神保町の古書店 @ワンダーのブログ
神田神保町の古書店、アットワンダーです。SF・ミステリ・映画関連品ほか、買取歓迎! 古書探求をお楽しみの後は、2階に併設のブックカフェ二十世紀で珈琲をどうぞ。
20151212345678910111213141516171819202122232425262728293031201602
2月9日(火)より開催の三省堂書店池袋本店 古本まつり目録が発行されました。
2月7日(日)正午まで、掲載商品のご注文を受け付けております。
お探しの品や、気になるものがございましたら、ぜひこの機会にご注文ください!
@ワンダーの掲載品をこちらでも公開いたします。どうぞごらんください。

三省堂書店古本まつり 目録掲載品 1・2ページ目(JPEG画像)
三省堂書店古本まつり 目録掲載品 3・4ページ目(JPEG画像)
三省堂書店古本まつり 目録掲載品 5・6ページ目(JPEG画像)
三省堂書店古本まつり 目録掲載品 詳細リスト(PDFファイル)

商品の実物は、@ワンダー店舗1階売場にてごらんいただけます。
スタッフまでお気軽にお申しつけください。

sanseidoumokuroku201602.jpg

【ご注文の手順】
ご注文はメール、お電話、FAXにて承ります。
wonder@atwonder.co.jp
もしくは03-3238-7415までお申し込みください。

メール、FAXでのお申し込みの場合は、次の情報を忘れずにご明記ください。
 ・お名前 
 ・当選した場合の商品の送付先ご住所、及び連絡が可能なお電話番号
 ・商品番号 商品名 値段


ご注文が重なった際は、2月7日(日)午後より厳正な抽選を行い、
ご当選された方へ弊店よりご連絡、随時発送をいたします。
お支払い方法は、ご当選された方に個別にお知らせいたします。

抽選日までにご注文の無かった商品につきましては引き続きご注文承りますので、
お気軽にお問い合わせください。
皆様からのご注文をお待ちしております!


三省堂書店池袋本店 古本まつり
 2月9日(火)~2月15日(月) 午前10時~午後9時
  ※2月11日(木・祝)・2月14日(日)は午後8時、
   最終日2月15日(月)は会場のみ午後6時閉場

 会場 西武池袋本店 別館2階特設会場(西武ギャラリー)
sanseidou-furuhon001.jpg
スポンサーサイト
'60~'70年代邦画の、任侠・アクション・お色気系のポスター、入荷いたしました

1月29日a
1月29日b
任侠系では、日活の宍戸錠もの、東映の安藤昇ものや若山富三郎もの、大映の江波杏子ものなど。
アクション系では、大映の本郷功次郎もの、東映の梅宮辰夫、松方弘樹もの、日活の二谷英明ものなど。
お色気系では、東映の緑魔子もの、芸者もの、スケバンシリーズ、大映のおんな牢もの、高校生番長、などなど。

いずれもB級チックな作品ばかりですが、なかなかに味わいがあるのではないでしょうか。
残念ながら、今回入荷いたしましたものは、コンディションもB級なのですが、
この度、ポスター売場に「任侠・ヤクザ」コーナーと「アクション・お色気」コーナーを新設しました。
今後、さらなる商品の充実につとめてまいりますので、是非お立ち寄りください。

皆様のご来店をお待ちしております。


映画関連グッズ、買入いたします!詳しくはこちらから!

 ●映画パンフレット  ●映画プレスシート
 ●映画チラシ     ●映画ポスター
 ●映画半券、試写状  ●映画スチル写真、ロビーカード、プロマイド
 ●映画関連書籍・雑誌……「平凡」「明星」などの芸能雑誌も歓迎!
 ●その他映画グッズなど、何でもお気軽にお問い合わせください。
こんにちは、スタッフFです。海外コミックコーナーからのお知らせ、今日はDCコミックスです。
さっそくですがごらんください。1993年のクロスオーバー長篇『BLOODLINES』が入荷しました!

bloodlines-201601011.jpg

『BLOODLINES』全25冊揃(DC COMICS, 1993年)

