神保町の古書店 @ワンダーのブログ
神田神保町の古書店、アットワンダーです。SF・ミステリ・映画関連品ほか、買取歓迎! 古書探求をお楽しみの後は、2階に併設のブックカフェ二十世紀で珈琲をどうぞ。
2016011234567891011121314151617181920212223242526272829201603
こんにちは、スタッフFです。海外コミックコーナーからお知らせいたします。
ご報告です。多くのお客様にご好評いただいておりますアメコミ・海外コミック棚、
おかげさまで入荷も相次ぎ、このたび、今後を見据えてコーナーをグッと拡大!
書棚を1列増やしました。

amecomikakudai2016.jpeg

これからどんどん新入荷品を出していければ、と考えております。
ALL-NEW, ALL-DIFFERENTな@ワンダーのアメコミコーナーを、
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます!

以下、品出しした新入荷品のご紹介です。
サボり実験を兼ねて、Twitterから引用……。




アメコミ探求は、神保町の@ワンダーで!


アメコミ/海外コミック、買います!
続きを読む
スポンサーサイト
2月28日(日)、ヤフオク!に新規商品を出品いたしました。

出品リストはこちらになります。

サム・ペキンパー「ワイルドバンチ」立看板ポスター
「サイレンサー第4弾 破壊部隊」チラシ'69年 東劇

ほか映画アイテム、ゲーム雑誌などを出品しております。

003a_2016022813253848b.jpg017a_201602281325418ce.jpg
こんにちは!
2階〈ブックカフェ二十世紀〉2016年3月の開催イベントをお知らせいたします。
※新たな催しを追加発表しました! (更新:2/27)
3月もおもしろい催しを多数予定! いずれも、ただいま参加お申込み受付中です。
皆様のご来場をお待ちしております!

3月1日(火)
日本昆虫倶楽部 東京の昆虫事情 その1
 ゲスト 久保田潤一氏(NPO birth自然環境保全部)
      清田秀雄氏(生物多様性チーム江東)

3月3日(木)
『井田真木子と女子プロレスの時代』をめぐって
――編集者と語る読書会

 話し手 藁谷浩一(イースト・プレス)
 ゲスト 清田麻衣子(里山社)

3月4日(金) NEW!
ICカード研究会

3月10日(木) NEW!
第18回これからの日本を考える懇談会
 ゲスト 田本典秀氏 
   (国土交通省水管理国土保全局下水道部下水道企画課 課長補佐
    元・宮崎市都市整備部長)

3月11日(金) NEW!
第58回被災地域の酒を楽しむ会

3月16日(水)
ルポライター山辺健史プレゼンツ
ノンフィクションの書き手に聴きたい! 「日本のかたち」と「書く技術」

 ゲスト 藤田孝典
   (『下流老人』著者 / 特定非営利活動法人ほっとプラス 代表理事
    社会福祉士 / 聖学院大学人間福祉学部客員准教授)

3月19日(土) NEW!
シネマDEりんりん 3月
 ぴあ元編集長のここだけの話「ぴあ的映画生活のいま、むかし」

 ゲスト 坂口英明 (元ぴあ編集長)

3月25日(金)
古書のまち・馬好の会
金原亭馬好 × 水野英子!


3月26日(土) NEW!
編集よもやま話・暮しの手帖で学んだ40年 第7回
 話し手 二井康雄 (元 暮しの手帖 副編集長)
 ゲスト 天沼澄夫 (OFFICE AMS代表)

神保町のブックカフェで、楽しいひとときをお過ごしください!




3月1日(火)
日本昆虫倶楽部
 東京の昆虫事情 その1 生息環境を守り育てる2つの保全現場から


2016年3月1日(火) 19:00~21:30
参加費 3,000円(軽飲食付き)

ゲスト 久保田潤一氏(NPO birth自然環境保全部)
     清田秀雄氏(生物多様性チーム江東)


《お問い合わせ》
地域交流センター橋本 TEL 03-5823-4190 まで!


