神保町の古書店 @ワンダーのブログ
神田神保町の古書店、アットワンダーです。SF・ミステリ・映画関連品ほか、買取歓迎! 古書探求をお楽しみの後は、2階に併設のブックカフェ二十世紀で珈琲をどうぞ。
201705123456789101112131415161718192021222324252627282930201707
2015/07/22(水) 12:38:38 | カテゴリ:文学
こんにちは。2階文学コーナーから新着情報をおしらせいたします。

SF的な想像力から成る未来小説などで、日本でも活気付きつつある
現代ロシア文学ですが、ロシアでも最も人気の高い小説家の一人とも言われる
ヴィクトル・ペレーヴィンの作品が入荷いたしました。
IMG_20150722_104118.jpg
今回入荷したのは『オモン・ラー』『寝台特急 黄色い矢』『眠れ』の三作品。
『寝台特急 黄色い矢』と『眠れ』はペレーヴィンの処女作品でもある短篇集
『青い火影』の中から、邦訳にあたって選られた作品集です。
『青い火影』は1991年ロシアで発表され、発売から数日で数十万部が売り切れる
ほどの人気を博したそうで、そういった故からか、ペレーヴィンは「ロシアの村上春樹」とも呼ばれています。
その作品は、自我の目覚めを経験して苦悩する倉庫や、
コンピューターゲームの世界と一体化した中央官庁に働く職員など、
モチーフが突飛で読む人を選ぶようにも思えますが、そこから引き出される深い哲学の世界や、
作品世界へとぐいぐい引き込んでゆくような巧妙な構成が多くの読者を虜にし、
その評価はロシア国内に留まらず、各国で高く評価されています。
同じくロシアの作家であるウラジーミル・ソローキンやボリス・アクーニンなど
日本での評価が高まる現代ロシア文学の世界への入門として
ヴィクトル・ペレーヴィンの作品をこの機会に是非!

その他、こちらも同じくロシアの作家
シギズムンド・クルジジャノフスキイの『瞳孔の中』や
サキの『クローヴィス物語』など近刊書籍が入荷しております。
IMG_20150722_104214.jpg

シギズムンド・クルジジャノフスキイは生前200を越える作品
(小説やエッセーにとどまらず映画シナリオなど)を残しながらも
まとまったかたちで発表されることはついにありませんでした。
しかし近年になって「発見」され、5巻から成る著作集が刊行されました。
各国への翻訳もすすみ、本国でも邦訳刊行がはじまったばかりの作家です。
今回入荷したのは2012年に発刊された短編集『瞳孔の中』
短編集に納められた全5作品は、恋人の瞳孔の中に住む小人との奇妙やりとりや(『瞳孔の中』)
部屋の内壁に染み込ませると空間が広がる薬など(『クヴァドラトゥリン』)
どれも奇想的な物語ばかりです。
ちなみに2013年に刊行された『未来の回想』はタイムトラベルSFだそう。
これからの翻訳刊行が期待される作家を、この機会に予習してみてはいかがでしょうか。

さらに近刊書籍のサキ『クローヴィス物語』が入荷しております。
言わずと知れた短編の名手であるサキの初完訳の代表的作品集です。
序文はA・A・ミルン、挿絵はエドワード・ゴーリーと魅力的な1冊となっています。

さらに文学評論関連では、19世紀のイギリス小説36編にあらたな読み方を与えてくれる
ジョン・サザーランド『ヒースクリフは殺人犯か?』や、シェイクスピアの
正体に迫る『シェイクスピアはどこにいる?』などが入荷いたしました。
IMG_20150722_104238.jpg

今回ご紹介した書籍は全て2階文学コーナーにて取り扱っております。
神保町へお越しの際はぜひお立ち寄りください!


【文学関連書籍買取いたします!】
▽海外文学作品▽シュールレアリスム関連書籍
▽国内文学作品▽文学評論関連

歓迎いたします!
店頭へのお持込みはもちろん、出張買入配送査定もご相談承ります!
お気軽にご相談ください。
関連記事
スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.