地球人に擬態、人間を襲い、骨髄から養分を啜る7体のエイリアン“パラサイツ”と、集めたエネルギーから彼らが生み出した巨大怪物テイカーに、DCヒーローズが立ち向かう!
全4部構成の大長編、DC各タイトルの年刊増刊号(アニュアル)上で繰り広げられた“OUTBREAK”“EARTHPLAGUE”“DEATHSTORM”と、完結編となるミニシリーズ“BLOODBATH”からなる全25冊です。
(タイトル一覧をこちらにご用意しました。)
同時期の『DEATH AND RETURN OF SUPERMAN』『KNIGHTFALL』といったメジャーヒーローたちの一大事を追ったイベント*1や、翌1994年の大規模クロスオーバー『ゼロ・アワー』あたりと比べると、現在では振り返られることも少ない長篇ですが、コミックファンからは、あるヒーローの初登場作品として記憶されています。

その男、ヒットマンことトミー・モナハン

   demonannual201601001.jpg

(画像中央のひとです)

『BLOODLINES』各誌では、パラサイツに髄液を吸われて生き残った人々が、ヴァンパイア的に超人化し、新たなヒーローとして登場。イベント終了後には、彼ら“ニュー・ブラッド”を主役にした新しいシリーズがいくつかスタートしました。
残念ながら、そのほとんどは定着に至りませんでしたが、ただひとり読者から静かな支持を集めたニュー・ブラッドがこのヒットマン。近年日本での知名度も急上昇! 超人専門に殺しを請け負う、DCきってのハードボイルドヒーローです。

本日は『BLOODLINES』第3部“DEATHSTORM”より、その初登場作、〈DEMON〉誌アニュアル2号をかんたんにご紹介いたします。

   demonetrigan201601001.jpg

まずは〈DEMON〉誌の主人公、エトリガン・ザ・デーモンについて。
かのキャメロットでアーサー王に仕えた騎士ジェイソン・ブラッドは、魔術師マーリンによって悪魔と融合させられ、不老不死を手に入れました。ゴッサムシティの悪魔学者として現代に生きるジェイソンが、マーリンから渡された詩を口ずさむとき、その身体を依代に、悪魔エトリガンが姿を現すのです。

さあ、ゴッサムシティに殺し屋トミー・モナハンが登場し、物語が幕を開けます。

   monaghan-001.jpg

今夜の標的は、ゴッサムの半分を牛耳る大物ギャング、ダブルズ。いざ仕事に取りかからんとトミーは照準を定めます。ところが、スコープには、ダブルズと、ダブルズに襲いかかるおぞましい化け物の姿が。

monaghan-002.jpg

ダブルズは殺され、トミー自身も、化け物に存在を感づかれる不運に見舞われます。パラサイツのひとりグロンスの強襲に、プロとはいえただの人間に過ぎないトミーは手も足も出せず、あえなくごちそうに……。

monaghan-003.jpg

髄液をたっぷり吸われ、搬送されたトミー。一命をとりとめたものの、目覚めると世界は一変していました。他人の心の声が響き渡り、その瞳は何もかもを見通せるようになっていたのです。

   hitman201601001.jpg

かくして読心能力と透視能力を手に入れたトミーでしたが、ダブルズを狙った件で、その手下たちから追われる身にもなっていました。かかる火の粉を払うため、ありったけの弾薬をひっさげて、ダブルズの通夜にいざカチコミ。

hitman201601002.jpg

いっぽう、ゴッサム中で暴れまわり、ダブルズの髄液がいちばん美味かったと結論付けたグロンスも、その息子を狙って、通夜を襲撃。さらに、弔問客の中には、グロンスと一度交戦し、その行動を予測していたジェイソン・ブラッド/エトリガン・ザ・デーモンの姿も。
「死者を愚弄する気か!」 ギャングたちの怒りも空しく、たちまち地獄絵図が広がり……。

こんな具合で、銃弾をばらまきながらDCユニバースに登場したヒットマン/トミー・モナハンは、その後じわじわと人気を集め、1996年には主演誌〈HITMAN〉が創刊、2001年まで続く長期作品になりました。日本でも、近年犬溶接マンを擁する名脇役チームセクション8話題になりましたし、それに後押しされてまさかの翻訳版(エンターブレイン、既刊2巻)まで出ましたから、ご存じの方も多いことでしょう。
ガンアクションやクライムコミックをお好みの皆様、“セクション8には笑ったけど、『ヒットマン』本編は読んでない”なんてことはございませんか? だとしたら、とてももったいないことです!
DCユニバースのマナーにのっとったり茶化したりしながら、脚本のガース・エニス*2がその作家性をのびのび発揮した傑作ハードボイルドです。ぜひぜひ書店で日本語版を探してみてください!