主催より
しばらく休んでおりました日本昆虫倶楽部を再開します。
日本昆虫倶楽部は1988年6月4日の「むしの日」にサロン集で発足しました。
初代会長は漫画家の手塚治虫さんでした。手塚さんの「まちづくりポストモダン、生き物」という言葉は、まちづくり(人間社会)において、昆虫はもっとも身近でわかりやすい環境の指標であり、昆虫と共生することが豊かな社会を形成することにつながるという考えです。
日本昆虫倶楽部では、昆虫に学びながら、生き物と共生できる社会について、いろいろと考える交流の場を設けてきました。昆虫の専門家の集まりではなく、昆虫に関心を持ついろいろな方にご参加いただき、情報交換と交流の輪を広げる活動をします。少人数ながらも、誰でも気軽にご参加いただけるサロン活動として続けていき、時にはフィールドにも出かけて昆虫に出会おうと考えています。
まずは、昆虫からみた東京を考えてみたいと思います。ふるってご参加下さい。




3月3日(木)
『井田真木子と女子プロレスの時代』をめぐって
――編集者と語る読書会


2016年3月3日(木) 19:30開演
参加費 1,500円 (1ドリンク付)

話し手 藁谷浩一(イースト・プレス)
ゲスト 清田麻衣子(里山社)


《ご予約・お問い合わせ》
ブックカフェ二十世紀
TEL: 03-5213-4853

E-mail: jimbo20seiki@gmail.com まで!



夭逝した天才ノンフィクション作家の若き日の原稿を初めて書籍化した『井田真木子と女子プロレスの時代』(イースト・プレス刊)。
本書は、井田真木子の大宅賞受賞作『プロレス少女伝説』の源流ともいえる、長与千種や神取忍へのインタビュー原稿やコラムを再録し、昨年11月に刊行されました。
当イベントは、『井田真木子と女子プロレスの時代』の「読書会」的なものです(これから読む予定の方も歓迎)。
編集担当とともに本書について、そして井田真木子について考えたい方、語りたい方、聞きたい方は気軽にお越しください。
井田真木子さんに関する今後のちょっとした発表も予定しております。

藁谷浩一(わらがい・こういち)
1969年生まれ。法政大学卒業後、幾つかの出版社を経て、現在はイースト・プレスで書籍編集者。松本ハウス『統合失調症がやってきた』、なべおさみ『やくざと芸能と』、開沼博『はじめての福島学』、井田真木子『井田真木子と女子プロレスの時代』など編集担当。



3月4日(金)
ICカード研究会

2016年3月4日(金) 19:00~21:00
会費 3,000 円 (ワンドリンク・おつまみ付)

プログラム
1.ご挨拶「IC カード研究会30周年に寄せて」
 電子商取引安全技術研究組合 理事 平松雄一様
2.ご講演「モバイル決済における現状
  ―特に、電子マネーについて―と
   2020年オリンピックに向けて(仮題)」
 一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)
  安信簡情報環境推進部事業支援室室長 伊藤滋行様


《ご予約・お問い合わせ》
ブックカフェ二十世紀
TEL: 03-5213-4853

E-mail: jimbo20seiki@gmail.com まで!



主催より
1986 年3 月に発足した「ICカード研究会」は、おかげ様で、本年3月に満30周年を迎えます。
今回のICカード研究会は、ICカード研究会発足当時からのメンバである平松雄一様にご挨拶をいただき、伊藤滋行様に「モバイル決済における現状―特に、電子マネーについて―と2020年オリンピックに向けて(仮題)」と題してご講演いただきます。
皆様のお越しをお待ち申し上げますとともに、今後もIC カード研究会を盛り上げていただければ幸甚に存じます。
※ 初めてご参加になる方からは、受付時に名刺を1 枚頂戴いたします。
※ ご講演およびその後の質疑応答には、当日のご参加者にのみご披露いただける内容が含まれる場合があります。
  したがいまして、これらの内容を転載すること(SNS 等による実況中継を含む)はご遠慮願います。




3月10日(木)
第18回これからの日本を考える懇談会

2016年3月10日(木) 19:00~21:00
参加費 3,000円(軽飲食代として)

ゲスト 田本典秀氏 
 (国土交通省水管理国土保全局下水道部下水道企画課 課長補佐
 元・宮崎市都市整備部長)


《お問い合わせ》
インロッドネット久武 TEL 090-2252-7517
地域交流センター橋本 TEL 03-5823-4190
《お申し込み》
FAX 03-5823-4191
E-mail hashimoto@jrec.or.jp 橋本 まで!



