神保町の古書店 @ワンダーのブログ
神田神保町の古書店、アットワンダーです。SF・ミステリ・映画関連品ほか、買取歓迎! 古書探求をお楽しみの後は、2階に併設のブックカフェ二十世紀で珈琲をどうぞ。
201705123456789101112131415161718192021222324252627282930201707
こんにちは、推理・SF担当のスタッフFです。
SFコーナーからのお知らせです。
またまたSFジュヴナイル、本日は偕成社《SF名作シリーズ》より、
エドガー・ライス・バローズ《火星シリーズ》をご紹介いたします!

IMG_20150712_113921.jpg

SF名作シリーズ11『火星の合成人間』(訳:内田庶 昭和44年発行)
SF名作シリーズ15『火星のプリンセス』(訳:野田開作 昭和44年発行)
スペースオペラの決定版、火星シリーズ全11作の中から2作がピックアップ。
武部本一郎のイラストも添えられています。
(『合成人間』は色絵のみの担当)

さて、左側の『火星の合成人間』についてご注意いただきたい点がございます。

火星に出現した身の丈40mの巨人ジョーグ、それをあやつる合成人間ピュー=モーゲル。
ヘリウム王国の王女デジャー=ソリスをさらい、火星全土の征服を目論む悪漢の登場に、
火星大元帥ジョン=カーターの新たな戦いが幕を開ける。
……という話なのですが、つまりこちら、『火星の合成人間』と冠されていますが、
創元推理文庫SFマークに収められた同タイトルの第9巻ではなく、
第11巻『火星の巨人ジョーグ』に収録されている表題中編の児童向け版。
何故だかややこしいことになっています。

実は本作、そもそもの成り立ちにも、ちょっとしたいきさつがございます。
中編「火星の巨人ジョーグ」は、もともとターザンの児童向け版を発行していた
Whitman PublishingBetter Little Booksの一冊として、
1940年、『JOHN CARTER OF MARS』の題名で発行されたもの。
すべての見開きに挿絵を添えるBetter Little Booksの規格に従い、15,000語の長さで書かれましたが、
翌年、20,000語バージョン「John Carter and the Giant of Mars」
〈アメージング・ストーリーズ〉誌に掲載されています。

しかし、当初からそれまでのシリーズと筆致・語法が異なる点が指摘されており、
1964年、Better Little Books版にイラストを添えたバローズの息子
ジョン・コールマン・バローズが、本文も代作していたことが
リチャード・A・ルポフの調べで明らかになりました。
(20,000語版にはバローズの筆が入っているともいわれています。)

という、変わった事情が重なった1冊。
『プリンセス』ともども、靖国通り側レジ後方に陳列しております。
SF散歩は、神保町の@ワンダーで!



SF、買います! 詳しくはこちらから!

蔵書の整理をお考えの皆様、
神保町の@ワンダーへぜひ一度お問合せください。


早川書房・東京創元社他、
各社から刊行された国内/海外SF作品全般
評論その他関連書籍ジュヴナイル
文庫/新書/叢書/単行本/雑誌、幅広く取り扱っております。

ハヤカワ文庫SF創元SF文庫サンリオSF文庫
スペースオペラ/ハードSF/ニューウェーブ、
ミリタリーSF/ユーモアSF/サイバーパンク/スチームパンクetc、
幻の名作から定番作品まで買い取り歓迎いたします!


その他、ミステリ・推理小説映画関連品アメコミ・海外コミック
幻想文学・ファンタジー怪奇小説・ホラーなどなど、
店頭へのお持込みはもちろん、出張買入・配送査定もご相談承ります!

買取相談フリーダイヤル 0120-154-727
メールでのご相談も承ります。 wonder@atwonder.co.jp
関連記事
スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.