代までの国内推理/探偵小説単行本

本格ミステリ / ハードボイルド / サスペンス、
警察小説 / スパイ小説 / 冒険小説などなど、
幻の名作から定番作品まで、買い取り歓迎いたします!

その他、SF映画関連品アメコミ・海外コミック
幻想文学・ファンタジー怪奇小説・ホラーetc、
店頭へのお持込みはもちろん、出張買入・配送査定も承ります!

買取相談フリーダイヤル 0120-154-727
メールでのご相談も承ります。 wonder@atwonder.co.jp
関連記事
スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.