主催より
当会では、主として国土建設の立場から、日本の将来像を探る勉強会を開催しております。
第18回はまちづくりをテーマにお話しいただきます。
今回は、国土交通省水管理国土保全局下水道部下水道企画課の田本典秀課長補佐(元宮崎市都市整備部長)をお招きし、
「宮崎市における市民と協働したまちづくり」(仮題)と題してお話をいただきます。
東南海、南海地震対策やデザイン性を重視した街づくりなどにも触れていただく予定です。
呼掛け人:青山俊樹、井出隆雄、久武経夫、橋本正法、生地 央




3月11日(金)
第58回被災地域の酒を楽しむ会

2016年3月11日(金) 19:00~21:30
参加費 4,000円

※女子割・下戸割 3,000円 / 学割 2,000円


《お問い合わせ》
都市小屋SHU久武 TEL 090-2252-7517
都市小屋SHU橋本 TEL 090-2466-2031
《お申し込み》
FAX 03-5823-4191
E-mail hashimoto@jrec.or.jp 橋本 まで!



主催より
今年の3月11日で、東日本大震災5周年を迎えます。
サロン集仲間の新藤健一ら著名写真家39名による「東日本大震災写真展」が、3月1日~10日まで、弁護士会館1階エントランスで開催されます。
なぜか11日は開催されません。
そこで、11日にそれらの展示作品を「ブックカフェ二十世紀」に展示する予定です。
当時の被害の状況を再度確認し、その後の復興のあり方を考えていきたいと思います。




3月16日(水)
ルポライター山辺健史プレゼンツ 
ノンフィクションの書き手に聴きたい!
「日本のかたち」と「書く技術」


2016年3月16日(水)
 19:00~ 第一部【 トーク 】 参加費 1,500円 (1ドリンク)
 21:00~ 第二部【懇親会】 参加費 1,500円 (ドリンク、軽食)

ゲスト 藤田孝典
   (『下流老人』著者 / 特定非営利活動法人ほっとプラス 代表理事
    社会福祉士 / 聖学院大学人間福祉学部客員准教授)
司会&聞き手 山辺健史(ルポライター)


《ご予約・お問い合わせ》
ブックカフェ二十世紀
TEL: 03-5213-4853

E-mail: jimbo20seiki@gmail.com まで!



ルポライター・山辺健史氏が「日本の今」を象徴する書き手の方をお呼びし、
著作などに描かれた「日本のかたち」を聞くインタビューイベント。

著作では描ききれなかった「その後」なども披露していただくと同時に、「どのようにして著作を書いたか」「ご自分の活動と執筆の関連性」「編集者との共同作業」など、著作の舞台裏ともいうべき「書く技術」もお聞きします。
今回のゲストは、著書「下流老人」が、「ユーキャン2015年新語・流行語大賞」にもノミネートされた藤田孝典氏。

藤田氏にお聞きするテーマは、『藤田さん、僕も「下流老人」になりますか?』(by山辺健史)

日本の曲がり角ともいえる昨今。「下流老人」の問題は避けては通れない、直視すべき重要課題です。
さらには、ライターとして著作の作り方など、書き手としての藤田氏の秘密にも縦横無尽に迫ります!

山辺健史
1976年東京浅草生まれ。
専修学校日本映画学校卒卒業後、
ドキュメンタリー映画などの助監督として数々の現場を経験。
2004年から映画・マンガなどのサブカルチャー系のライターとして活動する一方、
介護施設に勤務後、介護職員初心者研修(旧ヘルパー2級)を取得。
介護や社会保障制度などのテーマでも積極的に執筆活動を続ける。
主な著作に『マンガ世界の歩き方』(岩波ジュニア新書)、
『使い捨て店長』(洋泉社新書/共著/立川健四郎名義)など。
執筆に関わった雑誌は、雑誌「東京人」(都市出版社)、「月刊宝島」(宝島社)、
「ビッグ・イシュー日本版」(ビッグイシュー日本)、「荷風!」(日本文芸社)、「月刊KING」(講談社)、
「クイック・ジャパン」(太田出版)、「dankaiパンチ」(飛鳥新社)、
「介護ビジョン」「介護経営白書2013」(日本医療企画)、
「厚生労働」(厚生労働省 広報誌)など多数。



3月19日(土)
シネマDEりんりん 3月
ぴあ元編集長のここだけの話「ぴあ的映画生活のいま、むかし」


2016年3月19日(土)
 18:00 開場 / 19:00~ トーク
 20:00~22:00 懇親会
参加費 1,500 円(1ドリンク付き)
※トーク終了後別途1,500円にて懇親会(ドリンク、軽食付き)を開催します。

ゲスト 坂口英明(元ぴあ編集長)


《ご予約・お問い合わせ》
ブックカフェ二十世紀
TEL: 03-5213-4853

E-mail: jimbo20seiki@gmail.com まで!


