神保町の古書店 @ワンダーのブログ
神田神保町の古書店、アットワンダーです。SF・ミステリ・映画関連品ほか、買取歓迎! 古書探求をお楽しみの後は、2階に併設のブックカフェ二十世紀で珈琲をどうぞ。
20150712345678910111213141516171819202122232425262728293031201509
こんにちは、推理・SF担当のスタッフFです。SFコーナーからのお知らせです。
またまた、アメリカのSF専門誌です。どうぞごらんください。

     astounding20150831.jpg

Astounding SCIENCE FICTION April 1955
 (Streer & Smith Publications)


前回に引き続き、SF専門誌の老舗、現〈アナログ・サイエンス・フィクション・アンド・ファクト〉誌、
旧誌名〈アスタウンディング・サイエンス・フィクション〉
1955年4月号が入荷しました! 
フランク・ケリー・フリースによるカバーアートは、本号より連載がスタートした
ポール・アンダースン『The Long Way Home』を描いたもの。
挿絵もフランク・ケリー・フリースが手がけています。
深宇宙の旅を終えたエドワード・ラングレー船長と2人の宇宙飛行士が、
コンピュータに制御された五千年後の地球に降り立ってしまう同作は、7月号まで全4回が連載。
Ace Booksより 『No World of Their Own』の別題で、
アシモフ『The 1,000-Year Plan』(ファウンデーションの初期4編をまとめたもの)
との合本が刊行された他、幾度かリプリントされていますが、日本においては未訳
1階新着商品棚に陳列しております。おはやめにどうぞ!

神保町の@ワンダーで、SF散歩をお楽しみください。



SF、買います! 詳しくはこちらから!

蔵書の整理をお考えの皆様、
神保町の@ワンダーへぜひ一度お問合せください。


早川書房・東京創元社他、
各社から刊行された国内/海外SF作品全般
評論その他関連書籍ジュヴナイル
文庫/新書/叢書/単行本/雑誌、幅広く取り扱っております。

ハヤカワ文庫SF創元SF文庫サンリオSF文庫
スペースオペラ/ハードSF/ニューウェーブ、
ミリタリーSF/ユーモアSF/サイバーパンク/スチームパンクetc、
幻の名作から定番作品まで買い取り歓迎いたします!


その他、ミステリ・推理小説映画関連品アメコミ・海外コミック
幻想文学・ファンタジー怪奇小説・ホラーなどなど、
店頭へのお持込みはもちろん、出張買入・配送査定もご相談承ります!

買取相談フリーダイヤル 0120-154-727
メールでのご相談も承ります。 wonder@atwonder.co.jp
スポンサーサイト
こんにちは、推理・SF担当のスタッフFです。本日はミステリコーナーから、
フレドリック・ブラウンの軽ハードボイルド連作、
《エド・アンド・アム・ハンター》シリーズをご紹介いたします。
これまで唯一未訳だった第4作『Compliments of a Fiend』
このたび、論創社より、『アンブローズ蒐集家』(訳:圭初幸恵)として刊行!
神保町の新刊書店では先行販売が始まっている、はずです。
これを機にシリーズを読んでみようかな、という皆様は、その後ぜひ@ワンダーへ。
既訳6点、創元推理文庫棚に揃えております。

   edhunter01.jpg edhunter02.jpg edhunter03.jpg
   edhunter05.jpg edhunter06.jpg edhunter07.jpg

創元推理文庫
 『シカゴ・ブルース』(訳:青田勝) | 『三人のこびと』(訳:井上勇)
 『月夜の狼』(訳:井上勇) | 『死にいたる火星人の扉』(訳:鷺村達也)
 『消された男』(訳:北村太郎) | 『パパが殺される!』(訳:向後英一)


SF黄金期のクラシック「闘技場」「星ねずみ」をはじめとする短篇・ショートショート群や、
『火星人ゴーホーム』『発狂した宇宙』などのSF長篇でしられる、
奇想とユーモアの名手フレドリック・ブラウン。ミステリの分野においても短篇・長篇両方で活躍し、
その成果の多くが創元推理文庫に収められています。

