神保町の古書店 @ワンダーのブログ
神田神保町の古書店、アットワンダーです。SF・ミステリ・映画関連品ほか、買取歓迎! 古書探求をお楽しみの後は、2階に併設のブックカフェ二十世紀で珈琲をどうぞ。
20170712345678910111213141516171819202122232425262728293031201709
こんにちは、推理・SF担当のスタッフFです。
本日は国内ミステリコーナーからのお知らせ、
先日に引き続き、横溝正史作品をご紹介いたします。

昭和後半期横溝正史ブーム
ミステリファンの枠を超えて、多くの人が横溝世界に触れる機会を得ました。
映画ドラマが多数製作されたのは昭和50年代ですが、
それに先駆け、昭和46年から角川文庫版の刊行が始まり、
戦後の代表作を手始めに、作品が次々と収められました。
『そうそう、横溝はこれで読んだよ』という方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。
当時、作家活動が長らくストップ状態にあった横溝は、
角川文庫の大ヒット、新しい読者の大きな支持を受け再起、
昭和49年、中絶していた長編『仮面舞踏会』を完成させ、
現役作家として復活を果たします。

角川文庫横溝作品といえば、黒い背表紙緑色の題字(人形佐七は赤、ジュヴナイルは黄)、
多くの表紙を妖しく怪しく彩った杉本一文の美しい装画があまりにも印象的ですが、
『八つ墓村』『悪魔の手毬唄』『獄門島』『悪魔が来りて笛を吹く』
刊行開始直後の4冊は、当初白い背表紙で刊行されており、
『八つ墓村』初版のみ、杉本一文ではなく河野通泰がカバーを手がけています。

IMG_20150518_164517.jpg

思わず土下座しそうになる恐ろしさ!
というわけで、横溝正史『八つ墓村』(角川文庫、昭和46年初版)、久々に入荷しました。
1階ガラスケース内に陳列しております。

もちろんこの他にも角川文庫横溝作品、多数取り扱っております。
異装版がいくつも存在する作品も、各種取り揃えています。
お探しのイラストカバーが見つかるかもしれません。
横溝正史文庫棚、ぜひごらんください!

ミステリ探求は、神保町の@ワンダーで!



ミステリ・推理小説、買います! 詳しくはこちら

蔵書の整理をお考えの皆様、
神保町の@ワンダーにぜひ一度ご相談ください。


東京創元社・早川書房他、各社から刊行された翻訳ミステリ
新青年/宝石/幻影城/江戸川乱歩賞作家らによる昭和の推理/探偵小説
評論その他関連書籍ジュヴナイル
文庫/新書/叢書/単行本/雑誌、幅広く取り扱っております。

ハヤカワ文庫HM/ハヤカワ・ミステリ文庫、創元推理文庫、
昭和30年代までの国内推理/探偵小説単行本

本格ミステリ / ハードボイルド / サスペンス、
警察小説 / スパイ小説 / 冒険小説などなど、
幻の名作から定番作品まで、買い取り歓迎いたします!

その他、SF映画関連品アメコミ・海外コミック
幻想文学・ファンタジー怪奇小説・ホラーetc、
店頭へのお持込みはもちろん、出張買入・配送査定も承ります!

買取相談フリーダイヤル 0120-154-727
メールでのご相談も承ります。 wonder@atwonder.co.jp
関連記事
スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.