 インターネットがなかった1970年代から80年代にかけて映画ファンはどのように情報を収集して劇場で映画を観る機会を得ていたのでしょうか?
 あの頃情報誌は不可欠でした。そんな情報誌の代表格に“ぴあ”がありました。ぴあを片手に映画館をハシゴする若者が大勢いました。
 今の若者には“チケットぴあ”といえばおわかりになるのではないでしょうか? 

 36年前からその“ぴあ”に深く関わってきた人物がいらっしゃいます。
 坂口英明さんです。
 3月のシネりんは特別ゲストに坂口英明さんをお呼びして、彼の映画生活のご体験など楽しいお話を伺います。
 誰も知らない“ぴあ”のここだけのぶっちゃけ話も訊けたらと思っております。

坂口英明(さかぐち・ひであき)
報知新聞社にて記者として主に映画を担当された後、1980年、ぴあ株式会社に入社。「CALENDER」「ぴあ」、ぴあMOOKSの編集長などを歴任。
著書に「証言日中映画興亡史」(共著・蒼蒼社)、「宅人的東京」(中国語・北京現代出版社)。
現在、フリー編集者としてご活躍されています。


社会人のための映画サークル「楽生曾シネマDEりんりん」

楽生曾シネマDEりんりんは楽生曾(らくしょうかい)と読んで字のごとく「楽しく生きる曾(会)」という異業種交流勉強会の中から映画好きのための分科会として立ち上げた会です(2003年6月発足)。
当初より映画業界全般に関わる人たちをゲストに迎え、映画制作や映画に関わる、普段聞けないような裏話を語っていただくトークイベントを開催し、その後親睦会で映画好きの交流の場を設ける目的として始まりました。今後もトークイベントのほかにも映画に関する様々な企画を開催していく予定です。
映画好きな方でしたらどなたでも参加できます。学生さん、女性の方、大歓迎!



3月25日(金)
古書のまち・馬好の会
 金原亭馬好 × 特別ゲスト水野英子!


2016年3月25日(金)
 18:00開場 19:00開演 定員40名
前売券 2,000円 / 当日券 2,300円
※前売券のお申し込みは3月23日(水)まで!


《ご予約・お問い合わせ》
bakoukai2015@gmail.com まで!
お名前ご希望人数ご連絡先をご明記ください。
★ 水野先生へのご質問も承ります!
  ご予約の際に、ぜひあわせてお寄せください。


bakounokai20160325.jpg

金原亭馬好師匠の落語会、昨年8月に続く第2弾。
なんとなんと、スペシャルゲストに漫画家の水野英子先生をお迎えします!
言わずと知れた“トキワ荘の紅一点”にして、少女漫画の先駆者。
トークの他、サイン本の販売会も予定しております!
落語ファンの皆様ならびに漫画ファンの皆様、3月25日はぜひブックカフェ二十世紀にお集まりください!

演目
●落語  改作 初天神 馬好
●ちょっと挨拶 NPO法人トキワ荘フォーラム 小室裕一
●漫画家探訪記 トキワ荘のおジャマ虫 馬好
●トキワ荘の紅一点 ~ 水野英子先生を囲んで
 ・トーク&サイン本販売会
 ・お客様の質問コーナー



金原亭馬好
1948年、台東区龍泉寺町の生まれ
趣味;懐マン収集&映画鑑賞
中学の頃は漫画少年。
★原稿を持参して訪ねた先生方★
 伊藤章夫 / 古川正俊 / 高橋タクミ / 馬場のぼる
 ちばてつや / 石ノ森章太郎 / 赤塚不二夫 / 前谷惟光
 久しゅういち / 貝塚ひろし / 茨木啓一 / 松本零士
 牧美也子 / しきはるみ / 棚下照生 / 永井豪 / 森安なおや
★ご自宅以外で逢った先生方★
 平田弘史 / ウノカマキリ / 板井レンタロー / 山根赤鬼・青鬼兄弟
 ムロタニツネ象 / 長谷邦夫 / ビッグ錠 / 高井研一郎
 つげ義春 / 東海林さだお / 山内ジョージ / 向さすけ / 風忍