見習印刷工の少年エド・ハンターと、その伯父、
見世物興行師のアンブローズ・ハンターが初登場したのが、
ブラウンの処女長篇でもある『シカゴ・ブルース』(1947年)。
アム伯父さんの協力を得て父ウォレスを殺した犯人を追うエド、シカゴを舞台にした彼らの最初の冒険は、
翌年、アメリカ探偵作家クラブのエドガー賞 最優秀処女長編賞を受賞しました。
以降1963年までに全部で7つの長篇が発表。
アム伯父さんとともに私立探偵となり、共同でハンター&ハンター探偵社を立ち上げ、
見守られながら成長していくエドの姿が、シリーズを通して描かれています。

創元推理文庫棚には、この他、『手斧が首を切りにきた』『不思議な国の殺人』
『3、1、2とノックせよ』『交換殺人』などなど、ブラウンのミステリ/サスペンス多数ございます。
技巧に満ちた作品群、ぜひお楽しみください。
ミステリ探求は、神保町の@ワンダーで!



ミステリ・推理小説、買います! 詳しくはこちら

蔵書の整理をお考えの皆様、
神保町の@ワンダーにぜひ一度ご相談ください。


東京創元社・早川書房他、各社から刊行された翻訳ミステリ
新青年/宝石/幻影城/江戸川乱歩賞作家らによる昭和の推理/探偵小説
評論その他関連書籍ジュヴナイル
文庫/新書/叢書/単行本/雑誌、幅広く取り扱っております。

ハヤカワ文庫HM/ハヤカワ・ミステリ文庫、創元推理文庫、
昭和30年代までの国内推理/探偵小説単行本

本格ミステリ / ハードボイルド / サスペンス、
警察小説 / スパイ小説 / 冒険小説などなど、
幻の名作から定番作品まで、買い取り歓迎いたします!

その他、SF映画関連品アメコミ・海外コミック
幻想文学・ファンタジー怪奇小説・ホラーetc、
店頭へのお持込みはもちろん、出張買入・配送査定も承ります!

買取相談フリーダイヤル 0120-154-727
メールでのご相談も承ります。 wonder@atwonder.co.jp
こんにちは、推理・SF担当のスタッフFです。SFコーナーからのお知らせです。
前回に引き続き、アメリカのSF雑誌をご紹介いたします。どうぞごらんください。

    IMG_20150822_181656.jpg

Analog Science Fact & Science Fiction MARCH 1965
〈アスタウンディング・サイエンス・フィクション〉などの旧誌名も知られるSF専門誌の老舗、〈アナログ〉誌!
こちらの1965年3月号には、フランク・ハーバートによるSF大河小説の古典
『デューン』シリーズ、前年発表の『Dune World』に続く第2作
『The Prophet of Dune』連載第3回が掲載されています(全5回)。
『Dune World』『The Prophet of Dune』を長篇としてまとめたのが、かの『デューン/砂の惑星』
そろそろ? ハヤカワ文庫SFから新訳版が登場、
デヴィッド・リンチ監督による映画版のBlu-ray BOXも話題になっていますね。
さて、特筆すべきは、デューンシリーズのアートを多く手がけたジョン・ショーヘンエールによるカバー。
シリーズの象徴、巨大な砂漠の怪物サンドワームを幻想的に描写。
ハーバート/ショーヘンエールが描き出したサンドワームは、
後のSF/ファンタジーのビジュアルイメージにも、多大な影響を及ぼしています。

1階靖国通り側レジ後方に陳列しております。
お手にとってごらんいただけますので、スタッフまでお気軽にお申しつけください。

おまけでもう一点、コミック版デューンをご紹介。
マーベルコミックス、『MARVEL SUPER SPECIAL』36号(1984年)
映画やテレビシリーズのコミック版を多数掲載したタイトルで、
こちらはデヴィッド・リンチ版『砂の惑星』公開時に描かれたものです。

    IMG_20141201_162349.jpg

作画を務めたのは、『デアデビル』や『ニューミュータンツ』で知られるビル・シンケビッチ
80年代のコミックシーンにコラージュなどを駆使した斬新なスタイルを持ち込み、
新風を吹き込んだ鬼才によるサンドワームをごらんください。

sandworm01.jpgsandworm02.jpg

SF散歩は、神保町の@ワンダーで!



SF、買います! 詳しくはこちらから!

蔵書の整理をお考えの皆様、
神保町の@ワンダーへぜひ一度お問合せください。


早川書房・東京創元社他、
各社から刊行された国内/海外SF作品全般
評論その他関連書籍ジュヴナイル
文庫/新書/叢書/単行本/雑誌、幅広く取り扱っております。

ハヤカワ文庫SF創元SF文庫サンリオSF文庫
スペースオペラ/ハードSF/ニューウェーブ、
ミリタリーSF/ユーモアSF/サイバーパンク/スチームパンクetc、
幻の名作から定番作品まで買い取り歓迎いたします!


