神保町の古書店 @ワンダーのブログ
神田神保町の古書店、アットワンダーです。SF・ミステリ・映画関連品ほか、買取歓迎! 古書探求をお楽しみの後は、2階に併設のブックカフェ二十世紀で珈琲をどうぞ。
20170712345678910111213141516171819202122232425262728293031201709
2015/08/05(水) 13:18:00 | カテゴリ:文学
こんにちは。2階文学コーナーより入荷情報をおとどけします。
IMG_20150805_111211.jpg

バリー・コリンズ『審判』が入荷いたしました。
第二次世界大戦末期、ドイツ人たちによって地下室に閉じ込められ、
置き去りにされたロシア人将校の捕虜数名のうち、
辛くも生き残りはしたが、発見時には発狂していた二名を、
赤軍は人間らしい食事を与えた後に射殺した(かつての上官の、あさましいなれの果てを、
兵士たちに見せないため)という実話を基に描かれた作品です。
バリー・コリンズの『審判』では「生存者のうちの一人がもし正気だったら」
という仮定で作品が描かれています。
全編一人称のモノローグ・ドラマで、判事たちに対する証言として、地下室での60日間が語られます。
水も食料もない極限状態の中で生き残った男の独白は頁をめくるたびに凄絶さを増していきます。
厳しい暑さが続くこの時期に、背筋の寒くなるような読書体験で涼をとるのはいかがでしょうか。

莫言『酒国 特捜検事丁鈎児の冒険』が入荷いたしました。
莫言は中国籍の作家としては初めてノーベル文学賞を受賞した、中国の文壇を代表する作家です。
ノーベル文学賞の選考委員会を兼ねるスウェーデン・アカデミーは、莫言の作風を
「幻覚的なリアリズムによって民話、歴史、現代を融合させた」と称しています。
ガルシア=マルケスウィリアム・フォークナーの影響が色濃く、また、
露骨な描写が多いため、『豊乳肥臀』は中国国内で一時発売禁止となりました。
『酒国』においても莫言特有の作風は発揮されており、
基軸となる物語(特捜検事丁鈎児が幼児の人肉料理を食していると噂のマフィアまがいの人物を追う)に
登場人物である「酒国」を執筆中の作家”莫言”にあてられた手紙や、その手紙に書かれている短編小説
など、いくつもの物語と要素が重なりあい、作品は迷宮化していきます。
中国の現代美術画家、方力均のカバー装画も作品と相俟っていい味を出しています。
暑さも吹き飛ぶ幻覚とグロテスクの一冊をこの機会に是非。

その他ジャック・ロンドン『鉄の踵』アラン・シリトー『ニヒロンへの旅』などが入荷しております。
@ワンダー2階文学コーナーにて取り扱っております。神保町へお越しの際は是非お立ち寄りください。



【文学関連書籍買取いたします!】
▽海外文学作品
▽国内文学作品
▽文学評論関連

歓迎いたします!
店頭へのお持込みはもちろん、出張買入配送査定もご相談承ります!
お気軽にご相談ください。

関連記事
スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.