水野英子
1955年 雑誌「少女クラブ」8月号でデビュー (15才、カット2点、1コママンガ1点)
1958年 トキワ荘へ入居 (3月~10月、Uマイア「銀の花びら」などの仕事をする)
~~~~~
代表作:「星のたてごと」「白いトロイカ」「ハニーハニーのすてきな冒険」ほか
~~~~~
1970年 「ファイアー!」で第15回小学館漫画賞を受賞
2010年 全ての活動に対して第39回日本漫画家協会賞文部科学大臣賞を受賞

ホームページ 水野英子の部屋 http://mizuno.x0.com/


※主催 いにしえ企画 TEL: 090-7261-9494(岡田)
※協力 NPO法人 日本マンガ・アニメトキワ荘フォーラム



3月26日(土)
編集よもやま話・暮しの手帖で学んだ40年 第7回

2016年3月26日(土) 18:00開場 19:00開演
参加費 1,500円 (1ドリンク付)
※イベント後の懇親会を予定しています。(参加費 +1,500円)


話し手 二井康雄
 (元 暮しの手帖 副編集長)
ゲスト 天沼澄夫
 (OFFICE AMS代表
  元・キングレコード常務取締役
  元・キングインターナショナル社長)


《ご予約・お問い合わせ》
ブックカフェ二十世紀
TEL: 03-5213-4853

E-mail: jimbo20seiki@gmail.com まで!



編集よもやま話、第7回目のゲストは、元キングレコード常務取締役、元キングインターナショナル社長の天沼澄夫(あまぬま・すみお)さんです。
天沼さんは、キングレコードに入社以来40年、クラシック音楽を中心に洋楽畑ひとすじ、10000タイトル以上の洋楽レコードや、CDを編成、制作、販促に携われました。レコードやCDの編成もまた、該博な知識とセンスが問われる、密度の高い編集作業です。今回は、天沼さんの40年に亘る豊富な経験と、2011年に立ち上げられたクラシックの自主レーベル「桜」などについて、たっぷりと伺う予定です。

天沼澄夫(あまぬま・すみお)
1969年、キングレコード入社。主に、クラシックの企画、販促を担当。1989年・洋楽部長、1995年・国際事業部長、1995年・常務取締役に就任。1990年設立のキングインターナショナルの代表取締役社長を兼務する。在職中は、主に洋楽の編成、制作、販促に従事。在職中、100枚組の「世界民族音楽大集成」、約200タイトルの「ワールド・ミュージック・ライブラリー」などを担当する。また映像では、ドイツ・ユーロアーツ社と提携、クラシックのライブ映像のDVDを制作。在職40年で、10000タイトルを超える新譜の企画・制作に関わる。2011年、顧問を務めたキングレコードを離れ、「OFFICE AMS」を設立、自主レーベル「桜」を立ち上げる。2013年3月、第1弾の佐藤久成(さとう・ひさや)のヴァイオリンによる「HISAYA 魔界のヴァイオリン」は、大絶賛を受け、以降、精力的に優れたクラシックCDを制作中。
ルイス・ブニュエル監督作品のポスター、少々入荷いたしました
2月26日a
2月26日b
画像は既存の在庫も併せてご紹介しております。
「狂った十代の生態」は、カンヌ映画祭監督賞を受賞した、1950年作「忘れられた人々」です。
「ロビンソン漂流記」は1954年作。
「ブルジョワジーの秘かな愉しみ」「自由の幻想」は、初版とリバイバル版がございます。
他は1980年代に初公開された作品、「ビリディアナ」「皆殺しの天使」「銀河」、そして遺作となった「欲望のあいまいな対象」がございます。
残念ながら、「昼顔」「小間使いの日記」といった、うるわしいものはないのですが、まとめて入荷いたしましたので、これを機にポスター売場に「ブニュエル」コーナーを新設いたしました。

皆様のご来店をお待ちしております。


映画関連グッズ、買入いたします!詳しくはこちらから!