その他、ミステリ・推理小説映画関連品アメコミ・海外コミック
幻想文学・ファンタジー怪奇小説・ホラーなどなど、
店頭へのお持込みはもちろん、出張買入・配送査定もご相談承ります!

買取相談フリーダイヤル 0120-154-727
メールでのご相談も承ります。 wonder@atwonder.co.jp
こんにちは!
次週9月4日(金)、弊店2階《ブックカフェ二十世紀》にて、
元・朝日ソノラマ/少年画報社/手塚治虫担当編集 橋本一郎さんの著書
『鉄腕アトムの歌が聞こえる ~手塚治虫とその時代~』(少年画報社)
刊行記念トークショーを開催いたします!
朝日ソノラマでは、あの「鉄腕アトム主題歌」をはじめ数多くのソノシートを企画・ヒットさせ、
新書版コミックスの草分けとなった〈サンコミックス〉を創刊。
少年画報社では、〈週刊少年キング〉の編集に携わったのち、
伝説の劇画誌〈増刊ヤングコミック〉を立ち上げるなど、
漫画・アニメの興隆期に重要な仕事をいくつも手掛けた橋本さん。
本に書き切れなかったウラ話や、作品の制作秘話など、たっぷりお話しいただきます。
ただいま参加お申込み受付中! 漫画・アニメファンの皆様、ぜひぜひご来場ください。
18時開場 / 19時開始チケット1,500円(1ドリンク付)
jimbo20seiki@gmail.com まで、皆様のお申込みをお待ちしております!

イベント開催にともない、少年画報社刊関連書籍@ワンダー1階にて販売中!
『鉄腕アトムの歌が聞こえる』(1,600円+税)はもちろん、
名だたる実力派が、江戸川乱歩の原作をモチーフに描いた名作劇画の数々を復刻した
『江戸川乱歩妖美劇画館』Vol.1・2(各800円+税)には、
橋本さんが編集部に在籍していたころの〈週刊少年キング〉に掲載された
《江戸川乱歩・恐怖シリーズ》なども収録されています。

     atomnouta.jpg ranpo120150810.jpg ranpo220150810.jpg

そして本日、『江戸川乱歩妖美劇画館』の最終Vol.3が入荷、
こちらも@ワンダー1階にて販売開始しました

             ranpo320150829.jpg

SGコミックス
『江戸川乱歩妖美劇画館』Vol.3
 横山光輝「白髪鬼」/「闇の顔」

シリーズの最後を飾るのは、ごぞんじ横山光輝
『鉄人28号』『三国志』『バビル2世』『伊賀の影丸』『仮面の忍者 赤影』
『ジャイアントロボ』『魔法使いサリー』『コメットさん』などなど、
娯楽漫画の王道を歩んだ、言わずと知れた国民的作家ですが、
折々に、ドイルやポオ、横溝などのミステリ作品の漫画化も手掛けており、
本書掲載の「白髪鬼」は、先述の《江戸川乱歩・恐怖シリーズ》第1弾として
〈週刊少年キング〉1970年15号から20号まで連載されたものです。
”漫画の鉄人”流、乱歩世界をお楽しみください。
併載の「闇の顔」は、前年1969年の〈別冊少年マガジン〉4月号(講談社)に掲載された
横山のオリジナル作品です。
1・2巻と同じく、800円+税で販売中! イベント前に、ぜひお求めください。

9月4日(金)は、2階・ブックカフェ二十世紀でお待ちしております!



橋本一郎『鉄腕アトムの歌が聞こえる
  ~手塚治虫とその時代~』出版記念トークショー


2015年9月4日(金) 18:00開場 / 19:00開演
会場 ブックカフェ二十世紀
話し手 橋本一郎
     (ライター/元「朝日ソノラマ」出版プロデューサー
      /元「週刊少年キング」編集者)

チケット 1,500円(1ドリンク付)


《チケットご予約・お問い合わせ》
 TEL: 03-5213-4853
 E-mail: jimbo20seiki@gmail.com まで!




ブックカフェ二十世紀では、
イベント開催・パーティー貸切のご相談も承ります。
詳しくはこちらをごらんください!

