神保町の古書店 @ワンダーのブログ
神田神保町の古書店、アットワンダーです。SF・ミステリ・映画関連品ほか、買取歓迎! 古書探求をお楽しみの後は、2階に併設のブックカフェ二十世紀で珈琲をどうぞ。
20110912345678910111213141516171819202122232425262728293031201111
こんにちは、スタッフFです。

古本まつりも五日目を迎えました。いよいよ、いよいよ折り返しです。
折り返して早々ですが、最終日についてのご案内がございます。

まつりの最終日、11月3日(木・祝)にスペシャル企画を2つほど予定しております!
気になる内容ですが……すみません、当日発表とさせていただきます。
もちろんブログでの告知も致しますので、ぜひお見逃しなきよう、よろしくお願い申し上げます。

また、企画第1弾のSF・ミステリ文庫・映画パンフ特別セールも引き続き実施中です。まだの方、お早めにどうぞ! 
商品の追加も随時行っておりますので、すでにお買い上げいただいた方も是非いらしてください。

スポンサーサイト
こんにちは、スタッフFです。

P1190656.jpg

昨日から第52回東京名物神田古本まつりが始まりました。
ご覧の通りの大賑わいです。

P1190653.jpg

もちろん@ワンダーも元気に営業しております。
先日お伝えしましたSF・ミステリー文庫・映画パンフ特別セールも開催中です。

P1190655.jpg

御好評にお応えし、追加分の商品をガンガン補充しています(乱暴な言葉遣いをお許しください)。

さて、29日(土)・30日(日)には第21回神保町ブックフェスティバル神田カレーグランプリといった催しも行なわれます。

@ワンダーでミステリやSFを買い、カレーをたくさん食べ、早川書房様・東京創元社様のブースでミステリやSFを買い、カレーをたくさん食べる。そんな土日の過ごし方はいかがでしょうか。
みなさま、是非お誘いあわせのうえ、神保町へお越しください。

古本まつりは11/3(木)まで続きます。今後も特別企画など当ブログで告知していきますので、お見逃しなきよう、よろしくお願いいたします。
古本まつりまであと一週間となりました。当店ではただいま店内、そして店外を充実させようと必死に荷造り中です。

今日は古本まつり期間中の企画第一弾の発表をいたします。

(1)当店入り口特設コーナーにおいて、SF・ミステリー文庫の特別セールを行います。
(2)SF・ミステリー文庫特別セールの隣では、毎年恒例の映画パンフ半額大放出を今年も開催します。

SF・ミステリー文庫、映画パンフともに当店の得意とする分野ですので、思いもよらぬ掘り出しものが見つかるかも知れません。ぜひこのチャンスをお見逃しにならぬよう!

もう一つお知らせです。
古本まつり期間中は大変多忙となりますため、買取のご依頼(出張買取・宅急便での送付・店頭へのお持込み)に十分ご対応できない可能性がございます。そのため、大変恐れ入りますが買取のご希望につきましては、古本まつり終了後にお問い合わせいただければ幸いです。どうぞご了承のほど、よろしくお願い申し上げます。

  まずはご案内。

  
ご来店のお客様はお気づきのことと思いますが、9月半中旬に2F売場の模様替えをしました。岩波・ちくま・中公などの文庫は従来のままですが、それ以外の文庫は日本・海外とも出版社別にはせず、著者名の50音順に並べることにしました。棚は縮小されましたが、その分絶版文庫を中心に、厳選した品揃えを心がけて参ります。また、テーマ別のコーナーもいっそう充実させていきたいと思っておりますので、どうぞご期待ください。


   そして今回のブログは文庫のカバーについて。 

文庫を手にする時、作品の内容に対する期待はもちろんですが、カバーを眺める楽しみもあると思います。当初は帯とパラだけだった文庫に、全体を覆うカバーがかけられるようになってずいぶん経ちます。最近は、太宰治の作品を生田斗真クンが飾ったり、キャンペーンにより限定スペシャルカバーになったりと話題性のあるものもありますね。
  
でも一人の作家のカバーはいつも一人の画家――カバーを見ればどの作家の作品かわかる――ということが多いようです。思いつくままに挙げてみると、向田邦子の風間完、山口瞳の柳原良平、寺山修司の林静一、井伏鱒二の香月泰男、宮本輝の有元利夫、佐藤さとるの村上勉…………。

そして安部公房の安部真知。
夫人であり、舞台美術家として芝居作りを安部公房と共にしていた安部真知が挿絵ばかりでなく、新潮文庫の安部公房作品のカバーを手がけています。

安部公房-1

安部公房-2


  こうして並べてみると公房の作品世界が浮かび上がってくるようです。


  今出ているのではなく、以前のあのカバーの文庫が欲しいとお探しのお客様も
  いらっしゃいます。そんなご希望にもなるべくお答えしたく思っておりますので、
  どうぞお声をおかけください。
さて、朝晩はだいぶ冷え込んできた今日この頃ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。スタッフYです。
いよいよ年に一度の大イベント『神田古本まつり』が近づいて参りました!

当店も現在いろいろ企画を考え中です。決定次第、またこのブログで告知させていただきますので、どうぞお楽しみに!

『古本まつり』の詳細は下記をご参照ください。


◆第52回 東京名物神田古本まつり
 昭和35年に初めて開催された『東京名物・神田古本まつり』も、今年で52回目を数えます。
 この間、古書店街のもっとも大きな行事として、年々規模を拡大しながら今日にいたっております。
 読書週間(10月27日~11月9日)にあわせたこの催事の目的は、書物に関する様々なイベントを通じて、多くの読書人の期待にこたえることにあります。現在では、東京の風物詩の一つに数えられるようになり、全国、さらには海外からも多くの方々が、神田神保町を訪ねて来られるようになりました。
 まさしく東京の名物行事にふさわしい催しと、自負しております。

【名 称】 第52回 東京名物 神田古本まつり
【会 期】 2011年10月27日(木)~11月3日(木・祝)
【主 催】 千代田区、神田古書店連盟
【会 場】 神田神保町古書店街(靖国通り沿い・神田神保町交差点 他)
【規 模】 参加店:約100店舗、出品点数:のべ100万冊余
【最寄り交通機関】 都営地下鉄、東京メトロ「神保町」駅


--------------------------------------------------------------------------------

◆青空掘り出し市 一年一度100万冊の大バーゲン!
神保町表通りの歩道に、書店と書棚に囲まれた、約500mにおよぶ「本の回廊」が出現します。
会 場 : 神田神保町古書店街(靖国通り・駿河台下交差点から専大前交差点まで)
期 間 : 10月27日(木)~11月3日(木・祝) 10:00~19:00(最終日は18:00まで)
備 考 : 雨天中止


--------------------------------------------------------------------------------

◆特選古書即売展 稀書・珍本・良書がいっぱい!
 会 場 : 東京古書会館 地下ホール(千代田区神田小川町3-22/電話03-3293-0161)
 期 間 : 10月28日(金)~10月30日(日) 10:00~18:00(最終日は17:00まで)


--------------------------------------------------------------------------------

◆じんぼうチャリティーオークション (協賛:神保町ブックフェスティバル)
誰でも参加できる、書籍のオークション。売り上げは千代田区を通じて、関係機関に寄付されます。
 会 場 : さくら通りイベント会場
 日 時 : 10月29日(土) 14:30開始予定(雨天翌日)
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.