 ●映画パンフレット  ●映画プレスシート
 ●映画チラシ     ●映画ポスター
 ●映画半券、試写状  ●映画スチル写真、ロビーカード、プロマイド
 ●映画関連書籍・雑誌……「平凡」「明星」などの芸能雑誌も歓迎!
 ●その他映画グッズなど、何でもお気軽にお問い合わせください。

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

最近作のパンフレット、洋画・邦画とも多数入荷いたしました

2月19日a
2月19日b
しっとりドラマから痛快娯楽作品まで、ジャンルも色々です。ぜひお店でご覧ください。
2014年以降の公開作は「最近作パンフ」コーナーに、
2012~2013年公開作は「新入荷パンフ」コーナーに、洋画と邦画を分けて出しております。
2月19日c
また、最近のではないものも混じっていますが、ホラー映画のB5判パンフレットも入荷いたしました。
こちらは「新入荷 洋画パンフ」コーナーに出しております。

皆様のご来店をお待ちしております。


映画関連グッズ、買入いたします!詳しくはこちらから!

 ●映画パンフレット  ●映画プレスシート
 ●映画チラシ     ●映画ポスター
 ●映画半券、試写状  ●映画スチル写真、ロビーカード、プロマイド
 ●映画関連書籍・雑誌……「平凡」「明星」などの芸能雑誌も歓迎!
 ●その他映画グッズなど、何でもお気軽にお問い合わせください。

テーマ:映画 - ジャンル:映画

こんにちは、スタッフFです。海外コミックコーナーからお知らせいたします。
映画『バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生』公開間近、
コミックファンとしては、心の準備も大詰め、非常に大事な時期です。
にもかかわらず、ワーナーブラザーズが突如ぶち込んできたのが、
DC映画シリーズ次回作『スーサイド・スクワッド』の予告編。
異常なワクワク感をたたえた2分30秒の劇薬映像、皆様ごらんになりましたか?
 
     

DCヒーローズの活躍でお縄についた凶悪ヴィランたちが、
減刑と引き換えに自殺同然の危険なミッションに挑む!
人気コミックまさかの映画化、日本では9月10日に公開予定とのことです。

さて、本日は、以前にも取り上げた同作のヒロイン格、
ハーレイ・クインについて、あらためてご紹介! どうぞお付き合いください。

harleyharley-201602001.jpg

ハーレイ・クインの近影です。
マーゴット・ロビー演じる実写版(画像右)が公開前から熱い支持を集めている他、
コミックにおいても複数の主演誌を抱える多忙ぶり。
アメコミに明るくない方でも、近頃は彼女の噂をちらほら耳にしているのではないでしょうか。
元々、1992年放映の『Batman: The Animated Series』に登場したアニメオリジナルのヴィラン
人気に後押しされてコミックへ逆輸入された経歴の持ち主です。
その前職は、なんと精神科医。
ゴッサムシティのアーカム精神病院に研修医として訪れたのが、転落の始まりでした。
'50~'60年代の、館名入り洋画パンフレット、入荷しました

2月12日a
2月12日b
ヒッチコック作品では、日比谷映画劇場の「ロープ」、東劇の「泥棒成金」、リバイバル版の日比谷映画劇場「北北西に進路をとれ」。
ソフィア・ローレン作品では、スカラ座の「侵略者」「河の女」、日比谷映画劇場「ナポリ湾」。
その他スカラ座のものでは、ロロブリジーダの表紙がうるわしい「皇帝のビーナス」、カーク・ダグラスとキム・ノヴァクの「逢う時はいつも他人」、「素晴らしい風船旅行」など。
日比谷映画劇場のものでは、三船敏郎初の外国映画主演作「価値ある男」、「黄金の七人」、昭和26年の「ジャングル・ブック」など。
ニュー東宝のものでは、リバイバル版の「翼よ!あれがパリの灯だ」、「アメリカの裏窓」など。

ほかにも色々、新入荷パンフレットのコーナーに出しております。
皆様のご来店をお待ちしております。


映画関連グッズ、買入いたします!詳しくはこちらから!

 ●映画パンフレット  ●映画プレスシート
 ●映画チラシ     ●映画ポスター
 ●映画半券、試写状  ●映画スチル写真、ロビーカード、プロマイド
 ●映画関連書籍・雑誌……「平凡」「明星」などの芸能雑誌も歓迎!
 ●その他映画グッズなど、何でもお気軽にお問い合わせください。

テーマ:映画 - ジャンル:映画

こんにちは!
2階〈ブックカフェ二十世紀〉2016年2月の開催イベントをお知らせいたします。
※新たなイベントを追加発表しました!(2/9更新)
ただいま参加お申込み受付中! 皆様のご来場をお待ちしております。

2月20日(土) NEW!
シネマDEりんりん 2月
 映画ソムリエ 東 紗友美の2016年の映画はコレでしょう!