《ご利用お問い合わせ》
 店舗 03-5213-4853
 弊店鈴木 090-3902-2961
 Eメール jimbo20seiki@gmail.com

こんにちは、推理・SF担当のスタッフFです。海外コミックコーナーからのお知らせです。
海の向こうから続々とコミコン情報が届き、日本語版コミックは怒涛の刊行ラッシュ、
映画『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』の日本公開と、
海外コミックファンの皆様には実り多き夏だったかと存じますが、
その仕上げ、八月最後の週末は、ぜひ神保町の@ワンダーへお越しください。
夏の終わりのアメコミまつり! 00年代~近年のDCコミックス中心に、
海外コミックコーナーにたっぷりと品出ししました。
ドラマ『ARROW』でおなじみグリーンアローや、ジャスティスリーググリーンランタン
ティーンタイタンズなどのヤングヒーロータイトル、その他NEW52!の現行作品
ちょっぴりですが、マーベルコミックスや、IDWのトランスフォーマーシリーズもございます。
お見逃しなく!

さらに、グッと時代をさかのぼって、60年代末から70年代初頭DC作品も入荷しております。
本日は、伝統あるシリーズ、〈The Brave and the Bold〉誌をご紹介いたします!

bravebold01.jpg

現在まで、同名を冠したタイトルが幾度か立ち上げられていますが、
こちらは、1955年から1983年まで全200号が刊行されたオリジナルシリーズです。
創刊当初は、ロビン・フッドなど史劇・伝承に基づくキャラクターが活躍するアンソロジー誌でした。
戦後下火となっていたヒーローコミックに再燃の兆しが見えたころ、方針が変更され、
1959年以降、新しいヒーロー/コンセプトの試験的な短期連載がスタートします。
第25号でデビューした、リック・フラッグ率いる特殊部隊Suicide Squadは、
80年代以降、政府がスーパーヴィランを集めて構成した異色のチームに生まれ変わり人気を獲得、
来年には映画が公開される予定です
そして第28号(1960年)では、DCヒーローのドリームチーム、ジャスティスリーグ・オブ・アメリカが結成!
こちらは3号の試運転ののち、すぐに独立、その後の活躍はご存知のとおり。
その後、スポーツコミックにSF・怪奇のテイストを持ち込んだ〈Strange Sports Stories〉シリーズを経て、
ふたたび同誌は方針を変更します。

bravebold02.jpg

1964年からは、毎号ふたりのDCヒーローが共闘する、いわゆるチームアップ誌に路線変更。
当初、アクアマンとホークマン、アトムとフラッシュ、というふうに、毎回まったく異なるコンビが登場していましたが、
1966年にテレビドラマ『バットマン』の放映がスタートし、空前の大ヒットを記録すると、
次第にバットマンがコンビの片方に固定されるようになります。
今回入荷したのは、バットマンが完全にレギュラーの座を確保した1968年から、1973年までのもの。
バットマンと、おなじみのヒーローやちょっぴりマイナーなキャラクターたちの活躍をお楽しみください。

海外コミック探求は、神保町の@ワンダーで!



アメコミ/海外コミック、買います!
詳しくはこちらをごらんください。

原書(リーフ、TPB、HC)日本語版、どちらも買取歓迎!
店頭へのお持ち込みの他、配送査定のご相談も承ります。
まずはメールで、お気軽にお問合せください。
wonder@atwonder.co.jp
特撮映画のパンフレットと冊子、洋画ソノシート本が入荷いたしました。

2015-8-28a.jpg
2015-8-28b.jpg
特撮パンフレットはいずれもリバイバルの東宝チャンピオンまつりのもので、
1970年の「モスラ対ゴジラ」(初公開は1964年)、「キングコング対ゴジラ」(同1962年)、
1971年の「怪獣大戦争 キングギドラ対ゴジラ」(同1965年)です。
リバイバル版とはいえ、円谷英二&本多猪四郎コンビの特撮世界だけでなく、
併映のアニメ「アタックNo.1」や「みなしごハッチ」と合わせ、
たいへん良い味を出しているのではないでしょうか。

冊子の「決戦!南海の大怪獣」は、1970年の東宝チャンピオンまつりのもので、
こちらは初公開時のものです。中身はほぼ、鈴木勝利画の漫画です。
もう2点は、大映映画の「よみきり怪獣まんが」シリーズの「ガメラ対ジャイガー」(昭和45年発行)、
「よみきり妖怪まんが」シリーズの「妖怪大戦争」(昭和43年発行)です。
こちらも中身は漫画ですが、表紙や巻頭カラーグラビアがそそられます。

