神保町の古書店 @ワンダーのブログ
神田神保町の古書店、アットワンダーです。SF・ミステリ・映画関連品ほか、買取歓迎! 古書探求をお楽しみの後は、2階に併設のブックカフェ二十世紀で珈琲をどうぞ。
201705123456789101112131415161718192021222324252627282930201707
こんにちは、推理・SF担当のスタッフFです。
本日は国内ミステリコーナーからのお知らせです。

日下三蔵編《ミステリ珍本全集》(戎光祥出版第2期がいよいよ刊行スタート、
第1弾となる第7回配本大河内常平『九十九本の妖刀』が入荷しました!

PicsArt_1426834816944.jpg

各社より、昭和20年代デビューの探偵作家の再紹介が近年進められてきましたが、
その中にあって、主要作品が復刊されていなかった最後の大物が大河内常平。
専門書『趣味の日本刀』『日本の名刀』を著す(柴田光男との共著)など
刀剣研究家・鑑定家としても知られており、今回の珍本全集は
大河内の刀剣を題材にしたミステリ作品の集大成となっています。
長篇『九十九本の妖刀』『餓鬼の館』
『九十九本』初刊本に併録されていた短篇「安房国住広正」
さらにこれまで単行本に未収録の短篇を七本収めた充実の一冊、
3,200円+税で販売中です!

そして合わせてご紹介したいのがこちら、
大河内常平『九十九本の妖刀』(昭和34年、講談社)
上記作品の初刊本です。

110_201503201340472e0.jpg

昭和33年から34年にかけて世文社〈探偵実話〉誌に連載された
怪奇ミステリ長篇『妖かしの刀』改題
新東宝映画の怪作、デビュー間もない菅原文太主演のカルトムービー
『九十九本目の生娘』(昭和34年)の原作でもあります。
この他、『25時の妖精』『黒い奇蹟』といった大河内常平作品、
1階ガラスケース内に陳列しております。
お手にとってごらんいただけますので、スタッフまでお気軽にお申しつけください。

ミステリ珍本全集既刊第1期6点もバッチリ補充いたしました。
お買い逃しの方、この機会にぜひ合わせてお求めください!

JointPics_20141219_131254_20150320134049a41.jpg

ミステリ探求は、神保町の@ワンダーで!



ミステリ・推理小説、買います! 詳しくはこちら

蔵書の整理をお考えの皆様、
神保町の@ワンダーにぜひ一度ご相談ください。


東京創元社・早川書房他、各社から刊行された翻訳ミステリ
新青年/宝石/幻影城/江戸川乱歩賞作家らによる昭和の推理/探偵小説
評論その他関連書籍ジュヴナイル
文庫/新書/叢書/単行本/雑誌、幅広く取り扱っております。

ハヤカワ文庫HM/ハヤカワ・ミステリ文庫、創元推理文庫、
昭和30年代までの国内推理/探偵小説単行本

本格ミステリ / ハードボイルド / サスペンス、
警察小説 / スパイ小説 / 冒険小説などなど、
幻の名作から定番作品まで、買い取り歓迎いたします!

その他、SF映画関連品アメコミ・海外コミック
幻想文学・ファンタジー怪奇小説・ホラーetc、
店頭へのお持込みはもちろん、出張買入・配送査定も承ります!

買取相談フリーダイヤル 0120-154-727
メールでのご相談も承ります。 wonder@atwonder.co.jp
関連記事
スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.