神保町の古書店 @ワンダーのブログ
神田神保町の古書店、アットワンダーです。SF・ミステリ・映画関連品ほか、買取歓迎! 古書探求をお楽しみの後は、2階に併設のブックカフェ二十世紀で珈琲をどうぞ。
201705123456789101112131415161718192021222324252627282930201707
こんにちは、推理・SF担当のスタッフFです。
本日はSFコーナーからのご紹介です。

H・G・ウェルズ『地球国家2106年』(昭和48年、読売新聞社)が入荷しました。

PicsArt_1416643582749.jpg

1933年発表、第二次世界大戦や20世紀の世界情勢などを予見した未来史小説。
1936年にはウェルズ自身の脚本で『来るべき世界』として映画化されています。
昭和33年に新生社から『世界はこうなる』の題で刊行された版も合わせて入荷しております。


さて、多くの作品を残したウェルズですが、
もっともよく親しまれているのはやはり初期のSF小説群
映画化も多数、スピルバーグの『宇宙戦争』はまだまだ記憶に新しいところ。

PicsArt_1416643535438.jpg

『タイムマシン』『透明人間』など、
ハヤカワ・創元を中心に多く取り扱っています。
いずれもその後のSF作品に繰り返しモチーフとして使われる古典中の古典。
ぜひお楽しみください。


20世紀以降、社会小説、思想小説へと軸足を移していったウェルズ。
ユートピア文学に位置づけられる二作品がサンリオSF文庫に収められています。

PicsArt_1416643519007.jpg

1914年発表の『解放された世界』では、
第一次世界大戦前に原子爆弾の登場、核戦争の時代を予言。
1922年発表の『神々のような人びと』は、
並行世界“ユートピア”を通して現代社会を批評するパラレルワールドSFです。


そしてこちらはノーマン&ジーン・マッケンジー『時の旅人 H・G・ウェルズの生涯』
(昭和53年、早川書房)


PicsArt_1416643563885.jpg

SFの始祖、文明史家・社会思想家、あるいは予言者。
自身も“タイム・トラベラー”であったウェルズ、79年の生涯をまとめた1冊です。

SF散歩は、神保町のアットワンダーで!


SF、買入いたします! 詳しくはこちらから!

早川書房・東京創元社他、各社から刊行された国内/海外SF作品全般
評論その他関連書籍ジュヴナイル
文庫/新書/叢書/単行本/雑誌、幅広く取り扱っております。
ハヤカワ文庫SF創元SF文庫サンリオSF文庫など、
幻の名作から定番作品まで、買入歓迎いたします!

その他、ミステリ・推理小説映画関連品アメコミ・海外コミック
幻想文学・ファンタジー怪奇小説・ホラーetc、
店頭へのお持込みはもちろん、出張買入・配送査定もご相談承ります!

買入相談フリーダイヤル 0120-154-727
メールでのご相談も承ります。 wonder@atwonder.co.jp
関連記事
スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.