2015-8-28c.jpg
2015-8-28d.jpg
ソノシート本は、西部劇ものが6点。
ハードカバーの「西部劇音楽傑作集」は月刊映画音楽臨時増刊で、ソノシート8枚に18曲が入ったもの。
ほかには若い音楽別冊の「西部劇音楽」、「最新西部劇音楽集」、
「映画音楽ヒットパレード」の「西部ガン・ミュージック」特集。
月刊映画音楽の「続・西部劇音楽特集号」は表紙がプレスリーです。
「ガン・ミュージック」には西部劇だけでなく、「007は殺しの番号」や「いぬ」なども入っています。

西部劇以外では、「王様と私」が表紙のミュージカル映画音楽集、
盤面に「エデンの東」「第三の男」の写真がプリントされた「映画音楽ゴールデン・ヒッツ」、
「太陽がいっぱい」などが収録された「アランドロンとともに」。
画像にはありませんが、「ロードショー」創刊1周年記念盤「ドロンの独り言」は
硬いレコードで、盤面にドロンがプリントされた、DURBAN協力の非売品です。

いずれも眺めているだけで楽しくなるものです。是非お手に取って、中身もご覧くださいませ。
皆様のご来店をお待ちしております。



映画関連グッズ、買入いたします!詳しくはこちらから!

 ●映画パンフレット  ●映画プレスシート
 ●映画チラシ     ●映画ポスター
 ●映画半券、試写状  ●映画スチル写真、ロビーカード、プロマイド
 ●映画関連書籍・雑誌……「平凡」「明星」などの芸能雑誌も歓迎!
 ●その他映画グッズなど、何でもお気軽にお問い合わせください。
2015/08/26(水) 12:50:00 | カテゴリ:文学
こんにちは。2階文学コーナーより新入荷情報をお届けいたします。
IMG_20150826_103853.jpg
ウィリアム・モリス『サンダリング・フラッド』(妖精文庫版)が入荷いたしました。
19世紀のイギリスに生きたウィリアム・モリスは非常に多才な人でした。
とりわけ、シンメトリーに、あるいはパターン増殖する過剰な草花をあしらった美しいデザイン
でよく知られ、日本国内においても洋服や傘にあしらわれていたり、
またはファニチャーデザインの一種として誰もが一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。
美術史の中でも避けて語ることはできない”アーツ&クラフツ運動”などの活動で、
後世に対して多大な影響をもたらしたことから「モダンデザインの父」とも呼ばれている
彼は、さらに「モダン・ファンタジーの父」でもありました。
裕福な家庭に生まれたモリスは、「七歳までに良書、悪書、いずれでもない書物
とりまぜて、厖大な数を読んだ」ほどの読書家でした。
ロマン主義作家ウォルター・スコットの小説や、美術評論家のジョン・ラスキンに影響
を受け、1895年には、モリスのファンタジー小説第一作目となる『世界のかなたの森』
を書き上げます。
その後連続してファンタジー作品を発表したモリスの長編遺作となってしまったのが
今回入荷した『サンダリング・フラッド』です。
ある町を二分にする大河”サンダリング・フラッドを舞台に繰り広げられる幻想譚は、
一連のファンタジー作品にも見られる想像上の中世的なユートピア世界で展開してゆき、
素朴でありながらも美しい物語が紡がれます。
生活と美術を真摯に結びつけようとしたモリスの美術世界をこの機会に是非!

その他
【講談社世界文学全集第88巻】
・ユージーン・オニール(楡の木陰の欲望・すべての神の子には翼がある)
・ソーントン・ワイルダー(わが町 ほか)
・テネシー・ウィリアムズ(カミノ・レアル 地獄のオルフェウス)
【J・M・クッツェー著 ペテルブルグの文豪】
【グリンメルスハウゼン著 放浪の女ぺてん師クラーシェ】ブレヒト作品「肝っ玉おっ母とその子どもたち」の種本
【吉田孝夫著 ディケンズのことば】ディケンズの英文体の論究書
【エーミール・シュトラウス著 あひよる魂】
などなどが入荷いたしております。

全て@ワンダー2階南側古書フロア文学コーナーにて取り扱っております。
神保町へお越しの際は是非お越しください!

