神保町の古書店 @ワンダーのブログ
神田神保町の古書店、アットワンダーです。SF・ミステリ・映画関連品ほか、買取歓迎! 古書探求をお楽しみの後は、2階に併設のブックカフェ二十世紀で珈琲をどうぞ。
20160412345678910111213141516171819202122232425262728293031201606
海外コミックコーナーからお知らせいたします!
@atwonder 2016年5月31日のツイートをまとめました。
X-MEN最高傑作の呼び声高い、1980年のクラシックエピソード『DARK PHOENIX SAGA』をご紹介!

続きを読む
スポンサーサイト
海外コミックコーナーからお知らせいたします!
@atwonder 2016年5月29日のツイートをまとめました。
話題作〈DC UNIVERSE: REBIRTH〉からDCコミックスに入門した方にもおすすめしたい、
1986年創刊の〈SECRET ORIGINS〉誌47冊一括セットをご紹介します。
梅雨の気配も感じられるこのところ。
この季節、雨の日には家でどっぷり活字に浸かるのも良いものです。
本日はそんなガッツリ読書におすすめのハイペリオンシリーズ4冊セットをご紹介します。

hyp


ダン・シモンズ
『ハイペリオン』 早川書房 1994年初版
『ハイペリオンの没落』 早川書房 1995年初版
『エンディミオン』 早川書房 1999年初版
『エンディミオンの覚醒』 早川書房 1999年初版



28世紀の未来、銀河にその版図を広げた人類は危機に直面しつつあった。
辺境の惑星ハイペリオンに存在する、時を遡る聖地であり殺戮者シュライクを封じていると伝えられる遺跡 <時間の墓標>。
今、その遺跡の <抗エントロピー場> が膨張を始め、シュライクが復活しようとしていたのだ。
<連邦> <テクノコア> <アウスター> の3つの勢力が衝突し陰謀を巡らす中、<連邦> はハイペリオンに7人の巡礼者を送り込む。
彼らの語る過去と運命を横糸に、現在の危機と陰謀を縦糸にして、物語は展開されていく。
<アウスター> が巡礼者に潜ませたスパイは誰か? <テクノコア> は何を目論んでいるのか……





『ハイペリオン』といえば、ヒューゴー賞、ローカス賞を受賞した90年台を代表する一大SF叙事詩です。
著者であるダン・シモンズは古典への造詣が深く、近作『イリアム』『オリュンポス』などでも圧倒的なその知識を作品世界に注いでいますが、こちらのハイペリオンシリーズもまた、イギリスの詩人ジョン・キーツの同名の詩篇より取られたタイトルです。
私が『ハイペリオン』を読んだのはずいぶん前になりますが、当時その文量と中身の膨大さに圧倒されたものです。
そして、読み終わってから「しまった」と思った作品でもありました。
この作品は古今の物語、無数のSFなどのオマージュを網羅しており、自分が読んでる最中にニヤリとした部分。
例えばニーヴンやギブスン、チャンドラー、物語の構造そのものである『カンタベリー物語』などはほんの一部に過ぎなかったことに気付いたとき、これを読むのはまだ早かったのではないのか? と惜しいような悔しいような気持ちになった記憶があります。
これから読む方は、このシリーズに散りばめられたオマージュを探してみるのも良いかもしれません。
一度読んだ方でも、読み直してみればまた新たな発見があることでしょう。

さて、このハイペリオンの物語、未来の人類と宇宙と時が織りなす壮大な叙事詩は、第2部『ハイペリオンの没落』を持って一つの終わりを迎えますが、さらにその300年後を舞台に、再び物語が動き出します。
この続編『エンディミオン』と『エンディミオンの覚醒』は、新たな時代の新たな謎と新たな人物たちの物語であり、前作から引き継がれた謎と懐かしい人物たちの物語でもあります。
全てを紹介するには紙面がとても足りないので今日のところはシリーズ最初のさわりだけでご容赦を。

膨大なテキストに浸る雨の日の読書などいかがでしょうか?



SF、買います! 詳しくはこちらから!

蔵書の整理をお考えの皆様、
神保町の@ワンダーへぜひ一度お問合せください。


早川書房・東京創元社他、
各社から刊行された国内/海外SF作品全般
評論その他関連書籍ジュヴナイル
文庫/新書/叢書/単行本/雑誌、幅広く取り扱っております。

ハヤカワ文庫SF創元SF文庫サンリオSF文庫
スペースオペラ/ハードSF/ニューウェーブ、
ミリタリーSF/ユーモアSF/サイバーパンク/スチームパンクetc、
幻の名作から定番作品まで買い取り歓迎いたします!


その他、ミステリ・推理小説映画関連品アメコミ・海外コミック
幻想文学・ファンタジー怪奇小説・ホラーなどなど、
店頭へのお持込みはもちろん、出張買入・配送査定もご相談承ります!

