神保町の古書店 @ワンダーのブログ
神田神保町の古書店、アットワンダーです。SF・ミステリ・映画関連品ほか、買取歓迎! 古書探求をお楽しみの後は、2階に併設のブックカフェ二十世紀で珈琲をどうぞ。
20170712345678910111213141516171819202122232425262728293031201709
こんにちは、推理・SF担当のスタッフFです。本日はミステリコーナーからお知らせいたします。
このところミステリ・SFともに児童向け作品の入荷が相次いでおります。ありがとうございます。
子どもたちに謎と論理、空想科学の愉しみを伝える素敵な本の数々。
こちらでご紹介したいものがまだまだございます。お楽しみに!

さて、本日はその中から江戸川乱歩の作品を。
昭和45年に発行された講談社 少年版江戸川乱歩選集が入荷しております!
以前にもこちらでお知らせをいたしましたが、今回は全6冊揃です。
『蜘蛛男』 『一寸法師』 『幽鬼の塔』
『人間豹』 『三角館の恐怖』 『幽霊塔』

(すべて重刷、作品編集:中島河太郎)、どうぞごらんください!

IMG_20150722_175847.jpg

おとなむけのやつよりこわい! でおなじみ、生頼範義による函イラストが衝撃的なシリーズ。
70年代の子どもたちを震え上がらせ、少なくない数の少年少女がよるの夢へ連れ去られたことが想像されます。
惜しくも函にイタミが目立ちますが、画像クリックで大きなサイズをごらんいただけます。お涼みください。

本文は中島河太郎、山村正夫、氷川瓏によるリライトであることが扉ページに明記されています。
中島河太郎が『蜘蛛男』『幽霊塔』山村正夫が『人間豹』『幽鬼の塔』
氷川瓏が『三角館の恐怖』『一寸法師』をそれぞれ担当。

全巻の装丁は、数多くの月刊誌、週刊誌、漫画雑誌のデザインに携わり、
この後、仮面ライダーの変身ベルトなど大ヒットおもちゃのパッケージを手がける水野石文によるもの。
生頼範義の口絵にふたたび怯えながら頁をめくると、本文には6人の画家による挿絵が。
藤本蒼(『蜘蛛男』)、佐々木豊(『一寸法師』)、坂口武之(『幽鬼の塔』)、
稲垣三郎(『人間豹』)、篠崎春夫(『三角館の恐怖』)、長谷川昌(『幽霊塔』)、

それぞれに異なるタッチで、妖しく怪しい乱歩世界を描き出しています。

豪華なつくりのシリーズ、6冊セットで1階靖国通り側レジ後方に陳列しました。
ミステリ探求は、神保町の@ワンダーで!



ミステリ・推理小説、買います! 詳しくはこちら

蔵書の整理をお考えの皆様、
神保町の@ワンダーにぜひ一度ご相談ください。


東京創元社・早川書房他、各社から刊行された翻訳ミステリ
新青年/宝石/幻影城/江戸川乱歩賞作家らによる昭和の推理/探偵小説
評論その他関連書籍ジュヴナイル
文庫/新書/叢書/単行本/雑誌、幅広く取り扱っております。

ハヤカワ文庫HM/ハヤカワ・ミステリ文庫、創元推理文庫、
昭和30年代までの国内推理/探偵小説単行本

本格ミステリ / ハードボイルド / サスペンス、
警察小説 / スパイ小説 / 冒険小説などなど、
幻の名作から定番作品まで、買い取り歓迎いたします!

その他、SF映画関連品アメコミ・海外コミック
幻想文学・ファンタジー怪奇小説・ホラーetc、
店頭へのお持込みはもちろん、出張買入・配送査定も承ります!

買取相談フリーダイヤル 0120-154-727
メールでのご相談も承ります。 wonder@atwonder.co.jp
関連記事
スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.