神保町の古書店 @ワンダーのブログ
神田神保町の古書店、アットワンダーです。SF・ミステリ・映画関連品ほか、買取歓迎! 古書探求をお楽しみの後は、2階に併設のブックカフェ二十世紀で珈琲をどうぞ。
20170912345678910111213141516171819202122232425262728293031201711
こんにちは、推理・SF担当のスタッフFです。
本日は海外ミステリ棚からのお知らせです。
希少な創元推理文庫がいくつか入荷しましたのでご紹介いたします!

まずはエラリー・クイーン『ローマ帽子の謎』

IMG_20150404_150643.jpg

言わずと知れた国名シリーズ第1弾。フレデリック・ダネイマンフレッド・リーが結託し、
読者への挑戦とともに名探偵エラリー・クイーンを世に送り出した、記念すべきデビュー作です。
近年では角川文庫版、創元からは新訳版が出ており、
この井上勇による旧訳版も、入手自体は今でも容易なのですが、こちらは1960年初版
真鍋博装画の黒いカバーも、ちょっと見慣れない感じがありませんか。
ですが、それだけではございません。カバーを脱がしてみましょう。

IMG_20150404_150911.jpg

このとおり、カバーの下から白帯とパラフィンカバーが顔を出す仕様なのです!
1959年の創刊当初は、この白帯パラフィン装で刊行されていた創元推理文庫。
その後1961年の秋ごろには完全にカバー装に移行するのですが、
60年から61年にかけて、パラフィン装とカバー装の2種類の初版が出たものや、
このように重ね着コーデでおしゃれに市場に出てきたものがいくつかあります。
創元推理文庫コーナーでは、この他にも厚着本を取り扱っております。
パックしていますが、中もごらんいただけますので、お気軽にお申しつけください。

お次はクレイトン・ロースン『首のない女』(1962年初版)

IMG_20150404_151432.jpg

〈ファンタジー&サイエンス・フィクション〉誌の副編集長を務め、奇術師としても活動したロースン。
こちらは『帽子から飛び出した死』「天外消失」で活躍した奇術師探偵、
グレート・マーリニが登場する一作で、大サーカスを舞台にした殺人劇が描かれます。
つとに知られるのは、窮地に追い込まれたマーリニが繰り出す密室脱出トリック。
ガラスケース内に陳列しております。脱獄手引きの際はスタッフまで!

最後にヘレン・マクロイ『幽霊の2/3』

IMG_20150316_150747.jpg

パーティの余興として行われたクイズゲーム「幽霊の2/3」の最中に起こった
人気作家エイモス・コットルの毒殺事件と、その顛末。
精神科医ベイジル・ウィリング博士シリーズの一作、
1962年に発行されたきり、長らく幻の作品となっていましたが、
1998年に訳出された『ひとりで歩く女』以降マクロイの再評価が進み、
2009年にめでたく新訳版が刊行。その後も他作品の再紹介・初訳が進んでいます。
シンプルながら初期創元推理文庫の中でもとりわけ強いインパクトを持つカバーデザインの旧版、
こちらもガラスケースに陳列しております。ぜひごらんください。

ミステリ探求は、神保町の@ワンダーで!



ミステリ・推理小説、買います! 詳しくはこちら

蔵書の整理をお考えの皆様、
神保町の@ワンダーにぜひ一度ご相談ください。


東京創元社・早川書房他、各社から刊行された翻訳ミステリ
新青年/宝石/幻影城/江戸川乱歩賞作家らによる昭和の推理/探偵小説
評論その他関連書籍ジュヴナイル
文庫/新書/叢書/単行本/雑誌、幅広く取り扱っております。

ハヤカワ文庫HM/ハヤカワ・ミステリ文庫、創元推理文庫、
昭和30年代までの国内推理/探偵小説単行本

本格ミステリ / ハードボイルド / サスペンス、
警察小説 / スパイ小説 / 冒険小説などなど、
幻の名作から定番作品まで、買い取り歓迎いたします!

その他、SF映画関連品アメコミ・海外コミック
幻想文学・ファンタジー怪奇小説・ホラーetc、
店頭へのお持込みはもちろん、出張買入・配送査定も承ります!

買取相談フリーダイヤル 0120-154-727
メールでのご相談も承ります。 wonder@atwonder.co.jp
関連記事
スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.