神保町の古書店 @ワンダーのブログ
神田神保町の古書店、アットワンダーです。SF・ミステリ・映画関連品ほか、買取歓迎! 古書探求をお楽しみの後は、2階に併設のブックカフェ二十世紀で珈琲をどうぞ。
201705123456789101112131415161718192021222324252627282930201707
こんにちは、推理・SF担当のスタッフFです。
本日は国内SFコーナーから、
日本SFの最長老としても知られた、今日泊亜蘭の作品をご紹介いたします。


まずはこちら、『光の塔』(昭和37年、東都ミステリー30)が入荷しております!
地球上から一斉に電気が消える“絶電現象”。
そして襲い来る脅威との戦いを描く、戦後最初の国内本格長篇SF作品です。

PicsArt_1418348886829.jpg

「宇宙塵」誌に連載していた長篇『刈り得ざる種』を東都書房の依頼で急遽仕上げたもの。
(表紙の副題に名残が見られますね)
裏表紙の著者自己紹介は、
「しかし、本人は、やがてこのジャンルが栄えると信じているところが、
Paranoischで正常でない。――要注意。」

と不敵に締められていますが、実際この翌年に星新一がSFマガジンに『夢魔の標的』の連載を開始、
その後日本SF第一世代が次々と長編作品を発表し、日本SFシーンは隆盛へむかいます。


こちらは鶴書房SFベストセラーズ『怪獣大陸』(昭和53年)
毎日新聞社の学生新聞に連載された、海洋冒険物語を意識したジュヴナイルSFです。
連載中に、ニューネッシーさわぎがあり、
「南極に恐竜のあらわれる話を書いていた私にとっては、まことにありがたい時の氏神でした」(あとがきより)
というエピソードも。

PicsArt_1418348900682.jpg


このほか、『縹渺譚 -へをべをたむ-』など、
ハヤカワ文庫JAで刊行された作品が入荷しております。
戦後間もない頃の作品を集めた『最終戦争』や、
81年まで発表された連作《外惑星野郎ども》をまとめた『宇宙兵物語』まで、
江戸の風吹く流麗な語り、豊穣な物語世界をご堪能ください。

JointPics_20141212_104850.jpg

SF散歩は、アットワンダーで!



SF、買います! 詳しくはこちらから!

蔵書の整理をお考えの皆様、
神保町の@ワンダーへぜひ一度お問合せください。


早川書房・東京創元社他、
各社から刊行された国内/海外SF作品全般
評論その他関連書籍ジュヴナイル
文庫/新書/叢書/単行本/雑誌、幅広く取り扱っております。

ハヤカワ文庫SF創元SF文庫サンリオSF文庫
スペースオペラ/ハードSF/ニューウェーブ、
ミリタリーSF/ユーモアSF/サイバーパンク/スチームパンクetc、
幻の名作から定番作品まで買い取り歓迎いたします!


その他、ミステリ・推理小説映画関連品アメコミ・海外コミック
幻想文学・ファンタジー怪奇小説・ホラーなどなど、
店頭へのお持込みはもちろん、出張買入・配送査定もご相談承ります!

買取相談フリーダイヤル 0120-154-727
メールでのご相談も承ります。 wonder@atwonder.co.jp
関連記事
スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.