おもわず新刊書店さんへのご案内をしてしまいました。話題を『BLOODLINES』に戻しまして……。

上記の〈DEMON〉誌アニュアル2号が、〈HITMAN〉誌の合本に収録され、日本語版でも読むことができるのに対し、長篇としての『BLOODLINES』は、長らくリプリントの機会に恵まれず、ペーパーバックなどのまとまった形にはなっていません。
ですがつい先日、DCコミックスから同名の新シリーズの刊行がアナウンス。
EXCLUSIVE: DC Comics Brings "Bloodlines" Back in April 2016 (Comic Book Resourcesより)
宇宙から、新たな脅威の襲来が予告されました!  相互関係は不明ながら、こうなると、オリジナル版も俄然気になってきますよね。
『BLOODLINES』全25冊、海外コミックコーナーに陳列しております。どうぞおはやめに!

海外コミック探求は、神保町の@ワンダーで!

*1 1993年を通して繰り広げられた『BLOODLINES』と、死んだと思われたスーパーマンの復活、バットマンの重傷による交代、という大事件は平行しており、その人事は逐次『BLOODLINES』作中にも反映されています。

*2 ガース・エニスは、苛烈な暴力とブラックユーモアを持ち味とする人気ライター。スティーブ・ディロンを作画に迎えた代表作『PREACHER』は、米AMCでドラマ化が決定。先日ご紹介したマーベルのパニッシャーでも、2000年代にディロンとのコンビで素晴らしい作品の数々を生んでいます。


アメコミ/海外コミック、買います!
ポール・ニューマンのポスター、入荷いたしました

2016年1月22日a
2016年1月22日b

'60年作「孤独な関係」、'62年作「渇いた太陽」、'64年公開のラブ・コメディ「パリが恋するとき」、
'65年公開作「長く熱い夜」。'69年作の「明日に向って撃て!」は、'70年初公開版と'75年リバイバル版。
他にも、「スティング」「ロイビーン」「マッキントッシュの男」「評決」。「わが緑の大地」は半裁と立看がございます。

入荷いたしましたのは、彼の数多い出演作のほんの一部ですが、この度、ポスター売場に「ポール・ニューマン」コーナーを新設いたしました。
また、ポスター売場の棚を、ささやかながら、より見やすくリニューアルいたしましたので、ぜひご覧ください。

皆様のご来店をお待ちしております。


映画関連グッズ、買入いたします!詳しくはこちらから!

 ●映画パンフレット  ●映画プレスシート
 ●映画チラシ     ●映画ポスター
 ●映画半券、試写状  ●映画スチル写真、ロビーカード、プロマイド
 ●映画関連書籍・雑誌……「平凡」「明星」などの芸能雑誌も歓迎!
 ●その他映画グッズなど、何でもお気軽にお問い合わせください。
こんにちは、スタッフFです。海外コミックコーナーからお知らせいたします!

昨今、アメリカのTVドラマシーンでは、コミック原作作品が大盛り上がり。大横綱『ウォーキング・デッド』、さらに『アロー』、『フラッシュ』、『エージェント・オブ・シールド』etc、日本にも続々上陸しています。
ミステリファンの皆様も、バットマンの前日譚ドラマ『ゴッサム』やNETFLIX/マーベルの『デアデビル』など、クライムノベル/ノワールの香り漂う作品をお楽しみなのでは。

          

昼は弁護士として、夜は恐れ知らずのヒーロー“デアデビル”として。盲目の男マット・マードックの壮絶な戦いを描いた『デアデビル』は、2016年3月にシーズン2世界同時配信予定
映画『アベンジャーズ』や『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』『アントマン』と同一の世界、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)におけるニューヨークを舞台に、映画シリーズでは描かれていない街の暗部にスポットをあてた重厚な犯罪ドラマです。

シーズン2には、暗殺者エレクトラなど、原作の人気キャラクターも参戦。中でも注目を集めているのが、私刑執行人パニッシャーの登場です。
ドルフ・ラングレン主演の1989年版ほか、これまでにも3度映画が作られている人気ヒーロー。満を持してMCU入りを果たす今回は、『ウォーキング・デッド』で知られるジョン・バーンサルによって演じられます。

