FC2ブログ

【海外コミック】 夢にも思わぬ共演! 企業間クロスオーバーの世界

こんにちは、推理・SF担当のスタッフFです。
海外コミックコーナーからのお知らせです。
毎夏、カリフォルニア州サンディエゴで開催されている《コミコン・インターナショナル》
コミック・映画・ゲームetc、エンターテインメントの大規模なコンベンション。
販売会や、映画やドラマ出演者・製作者の登壇、予告編の先行公開などなど、
盛りだくさんの4日間、今年も世界中からファンが集い、大盛況だったようです。
コミック方面でも、各社から注目の新作情報がリリースされ、
バットマンミュータント・タートルズが出版社を超えて共演する
『Batman/Teenage Mutant Ninja Turtles』や、
60年代のドラマ版バットマンを元にしたコミック『Batman '66』
英国の60年代テレビドラマ『おしゃれ(秘)探偵』(ちなみに原題はThe Avengers)の
クロスオーバーコミックなど、イベント性の高い作品が話題を集めています。

主役級のヒーローたちの共演は、出版社がキャラクターの権利を持つコミックならではの魅力ですが、
ときに企業、果ては現実/フィクションの枠すら超えて、予想もしない作品が登場します。
こちらでも、これまで『スーパーマン対モハメド・アリ』『JLA / AVENGERS』などをご紹介いたしましたが、
(※後者は現在在庫なしです)
新たにいくつかおもしろいものが入ってきました。ごらんください。

IMG_20150713_141318.jpg
『Batman vs. Predator』全3号(1991年)
 脚本:Dave Gibbons 作画:Andy Kubert
『Superman / Aliens』TPB(1996年)
 脚本・作画:Dan Jurgens

作品を超えたドリームマッチといえば、『エイリアンVSプレデター』を思い浮かべる方も多いのでは。
映画版が有名な作品ですが、実は元々コミックからスタートしたシリーズ。
両者の出版権を有するダークホースコミックスが1989年に発行した作品に端を発し、
いまではすっかり日本でもお馴染みのブッキングとなりました。
『エイリアンVSプレデターVSターミネーター』、『地底世界のターザンVSプレデター』など、
タイトルを聞くだに血沸き肉躍るクロスオーバーも存在。
上記2作はダークホースとDCコミックスの企業間クロスオーバーとして企画されたもので、
この他にも『スーパーマン&バットマンVSエイリアン&プレデター』
『ジャスティス・リーグVSプレデター』と、果てなき戦いが繰り広げられています。


IMG_20150713_141649.jpg
『Batman / Punisher』(DC Comics、1994年)
 脚本:Dennis O'Neil 作画:Barry Kitson
『Punisher / Batman』(Marvel Comics、1994年)
 脚本:Chuck Dixon 作画:John Romita Jr.
『バットマン / パニッシャー』(小学館プロダクション、1995年)
 上記2冊の日本語版合本 訳:石川裕人

DCコミックスの闇の騎士バットマンと、マーベルコミックスの私刑執行人パニッシャー
両社を代表するクライムファイターが顔を揃えるクロスオーバー作品です。
が、1作目『Batman / Punisher』では、バットマンことブルース・ウェイン重傷を負い不在
アズラエル / ジャン・ポール・ヴァレーという人物が代わりを務め、
宿敵ジグソーを追ってゴッサムシティに訪れたパニッシャー / フランク・キャッスルと激突!
2作目『Punisher / Batman』ではブルースが復帰しており、
本家バットマンとパニッシャーの顔合わせがついに実現!
ふたたびゴッサムを舞台に、ジグソー、さらにジョーカーも介入する死闘が描かれます。

本作における夢の顔合わせは紙面上のみにとどまりません。
『Punisher / Batman』の作画を手がけたジョン・ロミータ・Jr.は、
70年代末のデビュー以来現在まで第一線で活躍、そのキャリアのほぼ全てをマーベルで積み上げ、
スパイダーマン、アイアンマン、X-MEN、デアデビル、マイティ・ソー、ハルク、ウルヴァリン、
アベンジャーズ、キャプテン・アメリカと、主力タイトルのすべてに参加経験を持つ人気アーティスト。
映画がスマッシュヒットした『キック・アス』でも作画を担当しています。
昨年からDCコミックスで『SUPERMAN』に携わり、ファンに衝撃を与えましたが、
彼が公式に描いたバットマン(そしてロビンやジョーカー)、まだそう多くはないかと存じます。
原書2冊セット日本語版は単巻で棚に並べております。

神保町の@ワンダーから、海外コミックの世界へお出かけください!



アメコミ/海外コミック、買います!
詳しくはこちらをごらんください。

原書(リーフ、TPB、HC)日本語版、どちらも買取歓迎!
店頭へのお持ち込みの他、配送査定のご相談も承ります。
まずはメールで、お気軽にお問合せください。
wonder@atwonder.co.jp
関連記事
スポンサーサイト



当店のご案内

アットワンダー

Author:アットワンダー
古書買取いたします!

お持込みはもちろん、
出張買入、宅配査定もいたします。
くわしくは↓こちらをごらんください。
古書の買取について

まずはメールお電話で、
 お気軽にお問合せください!
メール
wonder@atwonder.co.jp
出張買取ご相談フリーダイヤル
0120-154-727

-------
神保町の古書店 @ワンダー
アクセス
 〒101-0051
 東京都千代田区神田神保町
 2-5-4 開拓社ビル1・2階

 神保町駅A1出口、右手30秒!
営業時間
 月~土 11:00~19:00
 日・祝 11:00~18:00
 年中無休(年末年始を除く)
TEL/FAX
 03-3238-7415
メール
 wonder@atwonder.co.jp

東京都公安委員会許可
第304370405229号
書籍商 アットワンダー

--------
2階 ブックカフェ二十世紀
営業時間
 @ワンダーに同じ
座席数
 約30席、分煙
TEL/FAX
 03-5213-4853
メール
 jimbo20seiki@gmail.com

メールマガジン 二十世紀通信

メルマガ購読・解除
 
2階で営業中の《ブックカフェ二十世紀》のイベント開催情報をお知らせいたします。
ご購読手続は、上記空欄にメールアドレスを記入、送信ボタンをクリックするだけ! ぜひご登録ください。

月別アーカイブ

counter

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム