神保町の古書店 @ワンダーのブログ
神田神保町の古書店、アットワンダーです。SF・ミステリ・映画関連品ほか、買取歓迎! 古書探求をお楽しみの後は、2階に併設のブックカフェ二十世紀で珈琲をどうぞ。
201705123456789101112131415161718192021222324252627282930201707
こんにちは、推理・SF担当のスタッフFです。
本日は海外SFのご紹介です。

オースン・スコット・カードの代表作、エンダーシリーズ
昨年公開された待望の映画版『エンダーのゲーム』も記憶に新しいところ。
こちらは邦訳シリーズ全12冊(ハヤカワ文庫SF)です。

PicsArt_1424502851456.jpg

記念すべき第1作『エンダーのゲーム』は、
異星人の襲撃に備え設立された司令官養成機関バトル・スクールに
天才的素質を見いだされ6歳にして徴用された少年、アンドルー・“エンダー”・ウィッギンの成長を描いた、
ハインライン『宇宙の戦士』ホールドマン『終りなき戦い』と並ぶ
ミリタリーSFを代表する傑作のひとつです。
もともとAnalog Science Fiction and Fact誌に発表された短編を長編化したもので、
(カードの処女作でもある短編版は、短編集『無伴奏ソナタ』に収録されています)
グレッグ・ベア『ブラッド・ミュージック』
ブルース・スターリング『スキズマトリックス』を抑えて
1986年ネビュラ賞・ヒューゴー賞のダブルクラウンを達成。
続く『死者の代弁者』『ゼノサイド』『エンダーの子どもたち』からなる四部作は、
“Ender Quartet”と称され、シリーズの中核を担っています。

エンダーの部下ビーンを主人公に据えた『エンダーズ・シャドウ』は、
『エンダーのゲーム』を別視点から語り直した「視差」小説
シリーズは“Shadow Saga”として独立し、
『シャドウ・オブ・ヘゲモン』『シャドウ・パペッツ』と続編が書かれています。

邦訳分はここまでですが、カードは今もシリーズを執筆しています。
四部作の続編となる『Ender in Exile』や、
『Earth Unaware』に始まる前日譚三部作(アーロン・ジョンストンとの共著)などが発表されており、
“Shadow Saga”も6作目となる『Shadows Alive』が登場予定、
マーベルコミックスから刊行されていたコミックシリーズも好評を博すなど、
Enderverseは現在も拡大中!

ハヤカワ文庫SF、多数取り扱っております。
@ワンダーでSF散歩をお楽しみください!



SF、買います! 詳しくはこちらから!

蔵書の整理をお考えの皆様、
神保町の@ワンダーへぜひ一度お問合せください。


早川書房・東京創元社他、
各社から刊行された国内/海外SF作品全般
評論その他関連書籍ジュヴナイル
文庫/新書/叢書/単行本/雑誌、幅広く取り扱っております。

ハヤカワ文庫SF創元SF文庫サンリオSF文庫
スペースオペラ/ハードSF/ニューウェーブ、
ミリタリーSF/ユーモアSF/サイバーパンク/スチームパンクetc、
幻の名作から定番作品まで買い取り歓迎いたします!


その他、ミステリ・推理小説映画関連品アメコミ・海外コミック
幻想文学・ファンタジー怪奇小説・ホラーなどなど、
店頭へのお持込みはもちろん、出張買入・配送査定もご相談承ります!

買取相談フリーダイヤル 0120-154-727
メールでのご相談も承ります。 wonder@atwonder.co.jp
関連記事
スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.