【文学関連書籍買取いたします!】
▽海外純文学作品
▽国内純文学作品
▽文学評論・作家評伝関連

歓迎いたします!
【文庫本の買取も行っております!】
▽岩波文庫各色
▽講談社学術文庫・講談社文芸文庫
▽ちくま文庫・ちくま学芸文庫

歓迎いたします!

店頭へのお持込みはもちろん、出張買入配送査定もご相談承ります!
お気軽にご相談ください。

買取相談フリーダイヤル 0120-154-727
メールでのご相談も承ります。 wonder@atwonder.co.jp
こんにちは、推理・SF担当のスタッフFです。本日は国内ミステリコーナーより、
都筑道夫《ひとり雑誌》シリーズをご紹介いたします。

      hitorizassi01.jpg hitorizassi02.jpg
      hitorizassi03.jpg hitorizassi04.jpg

桃源社 都筑道夫ひとり雑誌 全4号揃(昭和49年発行)
 第1号『緊急放出大特集』 | 第2号『掘出珍品大特集』
 第3号『空前絶後大特集』 | 特別号『妖怪変化大特集』


戦後のミステリ・SFシーンにおいて重要な役割を果たした編集者であり、
英米ミステリの卓越した紹介者であり博覧強記の評論家であり、
なにより、奇想天外、軽妙洒脱な作品群で斯界を牽引した実作者であった都筑道夫
砂絵のセンセーキリオン・スレイ退職刑事物部太郎泡姫シルビア
忘れがたい名探偵たちを多く世に送り出したほか、時代ものSF怪奇ショート・ショート
縦横無尽の活躍を見せた氏ならではの名企画が、こちらの《ひとり雑誌》シリーズです。

そもそも正岡容・大坪砂男の弟子であった都筑は、正岡の紹介でカストリ雑誌の編集に携わった後、
青灯社〈ポケット講談〉で講談のダイジェストを任されたのを手始めに、
小説から雑文まで、同誌のあらゆる原稿を様々な筆名で手がけるようになり、
その後始めた抄訳・リライト業でも、元の訳稿が上がってこないときに贋作を仕立てるなど、
本格的な作家活動に入る以前の十代二十代のころから、すでに多くの作品を発表していました。

後年、都筑自身が紛失したと思い込んでいた当時の切り抜きがごっそり発見され、
島崎博のすすめもあって、桃源社から出版するはこびに。
講談からスパイものまでジャンルは様々、さらに都筑道夫名義で発表されたもの、
淡路龍太郎柴田梅玉鶴川匡介といった別名義のもの、
ジェフ・エヴァンスアラン・リード架空の作家の翻訳が混在していましたが、
『すべて当時のペンネームのまま、雑誌の体裁で出したらおもしろいのでは』
という編集からの提案が、それらをうまくまとめる鍵になり、
かくして、凝った目次作品ごとに異なる段組三号雑誌=カストリ雑誌になぞらえた全3号構成
都筑らしい洒落たつくりを得て、若かりし頃の作品が再び世に出たのでした。
それでもなお単行本5、6冊分の講談が残っており、こちらは特別号にまとめられています。

都筑道夫作品、文庫・単行本ともに多く取り扱っています。
ご来店の際は、国内ミステリ棚をぜひごらんください。
ミステリ探求は、神保町の@ワンダーで!



ミステリ・推理小説、買います! 詳しくはこちら

蔵書の整理をお考えの皆様、
神保町の@ワンダーにぜひ一度ご相談ください。


東京創元社・早川書房他、各社から刊行された翻訳ミステリ
新青年/宝石/幻影城/江戸川乱歩賞作家らによる昭和の推理/探偵小説
評論その他関連書籍ジュヴナイル
文庫/新書/叢書/単行本/雑誌、幅広く取り扱っております。

ハヤカワ文庫HM/ハヤカワ・ミステリ文庫、創元推理文庫、
昭和30年代までの国内推理/探偵小説単行本

本格ミステリ / ハードボイルド / サスペンス、
警察小説 / スパイ小説 / 冒険小説などなど、
幻の名作から定番作品まで、買い取り歓迎いたします!

その他、SF映画関連品アメコミ・海外コミック
幻想文学・ファンタジー怪奇小説・ホラーetc、
店頭へのお持込みはもちろん、出張買入・配送査定も承ります!

