神保町の古書店 @ワンダーのブログ
神田神保町の古書店、アットワンダーです。SF・ミステリ・映画関連品ほか、買取歓迎! 古書探求をお楽しみの後は、2階に併設のブックカフェ二十世紀で珈琲をどうぞ。
201705123456789101112131415161718192021222324252627282930201707
こんにちは、推理・SF担当のスタッフFです。
本日は、海外ミステリコーナーからご紹介いたします。

“レックス・スタウトを読みだしてしまった者を、
 そこから容易に引きはがせるものではない。”

   バートラム・ウースター(P・G・ウッドハウス『感謝だ、ジーヴス』より)

というわけで本日ご紹介いたしますのは、アメリカの探偵作家レックス・スタウトです。
巨漢の美食家、私立探偵ネロ・ウルフ
そして“ホームズを食ったワトソン”とも言われる愛すべき助手アーチー・グッドウィン
彼らが活躍するシリーズは、今も世界中で愛されています。
先日も論創社より中編集『黒い繭』が刊行、続刊も予定されているとのこと。

もちろん@ワンダーでも取り扱いがございます。
こちらはハヤカワ・ミステリ文庫全7作品です。

PicsArt_1420346692132.jpg

出不精のネロ・ウルフが晩餐会の主賓としてNYからウェストバージニアへ出向く『料理長が多すぎる』を筆頭に、
鮮烈なデビュー作『毒蛇』から遺作となった『ネロ・ウルフ最後の事件』まで、
全33作の長編のうち、1930年代の初期作品を中心に、傑作が文庫化されています。
この他、『黄金の蜘蛛』『我が屍を乗り越えよ』といった未文庫化ポケミス作品や、
『ネロ・ウルフ対FBI』(光文社文庫)など、ネロ・ウルフシリーズ多数ございます。

PicsArt_1420346961475.jpg

こちらは原書ペーパーバック。
中編集や未訳長篇、そして『The Nero Wolfe Cookbook』
ネロ・ウルフシリーズに登場する数々の料理のレシピをまとめた料理本です。
冒頭に引用した英国ユーモアの巨匠P・G・ウッドハウス(スタウトのよき友人でもありました)も、
『ネロ・ウルフの食習慣についての権威ある論文』とコメントを寄せています。

アットワンダーでミステリ探求をお楽しみください!



ミステリ・推理小説、買います! 詳しくはこちら

蔵書の整理をお考えの皆様、
神保町の@ワンダーにぜひ一度ご相談ください。


東京創元社・早川書房他、各社から刊行された翻訳ミステリ
新青年/宝石/幻影城/江戸川乱歩賞作家らによる昭和の推理/探偵小説
評論その他関連書籍ジュヴナイル
文庫/新書/叢書/単行本/雑誌、幅広く取り扱っております。

ハヤカワ文庫HM/ハヤカワ・ミステリ文庫、創元推理文庫、
昭和30年代までの国内推理/探偵小説単行本

本格ミステリ / ハードボイルド / サスペンス、
警察小説 / スパイ小説 / 冒険小説などなど、
幻の名作から定番作品まで、買い取り歓迎いたします!

その他、SF映画関連品アメコミ・海外コミック
幻想文学・ファンタジー怪奇小説・ホラーetc、
店頭へのお持込みはもちろん、出張買入・配送査定も承ります!

買取相談フリーダイヤル 0120-154-727
メールでのご相談も承ります。 wonder@atwonder.co.jp
関連記事
スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.