      punisher201601002.jpg

パニッシャー、本名フランク・キャッスルは、スーパーヒーロー的な超能力を持たないにもかかわらず、悪人たちからもっとも恐れられるマーベルヒーロー。
スパイダーマンやキャプテン・アメリカら、多くの超人が“いかなる相手でも殺しだけは御法度”と決めて活動しているのに対し、元・アメリカ海兵隊、ベトナムでの実戦経験もあるフランクは、その戦闘技術と大量の銃火器を躊躇することなく用いて、スーパーヴィランからギャング、ヤクザ、汚職警官まで、ありとあらゆる犯罪者を地獄へ送り込みます。
したがって自らも警察に追われる身、他のヒーローからは危険人物扱いを受けることも。

      essential-punisher201601001.jpg

『Essential Punisher』Vol.1 (MARVEL COMICS, 2006 2nd Edition)
こちらは、白黒印刷ながら大ボリュームなペーパーバックシリーズ、Essentialの1冊。1974年から1986年までにパニッシャーが登場した作品を、ほぼ完全に網羅しています。

まずは記念すべき初登場作、〈Amazing Spider-man〉 129号(1974年)。
当時、ノーマン・オズボーン氏*1殺害の容疑がかかっていたスパイダーマン。ジャッカルという悪人がこの状況を利用し、パニッシャーをけしかけます。

spider-manpunisher201601001.jpg

誤解に気付き、ジャッカルへの怒りを募らせるパニッシャーに、スパイディは『元海兵隊員がいったいなぜこんなことをやっているのか』と尋ねますが、彼は多くを語らず、闇へと姿を消すのでした。

“元海兵隊員がいったいなぜこんなことをやっているのか”については、翌1975年の読切誌、〈Marvel Preview〉 2号のなかで語られています。

originpunisher201601001.jpg

ギャングの抗争に巻き込まれ、凶弾の犠牲になった妻と二人の子どもの記憶を振り返るフランク・キャッスル。悪への復讐心が、フランクを無慈悲な仕置人パニッシャーへ変えたのです。

パニッシャーゆかりの人物を何人かご紹介しましょう。

jigsaw-201601001.jpg

殺し屋ビリー・ルッソは、パニッシャーの襲撃から生き延びた幸運なひとり。しかし、窓ガラスにぶち込まれて顔面をズタズタにされた恨みは消えず、ジグソウと名乗るようになったルッソは、以降、パニッシャーの前に何度も立ちはだかります。

captainamericapunisher201601001.jpg

ごぞんじ、第二次大戦の英雄キャプテン・アメリカ/スティーブ・ロジャース
元・海兵隊員フランク・キャッスルにとっても、憧れのヒーローであり、最上の敬意を払う存在です。
〈Captain America〉 241号(1980年)で二人は初めて出会いますが、悪人を皆殺しにするパニッシャーのやり方を、キャップは決して認めません。

daredevilpunisher201601001.jpeg

そして、このたびドラマでも相まみえることになったデアデビル/マット・マードック
パニッシャーとは、クライムファイター同士ながら完全に相容れることはなく、原作コミックでも度々衝突。
〈Daredevil〉 183&184号(1982年)で、その初遭遇が描かれています。

daredevilpunisher201601002.jpg

子どもを食い物にするドラッグディーラー、ホグマンの処遇をめぐって二人は対立。
“You're a good man, Daredevil. But not good enough.”と言われてしまうデアデビルですが、クライマックスでは驚くべき行動に……。
フランク・ミラーが脚本を担当した時期の名作エピソードに数えられる本作。おそらく来たるドラマ版シーズン2も、こちらを大いに参照しているものと思われます。

1986punisher201601001.jpg

さて、『Essential Punisher』のラストを飾るのは、1986年に刊行されたミニシリーズ〈The Punisher〉全5号。
初登場から12年を経て、ついに自身の名を冠したタイトルをゲット!

このあとパニッシャーは、当時のコミックシーンのトレンド“Grim & Gritty”*2の波も手伝ってダークヒーローとしての地位を確立し、80年代後半から90年代前半にかけて、複数の主演誌を抱える大人気キャラクターへと成長。先述のとおり映画化の機会にも恵まれ、00年代以降はガース・エニス&スティーブ・ディロンによるシリーズが高い評価を得た他、マット・フラクション、ジェイソン・アーロン、リック・リメンダーといった最先端のライターが脚本を歴任。やや浮き沈みはあるものの、現在まで一線級のヒーローとして活躍しています。

その隆盛の土台となった最初期の活躍、ドラマの配信開始前に、ぜひぜひお楽しみください。
アメコミ探求は、神保町の@ワンダーで!