買取相談フリーダイヤル 0120-154-727
メールでのご相談も承ります。 wonder@atwonder.co.jp
こんにちは、推理・SF担当のスタッフFです。SFコーナーからのお知らせです。
昨日、ワシントンのスポケーンで開催されたワールドコン(世界SF大会)で、
もっとも歴史あるSF賞 ヒューゴー賞、今年の授賞式が行われました。
本日ご紹介いたしますのは、賞の名のもとになっているアメリカSFの父、
ヒューゴー・ガーンズバックが1926年に創刊した元祖SF専門誌、
〈AMAZING STORIES〉です。どうぞごらんください。

      IMG_20150822_180721.jpg

〈AMAZING STORIES〉 Vol.24, No.2 FEBRUARY, 1950
アメージング・ストーリーズ1950年2月号です!
“あのガーンズバックの!”というふうに先述しましたが、
実のところ、氏はこの20年前に、トラブルで〈アメージング〉誌を去っており、
〈アメージング〉誌自体も、いくつかの出版社を渡り歩いて、
この頃はシカゴのZIFF-DAVIS PUBLISHING COMPANYに落ち着き、
編集人はHoward Browneが務めています。
黄金の50年代に突入したばかりのアメリカSFシーン、時代の空気をお楽しみください。

さて、今回の入荷はこれだけではございません。
上記の〈アメージング〉誌、実はある書籍との2冊セットで店頭に陳列いたしております。
こちらをごらんください。

      IMG_20150822_180750.jpg

なんとおなじ表紙! こちらは、誠文堂新光社から、同じく1950年に発行された
〈アメージング・ストーリーズ日本語版〉、最終巻となった第7集です。
本誌から作品を厳選した、日本最初の海外SF叢書
ですが、このころ(1950年=昭和25年)はまだ日本に“SF”という名称が定着しておらず
海の向こうからやってきたこれらのまったく新しい物語は、仮に“怪奇小説”と銘打たれました。
の惹句にも1960年の怪奇! そしてスリル!”という表現。
その裏面には、香山滋が東京日日新聞に寄せた評が掲載されています。

共通するカバーは、ROBERT GIBSON JONESによるもので、
同誌掲載のWilliam P. McGivern「The GALAXY RAIDERS」のために描かれたイラスト。
そう、『殺人のためのバッジ』『ビッグ・ヒート』といった悪徳警官ものや、
『緊急深夜版』『明日に賭けろ』などの社会派犯罪小説で名高い、
あのウィリアム・P・マッギヴァーンです。
ミステリ作家として大きく花開く以前は、〈アメージング〉誌で短篇を多く手がけており、
「The GALAXY RAIDERS」は、日本語版7集にも「星團の侵入者」として翻訳掲載されています。

IMG_20150822_180721.jpgIMG_20150822_180750.jpg

というわけで、洋邦アメージングストーリーズ2冊セット
1階靖国通り側レジ後方に陳列いたしました。
お手にとってごらんいただけますので、スタッフまでお気軽にお申しつけください。
SF散歩は、神保町の@ワンダーで!



SF、買います! 詳しくはこちらから!

蔵書の整理をお考えの皆様、
神保町の@ワンダーへぜひ一度お問合せください。


早川書房・東京創元社他、
各社から刊行された国内/海外SF作品全般
評論その他関連書籍ジュヴナイル
文庫/新書/叢書/単行本/雑誌、幅広く取り扱っております。

ハヤカワ文庫SF創元SF文庫サンリオSF文庫
スペースオペラ/ハードSF/ニューウェーブ、
ミリタリーSF/ユーモアSF/サイバーパンク/スチームパンクetc、
幻の名作から定番作品まで買い取り歓迎いたします!


その他、ミステリ・推理小説映画関連品アメコミ・海外コミック
幻想文学・ファンタジー怪奇小説・ホラーなどなど、
店頭へのお持込みはもちろん、出張買入・配送査定もご相談承ります!

買取相談フリーダイヤル 0120-154-727
メールでのご相談も承ります。 wonder@atwonder.co.jp
ヤフオクに商品を出品いたしました。

ヴィヴィアン・リー「愚か者の船」チラシ
「AUTO SUPORT(オートスポーツ)」の1970年代バックナンバー
キャロルのバンドスコア数種類

その他、映画関連アイテム、労働争議関連資料など多数出品しております。

010a_20150824131637e14.jpg

015a_20150824131638c2f.jpg



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.