神保町の古書店 @ワンダーのブログ
神田神保町の古書店、アットワンダーです。SF・ミステリ・映画関連品ほか、買取歓迎! 古書探求をお楽しみの後は、2階に併設のブックカフェ二十世紀で珈琲をどうぞ。
20170712345678910111213141516171819202122232425262728293031201709
こんにちは、推理・SF担当のスタッフFです。
本日はミステリコーナーからお知らせいたします。
シャーロック・ホームズ譚を現代に翻案し、日本でも大人気のBBCドラマ『SHERLOCK』。
いまや世界的大スターとなったベネディクト・カンバーバッチは本日がお誕生日だそうですね。
本国で今冬放映されるクリスマススペシャルのトレイラーが公開され、話題になっています。
今回はヴィクトリア朝のロンドンを舞台に、設定もより正典に寄せた番外編となるそうです!



さて、日本における翻案ホームズの代表的シリーズ、
山中峯太郎《名探偵ホームズ》
ポプラ社文庫全10冊がまとめて入荷しました! ごらんください。

IMG_20150718_120920.jpg

『深夜の謎』 『怪盗の宝』 『スパイ王者』 『火の地獄船』
『踊る人形』 『鍵と地下鉄』 『夜光怪獣』
『銀星号事件』 『謎の手品師』 『恐怖の谷』
(ポプラ社文庫21~30、すべて1976年初版)


『敵中横断三百里』『亜細亜の曙』などの冒険小説・少年小説でよく知られる
山中峯太郎による翻案シャーロック・ホームズ譚。
ポプラ社から何度か刊行されているこのシリーズ、学校の図書室でお読みになった方も多いのではないでしょうか。
お馴染みの作品もちらほらと見えますが、やはり目をひくのは見慣れない題名の数々。
『緋色の研究』→『深夜の謎』『四つの署名』→『怪盗の宝』といったぐあいに改題されています。
とりわけパンチの効いた『スパイ王者』『火の地獄船』『夜光怪獣』は、
それぞれ「海軍条約文書事件」「グロリア・スコット号」「バスカヴィル家の犬」です。

題名のみならず内容にも大胆なアレンジがくわえられており、怪作といわれることもある山中版ホームズ。
各社から児童向けの翻訳・完訳が登場するなか、いつしか市場から姿を消してしまい、
少年向けミステリの古典、江戸川乱歩の少年探偵シリーズや
翻案ミステリもうひとつの横綱、南洋一郎の怪盗ルパンシリーズが
近年ポプラ文庫クラシックから復刻されていますが、これだけが日の目を見ていません。

全10冊セットで、新着商品コーナーに陳列しております。
ミステリ探求は、神保町の@ワンダーで!



ミステリ・推理小説、買います! 詳しくはこちら

蔵書の整理をお考えの皆様、
神保町の@ワンダーにぜひ一度ご相談ください。


東京創元社・早川書房他、各社から刊行された翻訳ミステリ
新青年/宝石/幻影城/江戸川乱歩賞作家らによる昭和の推理/探偵小説
評論その他関連書籍ジュヴナイル
文庫/新書/叢書/単行本/雑誌、幅広く取り扱っております。

ハヤカワ文庫HM/ハヤカワ・ミステリ文庫、創元推理文庫、
昭和30年代までの国内推理/探偵小説単行本

本格ミステリ / ハードボイルド / サスペンス、
警察小説 / スパイ小説 / 冒険小説などなど、
幻の名作から定番作品まで、買い取り歓迎いたします!

その他、SF映画関連品アメコミ・海外コミック
幻想文学・ファンタジー怪奇小説・ホラーetc、
店頭へのお持込みはもちろん、出張買入・配送査定も承ります!

買取相談フリーダイヤル 0120-154-727
メールでのご相談も承ります。 wonder@atwonder.co.jp
関連記事
スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.