2月21日(日)
伊福部昭21世紀
 未来の伊福部昭を語るディスカッション・イベント


2月26日(金)
天童大人プロデュース
 第1363回 Projet La Voix des Poètes (詩人の聲)
 筏丸けいこ 新詩集『モリネズミ』刊行記念

 
2月27日(土)
若手俳句の旗手 佐藤文香と俳句の書き手とのトークイベント
 【ハイク*ファン】 2人目 生駒大祐


神保町のブックカフェで、楽しいひとときをお過ごしください。

※2016年3月開催イベントも参加お申込み受付中!



2月20日(土)
シネマDEりんりん 2月
映画ソムリエ 東 紗友美の
 2016年の映画はコレでしょう!

  皆で今年のアカデミー賞予想もしちゃおう!


2016年2月20日(土) 18:00開場 19:00開演(~22:00)
参加費 3,000円 (軽飲食付)
ゲスト 東紗友美 (映画ソムリエ)


《ご予約・お問い合わせ》
TEL: 03-5213-4853
E-mail: jimbo20seiki@gmail.com まで!



シネマDEりんりん、略してシネりんは、さまざまな映画関係者(監督、プロデューサー、シナリオライター、俳優)をゲストに迎え、映画を愉しむ映画サークルです。
これまで、新橋の交流サロンSHU(集&Yu)を皮切りに、新宿のサムライ・シアター、新大久保の韓国料理店 烏鵲橋、新宿の竹林閣と会場を変えてきました。昨年からは内容によって銀座スタジオ7412や上石神井Yume Mirai Cafeを利用しています。
そんなシネりんが、ブックカフェ二十世紀に初お目見えです!
2月のゲストはTVやラジオなどで映画ソムリエとしてご活躍中の東紗友美さんです。
2016年上半期のお薦め映画の紹介(映像上映あり)と、アカデミー賞を大胆予想します!
映画好きな方、ぜひ足をお運びください。映画を肴に大いに語り合いましょう!

cinerin201602.jpeg

東 紗友美 ひがし さゆみ
映画ソムリエ。テレビ番組、雑誌、ウェブ媒体での映画紹介他、
映画イベント等のMCとしても活躍中。映画サイト『ヒガシアター』も開設中。
ヒガシアター http://higashisayumi.net/



2月21日(日)
伊福部昭21世紀
 未来の伊福部昭を語るディスカッション・イベント


2016年2月21日(日) 14:00開演
入場料 2,000円 (1ドリンク付)
出席者
 金井芙三枝 (舞踊家・「プロメテの火」芸術監督)
 河内春香 (ピアニスト・伊福部昭舞踊音楽研究)
 小島英人 (TBSホールディングス社・経営戦略部
        TBSヴィンテージクラシックス・プロデューサー)
 小林淳 (映画・映画音楽評論)
 土橋庸人 (ギター・「古代日本旋法に依る蹈歌」演奏)
 北條誠人 (ユーロスペース支配人・
        伊福部昭映画音楽50周年記念上映会主催)
 木部与巴仁 (司会・「伊福部昭の音楽史」著者・キベダンス)


《ご予約・お問い合わせ》
TEL: 03-5213-4853
E-mail: jimbo20seiki@gmail.com まで!




2月26日(金)
天童大人プロデュース
第1363回 Projet La Voix des Poètes (詩人の聲)
 筏丸けいこ『モリネズミ』刊行記念


2016年2月26日(金) 18:30開場 19:00開演
入場料 3,000円
(予約 2,700円 / 学生(学生証提示) 1,500円)

詩人 筏丸けいこ


《ご予約・お問い合わせ》
TEL: 03-5213-4853
E-mail: jimbo20seiki@gmail.com まで!



詩人、朗唱家、字家の天童大人さんによるプロデュースで
肉聲の復権を求めて、各地で定期開催されている詩の朗読イベント
Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)
ブックカフェ二十世紀での第2回開催、
出演は新詩集『モリネズミ』(フラミンゴ社)をご出版された筏丸けいこさんです!