買取相談フリーダイヤル 0120-154-727
メールでのご相談も承ります。 wonder@atwonder.co.jp
2016/05/28(土) 11:11:22 | カテゴリ:文学

2Fコーナーにて海外文学(国内も少しあり)・思想・美術・音楽関連本など、続々新入荷しております。ご紹介している商品は入荷商品の一部ですので、是非ご来店のうえラインナップをお確かめくださいませ。













【文学関連書籍買取いたします!】
▽海外純文学作品
▽国内純文学作品
▽文学評論・作家評伝関連

歓迎いたします!
【文庫本の買取も行っております!】
▽岩波文庫各色
▽講談社学術文庫・講談社文芸文庫
▽ちくま文庫・ちくま学芸文庫

歓迎いたします!

店頭へのお持込みはもちろん、出張買入配送査定もご相談承ります!
お気軽にご相談ください。

買取相談フリーダイヤル 0120-154-727
メールでのご相談も承ります。 wonder@atwonder.co.jp
海外コミックコーナーからお知らせいたします!

アートシアターのパンフレットが、邦画・洋画とも入荷しました

2016年5月27日
画像は上段左から、鈴木清順「ツィゴイネルワイゼン」、吉田喜重「戒厳令」、大島渚「新宿泥棒日記」とその扉ページ。大島渚は、「絞死刑」「少年」「忍者武芸帳」もございます。
画像の続きは、若松孝二「聖母観音大菩薩」、岡本喜八「肉弾」、山口清一郎「北村透谷・わが冬の歌」と、田中真理のサイン入りページ。岡本喜八は、「吶喊」もございます。
邦画はほかに、唐十郎「任侠外伝 玄界灘」、実相寺昭雄「哥」「曼荼羅」、黒木和雄「祭りの準備」「日本の悪霊」、新藤兼人「心」「鉄輪」、羽仁進「初恋:地獄篇」、中平康「変奏曲」、井筒和幸「ガキ帝国」などなどがございます。

洋画は、画像左から、ゴダール「気狂いピエロ」、ブレッソン「バルタザールどこへ行く」、フェリーニ「8 1/2」、オーソン・ウェルズ「市民ケーン」。
洋画はほかに、デ・シーカ&ソフィア・ローレン「アルトナ」、エイゼンシュテイン「戦艦ポチョムキン」、サタジット・レイ「大地のうた」、ウィリアム・クライン「ポリー・マグーお前は誰だ」、ピーター・ブルック「マルキ・ド・サドの演出のもと~(略)」、ウディ・アレン「ボギー!俺も男だ」などなどがございます。

残念ながら、コンディションはいまひとつのものがほとんどです。
商品は、それぞれの監督のコーナーに、その他は「ATGパンフレット」のコーナーに出してあります。
皆様のご来店をお待ちしております。


映画関連グッズ、買入いたします!詳しくはこちらから!

 ●映画パンフレット  ●映画プレスシート
 ●映画チラシ     ●映画ポスター
 ●映画半券、試写状  ●映画スチル写真、ロビーカード、プロマイド
 ●映画関連書籍・雑誌……「平凡」「明星」などの芸能雑誌も歓迎!
 ●その他映画グッズなど、何でもお気軽にお問い合わせください。

テーマ:映画 - ジャンル:映画

海外コミックコーナーからお知らせいたします!

海外コミックコーナーからお知らせいたします!

海外コミックコーナーからお知らせいたします!

'60年代洋画の、A4判パンフレットが入荷しました
2016年5月20日
<麗しき女優系>
ソフィア・ローレンは、「誇りと情熱」松竹セントラル、「失われたものゝ伝説」、「エル・シド」有楽座など。
メリナ・メルクーリは、「日曜はダメよ」ピカデリー、「太陽が眼にしみる」。
ブリジット・バルドー&アラン・ドロンの「素晴らしき恋人たち」。
<男優系>
フランク・シナトラは、「オーシャンと十一人の仲間」パラス劇場、ジーナ・ロロブリジーダとの共演作「戦雲」ピカデリー、
ヴィルナ・リージとの共演作「クイーン・メリー号襲撃」、シャーリー・マクレーンとの共演作「カンカン」は東京劇場とピカデリー。
カーク・ダグラスの「ヴァイキング」ピカデリー。
他に、エルヴィス・プレスリーの「恋のKOパンチ」「ラスベガス万才」、グレゴリー・ペックの「0の決死圏」などなど。
<西部劇>
ゲイリー・クーパーの「西部の人」東京劇場。ダーク・ボガード&ミレーヌ・ドモンジョの「黒い狼」。
他に、グレン・フォードの「シマロン」、リチャード・ウィドマーク&ヘンリー・フォンダの「ワーロック」などなど。
ジョン・ウェインは、「捜索者」「リバティ・バランスを射った男」、西部劇以外ではピカデリーの「黒船」「アラスカ魂」など。
<エロチック系>
エレオノラ・ロッシ・ドラゴの「炎」、ロッサノ・ブラッツィの「紅ばらがひらく夜」、デンマーク映画「痴情の沼」「セックス・ハイク」、
ドイツ映画「世界セックス全集」「性の歴史」、アメリカ映画「夢魔のもだえ」「続アニマル」など。

一部はガラスケースに、他は「新入荷!洋画パンフ」のコーナーに出してあります。
ここに書ききれなかった商品もございます。皆様のご来店をお待ちしております。

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.