*1 スパイダーマンの宿敵グリーン・ゴブリン。この半年前、〈Amazing Spider-man〉誌 122号でスパイダーマンとの激闘の果てに自滅しています。
*2 勧善懲悪の否定、暴力過多、といった作品傾向。80年代、アラン・ムーアフランク・ミラーの台頭をきっかけに流行。


アメコミ/海外コミック、買います!
ヤフオク!に新規商品を出品いたしました

出品リストはこちらになります


マリリン・モンローのGIジェーンやバービー人形などの映画フィギュア
スーザン・ヘイワード「真紅の女」ポスター 他 映画ポスター・チラシ
他ソノシート・レコードなどを出品しております



003a_2016011716010830a.jpg
sanseidou-furuhon001.jpg

三省堂書店池袋本店 古本まつり
 2月9日(火)~2月15日(月) 午前10時~午後9時
  ※2月11日(木・祝)・2月14日(日)は午後8時、
   最終日2月15日(月)は会場のみ午後6時閉場

 会場 西武池袋本店 別館2階特設会場(西武ギャラリー)

西武池袋本店にて、新たに三省堂書店古本まつりがスタート。
@ワンダーも良品お買い得品をひっさげて参加予定、ただいま準備を進めております!
ぜひ、池袋へ遊びにいらしてください。

各参加店の目玉商品をたっぷり掲載した目録も、まもなく発行されます。
@ワンダーの掲載品につきましては、当ブログでもご紹介いたします。お楽しみに!
'60~'70年代の日本の喜劇映画ポスター、入荷いたしました

2016年1月15a
2016年1月15b
クレージー・キャッツものは8作品。
特技監督を円谷英二がつとめた「大冒険」、「無責任清水港」はミツカン酢とのタイアップ版、
ほかに「奇想天外」「クレージー大作戦」「天下無敵」「黄金作戦」、2色版の「怪盗ジバゴ」。
植木等の「日本一のゴリガン男」もございます。
「駅前」シリーズは2作品。
「駅前百年」と、ニュー・プリント版の「駅前旅館」。
ザ・ドリフターズものとコント55号ものは1作品ずつ。
その他のものも少々入荷しております。

皆様のご来店をお待ちしております。


映画関連グッズ、買入いたします! 詳しくはこちらから!

 ●映画パンフレット  ●映画プレスシート
 ●映画チラシ     ●映画ポスター
 ●映画半券、試写状  ●映画スチル写真、ロビーカード、プロマイド
 ●映画関連書籍・雑誌……「平凡」「明星」などの芸能雑誌も歓迎!
 ●その他映画グッズなど、何でもお気軽にお問い合わせください。
ヤフオク!に新規商品を出品いたしました。

出品リストはこちらになります。

フィギュア 時代劇侍シリーズ「三船敏郎 侍」や
エルヴィス・プレスリー、マリリン・モンローらアメリカンイコンの煌びやかなフィギュア
ヴィヴィアン・リー「風と共に去りぬ」ポスター(昭和37年リバイバル版)
ほか、映画チラシなどの映画関連グッズ、古ソノシートなどを出品しております。

001a_20160111144827add.jpg
古めの日本人俳優プロマイドと、市川雷蔵出演作スチル、入荷いたしました

1月8a
1月8b
画像は、戦前スタア女優の筑波雪子、伏見直江。
伏見直江のものは、リプリントのスチルですが、色香漂う写真ばかりです。
続いて、水戸光子、初代・水谷八重子、長谷川一夫と高峰三枝子の2ショット、山本富士子、雪村いづみ、ザ・ピーナッツ。
ほかにも、田中絹代、山田五十鈴、市川右太衛門、高田浩吉などが入荷しております。

1月8c
市川雷蔵スチルは6作品。
すべて時代劇で、「眠狂四郎」が2作、「沓掛時次郎」「赤い手裏剣」、勝新太郎との共演作「二人の武蔵」、コミカルな「濡れ髪三度笠」。
いずれも、麗しい雷蔵さまが堪能できるかと存じます。

皆様のご来店をお待ちしております。


映画関連グッズ、買入いたします! 詳しくはこちらから!

 ●映画パンフレット  ●映画プレスシート
 ●映画チラシ     ●映画ポスター
 ●映画半券、試写状  ●映画スチル写真、ロビーカード、プロマイド
 ●映画関連書籍・雑誌……「平凡」「明星」などの芸能雑誌も歓迎!
 ●その他映画グッズなど、何でもお気軽にお問い合わせください。
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.