※当日は書籍の販売も行います。
筏丸けいこ『モリネズミ』(フラミンゴ社) 定価 926円+税





2月27日(土)
若手俳句の旗手 佐藤文香と俳句の書き手とのトークイベント
 【ハイク*ファン】 2人目 生駒大祐


2016年2月27日(土) 18:00開場 19:00開演
入場料 一般 2,000円 / 学生 1,500円 (ともに1ドリンク付)
話し手 生駒大祐・佐藤文香


《ご予約・お問い合わせ》
TEL: 03-5213-4853
E-mail: jimbo20seiki@gmail.com まで!



若手俳句の旗手 佐藤文香さんが毎回若き俳句作家を紹介するトークイベントシリーズ、
第2回は生駒大祐さんをお迎えします。佐藤さんからの紹介文をどうぞ!

生駒大祐は、いつからか、私の心の友だ。誕生日は1日違いだし(私が2つ年上)、一時期は近所に住んでいて、ふたりでランニングをしていたこともある(すぐ挫折した)。彼は今、就職して少し遠くに住んでいるが、私も彼も強くはない精神を、電話やメールで支え合っているようなところがある。
そんな親友の生駒大祐が、最近面白くなってきている。〈真白き箱折紙の蟬を入れる箱〉〈汝寝ねて夜どほし冬の空があり〉など、決して少なくない量の心情が一句に表現されるようになったのだ。何かきっかけがあったのか、何かに影響されたりしたか。そもそも、今までずっと何を考えていきたのか。彼の句歴を振り返りながら、そのへんを聞いてみたいと思う。

haikufan002.jpg

生駒大祐 いこま・だいすけ
1987年三重生まれ。「天為」同人。「クプラス」「オルガン」所属。
2015年、第3回攝津幸彦記念賞受賞。
共著に『虚子に学ぶ俳句365日』。

佐藤文香 さとう・あやか
1985年兵庫県生まれ。池田澄子に師事。第2回芝不器男俳句新人賞対馬康子奨励賞受賞。
NHKラジオ第1「つぶや句575」出演、アキヤマ香「ぼくらの17-ON!」1~4(双葉社)の俳句協力。
句集『海藻標本』(宗左近俳句大賞受賞)、『君に目があり見開かれ』、
詩集『新しい音楽をおしえて』、共著に『新撰21』がある。



※2016年3月開催イベントも参加お申込み受付中!

ヤフオク!に新規商品を出品いたしました

出品リストはこちらとなります

'69年映画チラシ マックイーン「華麗なる週末」 館名スタンプ入り
映画ポスター アボット&コステロ 「凸凹カウボーイの巻」
フィギュア 海洋堂よみがえる巨匠の現場 黒澤明 シリーズ

ほか、各種映画グッズなどを出品しております。

019a_20160207172137c68.jpg

002a_201602071721385d7.jpg


古めの洋画を中心に、邦画も少々、新旧色々なスチルが入荷しました

2月5日a
麗しき女優主演の懐かしの名作では、アニタ・エクバーク「甘い生活」、ソフィア・ローレン「昨日・今日・明日」、エリザベス・テイラー「クレオパトラ」「いそしぎ」、オードリー・ヘップバーン「ローマの休日」、などなど。
アメリカ映画の名作では、ヒッチコックの「鳥」、「ウエスト・サイド物語」、「卒業」、「マッシュ」などなど。
ヨーロッパ映画では、「大人は判ってくれない」他のトリュフォー作品、「情事」他のアントニオーニ作品、ワイダの「灰とダイヤモンド」、ベッソンの「レオン」などなど。
2月5日b
邦画は少々で、大河内傳次郎「忠次旅日記」のリプリント、吉田喜重のATG作品セット、「男はつらいよ」2作品、黒澤明のメイキング含む「乱」、北野武「キッズ・リターン」など。

1作品あたりの枚数が少ないものがほとんどですが、なかなか良い画が揃っております。
皆様のご来店をお待ちしております。



映画関連グッズ、買入いたします!詳しくはこちらから!

 ●映画パンフレット  ●映画プレスシート
 ●映画チラシ     ●映画ポスター
 ●映画半券、試写状  ●映画スチル写真、ロビーカード、プロマイド
 ●映画関連書籍・雑誌……「平凡」「明星」などの芸能雑誌も歓迎!
 ●その他映画グッズなど、何でもお気軽にお問い合わせください。

テーマ:映画 - ジャンル:映画

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.