神保町の古書店 @ワンダーのブログ
神田神保町の古書店、アットワンダーです。SF・ミステリ・映画関連品ほか、買取歓迎! 古書探求をお楽しみの後は、2階に併設のブックカフェ二十世紀で珈琲をどうぞ。
20170712345678910111213141516171819202122232425262728293031201709
こんにちは、推理・SF担当のスタッフFです。
本日も海外ミステリコーナーからのお知らせです。
またまた007関連書が入荷しました。
先日はポケミス版007セットをご紹介いたしましたが、
今回はイアン・フレミングが残した全作品創元推理文庫&ハヤカワ文庫HM版
さらにその後を引き継いだ作家の作品まで含めた、40冊セットです!

PicsArt_1429521362431.jpg

映画『007』シリーズは役者を変えながら現在も続いていますが、
原作たる小説版も、イアン・フレミングがこの世を去った後、幾人かの作家が後を引き継いでいます。
フレミング未亡人の許可を得たロバート・マーカム(キングズリー・エイミス)『孫大佐』
クリストファー・ウッドのノベライズ『007とムーンレイカー』『新・私を愛したスパイ』に、
ジョン・ピアースンによるボンド本人へのインタビュー『ジェイムズ・ボンド伝』
フレミング財団指名の後継者ジョン・ガードナーレイモンド・ベンスンの各作品。
セバスチャン・フォークス『デヴィル・メイ・ケア(猿の手を持つ悪魔)』
そしてジェフリー・ディーヴァー『白紙委任状』の二作は、
やはりフレミング財団の依頼で一作ずつ発表したもの。
ベンスンの短篇「ライヴ・アット・ファイヴ」訳載の
ハヤカワミステリマガジン2000年11月号も合わせ、
いわゆる“公認”作品のうち、日本語化されているものは網羅しています!

また、ブルガリアの人気作家アンドレイ・グリャシキ
『007は三度死ぬ』(創元推理文庫)もセットに含めています。
自身の《ザーホフ・シリーズ》に007を登場させたパロディ作品。
(ちなみに原書では「07」表記。アルセーヌ・ルパンシリーズの「ホームズ→ショルメス」的な処置でしょうか)
これを含めると、“フ*ミ*グ「007/アリゲーター」は? 東郷隆《定吉七番》は?”ということにもなってきますが……。

JointPics_20150420_133923.jpg

というわけで活字のジェイムズ・ボンド全集、ぜひお楽しみください。

なお、英語圏では、この後も007小説が発表されています。
ディーヴァー『白紙委任状』に続き、2013年にウィリアム・ボイドが『Solo』を発表、
また、《女王陛下の少年スパイ アレックス・ライダーシリーズ》のアンソニー・ホロヴィッツが、
生前のフレミングが007テレビシリーズ用に残した原案を元に長編を執筆中、
こちらは今年の秋ごろにリリースされるそうです。

ミステリ探求は、神保町の@ワンダーで!



ミステリ・推理小説、買います! 詳しくはこちら

蔵書の整理をお考えの皆様、
神保町の@ワンダーにぜひ一度ご相談ください。


東京創元社・早川書房他、各社から刊行された翻訳ミステリ
新青年/宝石/幻影城/江戸川乱歩賞作家らによる昭和の推理/探偵小説
評論その他関連書籍ジュヴナイル
文庫/新書/叢書/単行本/雑誌、幅広く取り扱っております。

ハヤカワ文庫HM/ハヤカワ・ミステリ文庫、創元推理文庫、
昭和30年代までの国内推理/探偵小説単行本

本格ミステリ / ハードボイルド / サスペンス、
警察小説 / スパイ小説 / 冒険小説などなど、
幻の名作から定番作品まで、買い取り歓迎いたします!

その他、SF映画関連品アメコミ・海外コミック
幻想文学・ファンタジー怪奇小説・ホラーetc、
店頭へのお持込みはもちろん、出張買入・配送査定も承ります!

買取相談フリーダイヤル 0120-154-727
メールでのご相談も承ります。 wonder@atwonder.co.jp
関連記事
スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.